魚の生態

黒鯛(チヌ)キチヌ(キビレ)の違い、さかなクンの解説が凄い!

多くの釣り人を虜にする黒鯛(チヌ)

黒鯛とキビレの違いは見た目で簡単に分る場合と

分からない場合も多い。

黒鯛釣り師は知っていると思いますが、

キビレの釣果が少ない地域の方は知らない方も多い筈。

簡単なのでこの際覚えてしまいましょう!

 

 

簡単な黒鯛とキビレの見分け方

 

色ですよね、尻ビレのとげの色

黄色くなければ黒鯛だが、キビレでも黄色みが薄い

尻ビレをもつキビレもいる。



そんな時は側線から上の鱗の数の違いで

黒鯛なのかキビレなのかを判断できる。


赤い線は側線ですが、この側線の上のうろこ枚数を上に数えて

黒鯛は5.5枚

キビレは3.5枚

と違いがあるので尻ビレの棘の色で判別できなくても

鱗の数を数えればわかりますね!

 

これを詳しく解説しているのがご存知「さかなクン」

この方の描く魚の絵は子供をも魅了し

何より子供でも分かる説明をしてくれる。

例えも分かり易く、

この説明のうまさは数多くの魚に精通しているからこその

解説のうまさですね・・・・・。

見習いたいものですが。

 

では「さかなクン」の黒鯛の解説をご覧ください!

さかなクンのお魚図鑑 黒鯛

子供さんに魚を詳しく教える時にも

このシリーズは最適だと思いますね!

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

-魚の生態
-,

© 2023 The firstone