タックル リール

シマノ対ダイワ・エギングリールで激突 赤対青!

シマノ・ダイワ共に晩夏から秋にかけて

エギングリールの発売で火花を散らす!

まずは

 シマノ セフィアSSシリーズ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ セフィア SS C3000S
価格:18532円(税込、送料無料) (2018/11/11時点)

 

楽天で購入

 

シマノ セフィアSS

エギングに求められる”強さ”と”軽さ”を備えギアにはHAGANEギア搭載、

感度UPの為のマグナムライトローター

スムーズなライン放出のリジッドサポートドラグも搭載。

上位モデルに劣らないスペック内蔵!!

 

 

スペック

 

最近発売ののシマノのリールには防水性能を高める

コアプロテクトが標準装備になっているが、

セフィアSSにはコアプロテクト機能は付いていません!

気になる自重だがシマノセフィアCI4に比べると同じ番手で

20g重い。

価格は26,000~28,500円(税別)だが

実売は18,000~20,000円(税別)くらいかな?

この価格だとエギング始めたばかりの方から

上級者のサブリールとしてまで幅広いユーザーが

欲しいリールとなりそうですね。

 

ダイワ エメラルダス AIR

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ 18エメラルダスAIR LT3000S−CXH−DH
価格:32313円(税込、送料別) (2018/11/11時点)

 

楽天で購入

 

こちらはエメラルダスシリーズの

”フラッグシップモデル”

ダイワ・エメラルダスエアー

シルキーな回転性能を長期間維持させる

ダイワ独自の防水耐久テクノロジー「マグシールド」が

メインシャフトとラインローラーに

回転性能を支える「マグシールドボールベアリング」を

ドライブギア両軸に装備。

ドラグは テンションに応じて滑らかに変化して効き続ける

「ATD(オートマチックドラグシステム)」を搭載

エメラルダス史上最軽量の 「AIR」

 

軽さを求めるために

セルテートなどで使用されているメタルボディではなく

ザイオン(カーボン)使用

シマノセフィアSSには防水技術コアプロテクトが付いていないが

比べてこちらダイワ・エメラルダスエアーは

独自の防水テクノロジー「マグシールド」機能付き。

 

その他は好き好きがあるだろうけど、見た目まで

シマノ 赤 対 ダイワ 青 で面白いが

こちらはフラッグシップモデル!

価格は49,600円~51,600円(税抜き)

38,000円~40,000円(税抜き)くらいか・・・?

 

シマノ セフィアSS

シマノ セフィアSS
ダイワ エメラルダスAIR

ダイワ エメラルダスAIR
両機種ともに 予約受付中です!

実は今年サーフエギングを始めようと思っているのでこの2品は注目している・・・・・・

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2022/10/1

釣りブログで稼ぐ!儲ける方法教えます!

皆さん、こんにちわ。 お久しぶりといいますか、釣行は気が向けば書いていましたが 本業が忙しい為にこのサイトは放置気味に。 しかし! このサイトは放置してるにも拘らず未だに収益が10万円を超えています。 全盛期の釣り関連福袋などを紹介していた時代はAmazon・楽天アフィリ・A8NET・グーグルアドセンス含めて ※600万~数千万(1月や4月は特に美味しい)の売り上げを上げていました。 ※売上でアフィリ料率はまちまちです   一時期は企業として釣りキュレーションサイトを運営する飽和状態となりました ...

ReadMore

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

-タックル, リール
-, ,

© 2022 The firstone