個人的な思い

釣りは投げて巻くだけ、だからこそ奥が深い

釣りの基本的な動作は

釣り竿、リールを道具として

人が行わなければいけない動きは、

投げる(キャスト)・巻く(リーリング)あとはすべて道具に頼る。

投げる際は間違った投げ方さえしなければ

ロッドは弧を描き反発した力でルアーを遠くに飛ばす。

 

リールはラインをスプールへと綺麗に吸い込むように巻き、

魚とのファイトも弧を描いたロッドが真っすぐに復元しようとする力によって

魚を浮かび上がらせる。

 

中にはピーキー設定と呼ばれるような

(一定の範囲で非常に高い性能を発揮するが、その範囲外の場合は操縦性が低い)

扱いづらい製品もありますが、

多くが誰が使っても同じような能力を安定して発揮するような

製品へと変わってきています。




 

釣りは投げて巻くだけ、後は釣具が操作してくれる!

簡単に言えば、

投げる(キャスト)巻く(リーリング)だけ覚え込めば

誰でも驚くような魚を釣り上げる可能性を手にすることも出来るし

キャストも徹底的に教え込む機会さえあれば

僅か一日でまともな飛距離を飛ばせるようにはなりますよね。

 

道具の進化は年々進み

釣りが始まった太古の昔・・・

釣りは手に糸を括り付けて感度を頼りにやっていた時代へと

回帰しているのか?

現在の釣り具は金属で糸を巻くのに

遥か数十mも先の水中での出来事を捉える感度を持ち

水流の動きでさえ指や手を通して伝わってくる。

 

しかし1日で投げて巻く事を覚えた人には

不思議とこれは伝わらない。

伝わっていても、人の感覚は違うところに向けられていると

そちらの方が優先されて反応が遅くなると表現するべきか。

釣り経験が長くなってくると、

海や川、フィールドの色んな所へ視線をやりながらも

指や腕に伝わる感度を常に最大級に集中している。

 

これがただ投げて巻いてるように見えるだけの

釣りの奥深さだ。

 

ある一定のレベルを超えていく人が世の中には僅かに存在する。

分かり易く言えば「イチロー」選手。

特別難しい技術でバットを振り回しているようには

素人の目には見えない。

投げられたボールにタイミングを合わせてバットを振る。

あまり活躍していないようなプレイヤーと比べると

とても簡単にボールをバットに当てているようにさえ見える。

これは野球の奥深さを分かっていないから。

 

釣りも同じ。

大きな魚を釣るから釣りが上手いではなく

キャスト~巻く、ファイト全てに流れを持ち

メディアに登場しているアングラーの多くもそれに当てはまる。

キャスト~リトリーブは勿論の事、

観ていてもスムーズにファイトする。

自分のファイトをスマホでもウェアラブルカメラでも良いので

釣り仲間にでも撮ってもらうと良いですよ。

ダッサイもたついたファイトだったり、

キャストもこんなダサいの?と

改めて投げて巻いてるだけの釣りなのに奥深さに気付く。

釣りでも野球でも自分の技術が上がれば上がる程

さらに細かな部分までも感じるようになる。

そして更なる高みを目指す。

 

釣り経験は浅いのにキャストがとても綺麗な若者を知っている。

彼と知り合った頃、友達にスマホで撮影してもらった

キャスト動画をよく送り付けて着た。

今の若いアングラーはキャストが上手い。

年配の方は自分なんかよりも何十年も前から釣りをやってるのに

キャストがぎこちなく当然飛距離も飛ばない。

若い彼らは自分を撮影し客観視しながら釣りを楽しむ。

師匠などいなくとも、動画で釣りのい・ろ・はを覚え

瞬く間に釣りを憶えていく。

釣りの覚え方まで、昔と今では変化している。

しかしそれも道具の進化に助けられている面は大きい。

そのタックル名を検索すればルアーは水中動画があり

  • どれくらいのスピードで泳ぐのか?
  • どのレンジを泳ぐのか?

水中の中の事が丸わかり!

誰もが同じような使い方が出来ます。

 

そろそろ釣り熟練者はメラメラ来てるかもしれません。

そう!釣りなんて難しくしてるのは

経験値が上がった人たちなのだから。

 

経験を積まなければ分からない事も多いのが釣り

何度も経験すればするほど、分からなくなるのも

釣りの奥深さだ。

  • 「以前はこのやり方で何度も釣れたのに・・」
  • 「あれ、この時期のこの潮回りは釣れるはずなのに?」

誰もが多くの魚を釣るタイミングに恵まれる事があり

それを基に仮説を立て釣りを展開する。

トライ&エラー・・なんて呼ばれ方もするけど

ただの勘違い、思い込みです!

