魚の生態

アニサキス対策は冷凍・加熱するのが一番!

投稿日:

ここ数年、食中毒の筆頭になった「アニサキス」

アニサキス=食中毒とイメージが結びつきにくいですが魚を食べてアニサキス症と診断されると

食中毒に分類され、ここ数年一気にアニサキス症の報告が10倍にも増えた原因は

  • アニサキスの母体となるクジラやイルカの量が増えている
  • 食中毒の定義が変更となり今までアニサキス症でも医療機関は届け出の義務はなかったが保健所に届け出義務となったため
  • 魚の流通の変化

こんな理由も出ていますが厚労省は現在調査中とのことでハッキリとした原因はまだ不明です。




 

アニサキス対策は冷凍!!加熱!!

アニサキスは突然発生した病原体でもなく、昔から魚には寄生していた寄生虫です。

そして中途半端な知識で自家用で調理したサバやカツオ等を食べた患者数が多い辺りからも

アニサキスは内臓にしかいないから身は大丈夫!と間違った知識を持っている方は注意が必要です!

マサバのアニサキス調査で驚くべき結果が!

 

新鮮な魚でもアニサキスは筋肉に寄生している種も存在するために

一番安心できるアニサキス対策は冷凍・加熱」です!

 

-20℃で24時間以上冷凍すると死滅します厚生労働省

 

70℃の加熱、60℃の加熱であれば1分間で死滅します厚生労働省

 

お刺身などで食べたい場合は、冷凍するのが一番です。

わさび、酢、しょうがなど薬味では、何の効果もありません。

 

他にはアニサキス症を勘違いしている方に多い

魚が新鮮であれば、アニサキスは身の部分に一切いない!・・・・・は間違いです!

アニサキスは魚の内臓に寄生し、魚が死ぬと筋肉へ移動するといわれていますが

近所のオジサンが、サバがたくさん釣れたから、とお裾分けしてくれました。

「釣った後帰るときに内臓さばいて下処理してあるからアニサキス大丈夫だよ」

「新鮮なうちに食べてね~」

食べた家族がアニサキス症になる可能性は多い。

釣った直後した内臓を取り除くことはリスクは減るが完全ではありません。

流水のある場所でさばいていない、内臓の取り残しからアニサキスが筋肉へ移動

新鮮なうちに食べてと言われたので冷蔵庫で保管しその日食べた。

-20℃で24時間以上冷凍・・・次の日食べていればアニサキス症にはならなかった。

 

4月と5月は初ガツオが旬を迎えます。

生食は美味しいですが、アニサキス症になるリスクを取り払う為に冷凍保管し24時間以上の冷凍を行ってから食べましょう!

あ、オランダでは酢漬けで生食するニシンを調理前に-20 ℃以下で24時間以上冷凍するよう法律で義務付けられており

それ以降アニサキス症の患者は激減しているそうです。

 




 

ウェーディング装備

2019/9/13

磯ショアジギングを始めるライフジャケット、シューズ、ウエットスーツ装備

磯は多くの魚、驚くようなサイズの魚と出会える夢のある釣り場です。 しかしその分、危険性も多く安全装備やタックルも シーバスタックルやサーフタックルではまさかの大物がヒットした時、何もできずに終わってしまってはもったいない! そこで磯でショアジギング・ショアプラッキングを始めたい方向けに 装備をご紹介していきたいと思います。   磯でショアジギング・ショアプラッキングを始める安全装備 まず磯で釣りを始める時に何が何でも安全装備をしっかりとした製品を購入してください。 ベストタイプのライフジャケット ...

ReadMore

その他

2019/9/10

スズメバチが襲ってくる理由や対処方法は?

9月に入ると一気に釣り場はエギングを楽しむ人により賑やかになります。 しかし気を付けたいのがスズメバチに刺される被害。 海の側・・はすぐ後ろが樹々が生い茂る林になっていたり 山の中と同様にハチの巣は多いです。   そこで今回は特に最も攻撃的なスズメバチが襲ってくる理由や 対処の仕方などをご紹介します。 因みに過去2回スズメバチとアシナガバチに刺されてます。   スズメバチが襲ってくる理由と刺された状況 スズメバチが人を襲う理由 黒色に攻撃的な行動を示す(蜂の巣を襲うクマと同系色だからな ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/9/9

釣り具ランキング~2019/09/09

釣り場に人が多くなり賑やかになってきました。 今後1か月間、アオリイカの釣果によって変わりますが 釣れると話題になれば人も多くなり、釣れないとなると「今年は厳しい」と 誰も来なくなる普段の釣り場へ落ち着きを取り戻していきます。   そして各地の漁港や磯でスズメバチの襲撃を受けているとよく聞きますが 今年は住宅街などでスズメバチを、見る機会が減っているが 磯や漁港など水辺では多くなっていると聞きます。 最も攻撃的なスズメバチをはじめ、 巣に攻撃しなければ単体で飛んでくる蜂は偵察部隊で 突然攻撃して ...

ReadMore

ロッド

2019/9/9

ショアジギングロッド、シマノ4つのコルトスナイパー

年間を通して多くの魚を狙うことが出来る 『ショアジギング』 ヒラマサ、ブリ、カンパチなど大型青物から、ヒラメやマゴチまで 磯、堤防、サーフからと多くのフィールドで多くの魚と楽しめます。 ショアジギング用ロッドとして、シマノからはグレードの違う4つのショアジギングロッド コルトスナイパーが発売されています。 今回はショアジギングロッドの購入を考えている方向けに シマノ・コルトスナイパーシリーズをご紹介しましょう。   コルトスナイパー4つのグレードの違い コルトスナイパーモデルは4つが発売されてい ...

ReadMore

釣行記

2019/9/8

青物サイズUP、カマスベイトわらわら!

2019/09/08  05:00~08:00 風:爆風  波0.5以下   自宅を出て海に近付くにつれて通りに生えている草木の揺れる動きで ドンドン風が強くなっているのが分かった。 途中で帰ろうかとも思ったが、途中寄った漁港のトイレであまりの釣り人の多さ、賑やかさに高揚し釣り場へ。 波は低いが早い間隔で強い風波で出来る波が次から次へと押し寄せる。 爆風で入った立ち位置では完全に風表で全く飛距離が出ない。   それでも昨日と同じ時刻の地合いを待つ間、ジグを投げてみたり、 最も飛距離の出 ...

ReadMore

-魚の生態
-,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.