ベイト 魚の生態

ベイトを知ろう[アオリイカ]

投稿日:2015年8月21日 更新日:

まだ夏だけど~今年はキスをベイトとする魚を

サーフから楽に釣ることが出来ました。

やはりベイトが分かると釣りやすいし、

ベイトがこれならこのルアー! と

レンジを絞る事も出来るので、

明らかにレンジが違う無駄なキャストが減る。

ということで、ゴミ拾いに行ったサーフでは

明らかにキスのサイズが落ちてきていて釣果も

イマイチの状態。




サーフの次のベイトは・・・アオリイカ。

沖の方では既に新子 がたくさん湧いていたとの情報もあるので。

アオリイカ生態

○アオリイカの寿命は1年と言われている

○初夏に生まれ、秋・冬で活発になり 冬の水温低下とともに深場に落ちていく

○春先になると産卵のために接岸し、産卵後死滅  卵は約3週間で孵化

○水温が鍵となり、15,6度以下になると大きく釣果が落ちる

○オスは白い横線模様・メスは白い丸模様が特徴 最も腹側の足1対が左右対称ならメス

○イカは凪がいい という格言があるが実際はそうでもないらしい・・どっちや。

○ラトルエギに対してのことではないが、ダイバーが潜っていて酸素ボンベをカンカン叩くと

イカが一斉に寄ってくるらしい。 音にはかなり敏感

○アオリイカは共食いが激しく養殖できないことのひとつの理由

○1ヶ月で160kmも離れた場所での再補記録も有る 日本海側のアオリイカのほうが

ダイナミックに移動する

○夜も捕食する

○ポイントとなるのは かけ上がりや・・・・これはどの海の魚も同じですね

○視力は0.63 魚より眼は良い

○大きなベイト、小さなベイト、目の前に2種類居たら 小さなベイトを先に襲うらしい

 

あまり ベイトとしての知識には成らなかったが

 

音に敏感目が良い後はアオリイカをベイトとするフィッシュイーターを狙う場合

クリア系カラーが良いと言う人もいれば、

イズミジャイアン最強説を唱える人まで、

まぁいつものことである・・・・。

アオリイカも生態を調べると魚とはまた違うことなどもあって面白いですね~

 

少し立ち読みしましたが面白かったので是非どうぞ!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

エギング

2019/8/23

ショアジギングタックルでエギングやってみた!

普段磯に行く際は、ヒラマサを捕ることが出来る「ショアジギングタックル」 これ一本で全てを行っています。 テンリュウ・パワーマスターショアジギングロッドインプレ エギングタックルの様な軽さも当然ないし、重さとの勝負ですが エギをアクションさせる際のロッドアクションも 着底からの1発目は何とかテンションを保ちつつダートしたりするが、 以降はエギが軽すぎラインが巻きとられる惰性で 「フワッ」と浮き上がる様なアクションしかしない。 ほとんどリールを巻くエギング。   アクションさせる際、ロッドグリップが ...

ReadMore

エギング

2019/8/22

スタイル別に便利なおすすめエギケース&バッグ

雨が降ると水温が低下し夏シーズンはあっという間に過ぎ去っていきます。 変わりに始まるのがエギングシーズン。 9月中旬以降になるとアオリイカ新子シーズンスタートです。 今年も各メーカーからエギがたくさん新発売されますが、 エギを収納する便利なエギングケースをご紹介します!   便利なエギ収納ケース ランガンに便利なエギケース 漁港内や、磯場などのポイントを少しずつ移動しながらアオリイカを狙うスタイルの方には 機動性を損なわない軽く小さなエギケースをお勧めしたい。   [シマノ セフィアエ ...

ReadMore

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

釣行記

2019/8/12

磯マル乱舞!ここは釣堀か!!

2019/08/11 AM4:30~6:30 風:無  波:1m   暗いうちから磯へ。 波が高くて磯の先端にまで行けず、辺りには波が砕けて出来る霧の様な白い空気が漂う。 まだ暗いが1投目からヒット! ラインがフッと軽くなる感覚でエラ洗いしているのが分かる。 波が足元で炸裂し、ラインがギギギギっと岩に擦れているが真っ暗なので何もわからない。 なんとか磯際付近まで寄せたけど波が高すぎてかなり危険と思っていたら 魚が岩の間に挟まりロック!! 降りようかと思ったが、「行くな!」と声が聞こえた気がした。 ...

ReadMore

-ベイト, 魚の生態
-,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.