試行錯誤してません。

自分の経験則が外れただけです。

 

しかしこの経験則の外れがなければ

みんな、あっという間に釣りに飽きて

一生の趣味になんてなり得ないのかも。

「人間一生涯勉強だよ」と、どこかの偉い人が言ったが

本当にそうだと思う。

勉強なんてしてるつもりは無いけど

自分の経験則が外れ、また次の手を考える。

その繰り返しが釣りの奥深さで楽しくもあり。

 

人と同じ釣り方(考え方)なんて釣りでは必要ありません。

決まった行動しか出来ないロボットを釣り上げるわけでは無く

生きている魚を釣るわけなのだから。

100人100様の巻き方があり

使うルアーもカラーも違ってもそれが答えです。

 

投げて巻いてるだけの釣りでも奥深さまで人それぞれに違う。

趣味とは面白いものでハードルを上げるも下げるも自分自身。

楽しければそれで良いと思うがその先に足を踏み入れると

リール沼 ロッド沼 に陥っていく。

そんな時期があっても良いとも思いますけどね!

 

 



ルアー

2020/2/24

ぶっ飛び君75HS、このクラス最高飛距離のダウンサイジングモデル

ジャンプライズから誰でもミスなく飛距離を出すことが出来るルアー 「ぶっ飛び君シリーズ」に新たなサイズモデルが登場しました。 飛距離が飛ぶだけではないぶっ飛び君シリーズのNEWモデルは ルアーアイが2か所付、アングラーの使用したい状況に合わせ2つの使い方が可能。 詳しく見ていきましょう!   ぶっ飛び君75HSのスペックや使い方は?貫通ワイヤーで対青物にも使える。 ぶっ飛び君75HSスペック 全長:75㎜ 重量:15.5g アクション:ハイピッチワイドロール+水平スライドダート リング:オリジナル ...

ReadMore

ルアー

2020/2/22

ルアーカラーおススメなのは本当はあの色!

今までこのサイトの中でもルアーカラーに関しては多くの事をご紹介し 自分でも実践し、研究結果として公表されていることなどもお伝えしてきました。 当サイト内でもルアーカラーの記事は44件。 TFO1.COM ルアーカラー記事   ルアーカラーなんて関係ない。 その一言は色んな意味を含んでいて、 ルアーは巻いて動かすのだから色に反応するのではない、波動に反応する。 こう考えれば説明が付く。 アピールカラーと呼ばれる色は動いていない状況でも人の目には派手さでアピールする。 魚にはどうなのだろうか? &n ...

ReadMore

その他

2020/2/20

釣りメーカーの海外版動画がカッコいい!

多くの釣具メーカーも個人同様にYouTubeチャンネルを開設し 数年前とは動画の内容も大きく変化してきましたね。 以前は、「釣りだけをする実釣動画」でしたが、 現在はプロアングラーの実釣&その後の食事や釣り車の紹介など、 メーカーの許容範囲?の中ではあるが、物だけの紹介よりも 人間臭さが受ける日本のYouTubeに合わせるようになってきています。 それでも制約なしになんでも投稿できる個人YouTubeチャンネルには敵いませんが 逆に動画一本に多くの資金をかけたり、 大手メーカーなどは単純に、「カッコいい」 ...

ReadMore

イベント

2020/2/19

「D.Y.F.C」釣りの知識も道具もなくても子供と釣りを楽しもう!

釣具メーカー「ダイワ」が活動を続ける 『D.Y.F.C(DAIWA YOUNG FISHING CLUB )』をご存知ですか? 会員クラブですが、小学生から中学生まで誰でも会員になる事が可能です。(19歳まで在籍可) 会員になるとフィッシングスクールに参加できたりその他イベントにも参加出来たりします。 お父さんや、お母さん家族で釣りが出来る方がいなくても子供さんがダイワプロテスターに 子どもさんのレベルに合わせたレクチャーを受けることが出来ます。   D.Y.F.Cスクールはリール・ロッド・ライ ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/2/17

釣具ランキング~2020/02/17

福井県内の河川でサクラマスが不調なのはどうしてなのでしょう? 県外のSNS仲間から、「今年、九頭竜行こうか迷ってるんだけどどうですか?」と メッセージ頂いたりもしますが、 「この時期に入っても、サーフや河口周辺でよくシーバスが釣れてます。 シーバスが釣れなくなったら遡上が始まるのかどうかは分かりませんが、 どう考えてもこの時期にシーバスがイワシを追いかけて良く釣れるなんて 異常としか思えないので、シーバスが沖に落ちていくタイミングでどうですか?」と 答えておきました。 それとあまり公開されないけど、サーフ ...

ReadMore

-個人的な思い
-, , ,

Copyright© The firstone , 2020 All Rights Reserved.