ウェーディング装備

釣り道具を揃えよう!ライフジャケット&ブーツ(安全装備)

投稿日:

前回の記事で

ロッドとリール、PEラインとショックリーダーが揃いました。

これだけでは快適な釣りは楽しめません。

他にも必要な物は多く、今回は安全装備と小物をご紹介します。

 

釣り道具、ライフジャケット(安全装備)の選び方

釣り場はどの季節でも、どれだけ波や風が落ち着いた状況であっても

「危険」です。

何が危険なのか?自然は手加減をしてくれません。

釣りが初めてだろうが、泳げない人であろうが、子供であってもです。

海に落水すれば、岸壁で泳ぐような経験がある海女さんや素潜り漁師さんでなければ

まずパニックになり溺れます。

服を着ているのだから体に掛かる重さは衣類が水分を吸って相当な重さにもなります。

そんな時に体を浮かせてくれるのが『ライフジャケット

 

[ベストタイプ ライフジャケット]

多くのサーフルアーアングラーや磯・河川で使用しているタイプです。

ルアー収納にも長けているので釣りに使用するほとんどの道具を収納&取付できる

収納着としての側面も持ちます。

背中側にも浮力材があり、ショックを吸収するための物ではありませんがテトラや岩場から落ちた時に

ベストタイプのライフジャケットを着ていたから背中に致命傷を負わなかった人も多いので

足場の高い所へ行く方にはぜひお勧めしたいです。

シマノ ゲームベスト

ダイワ フロートゲームベスト

mazume ゲームベスト

 

[腰巻・サスペンダータイプ]

自動膨張タイプ

腰巻タイプ・サスペンダータイプのライフジャケットは

水を検知すると自動で膨張するその名の通り自動膨張式タイプ

桜マーク付き 自動膨張式ライフジャケット

手動膨張式タイプ

腰巻・サスペンダータイプでライフジャケットから出ている紐を引くと

膨らむのが手動膨張式ライフジャケット

桜マーク付き 手動膨張式ライフジャケット

 

※桜マークとは国土交通省が試験を行い安全基準を満たしているライフジャケットに付けられる合格マークです

すべての小型船舶の乗船者にライフジャケットの着用を義務化されています。

国土交通省

ベストタイプやサスペンダータイプは船釣りなどに使用される方が多く

落水時障害物が無い場所での釣りや道具も身に付ける必要のない船釣りで多く使われています。

自動と手動の差ですが、

泳ぎに自信がない方や船の先端で釣りをする方、転覆の可能性がある小さな個人所有のボートなどで釣りをされる方は

絶対に自動膨張式タイプを。

自動膨張式タイプは水検知が濡れると勝手に膨らむ場合もある等デメリットも在ります。

遊漁船でジギングなど楽しむ方には手動膨張式タイプがおすすめです。

どちらも小さな炭酸ガスボンベが作動して膨らむので点検が義務ではありませんが、おおよその目安として

有効期限が記されています。

 

釣りに必須なフィッシングブーツ

釣り場は平たんな場所でも苔が生えていて滑ったりスニーカーでは滑る様な場所も多く

ライフジャケットと同時に揃える大事な安全装備です。

 

フィッシングブーツの種類

フィッシングブーツは釣り場によってソール部分が大きく変わります。

スパイクが適した場所も在れば、フェルトスパイクが適した場所も。

併用しようとすると危険な場所も在ったりするのでよく考えて購入しましょう。

ショートシューズタイツもあればブーツタイプの長靴のような長さもあります。

 

スパイクブーツのメリット・デメリット

磯では苔や藻が最も多くスパイクが岩に食い込むので滑り防止にもなります

しかしテトラや丸石ではスパイクは滑るので危険です。

スパイクブーツを履いているから絶対に安心と慢心しない気持ちが必要で、濡れたテトラには乗らないなど

自分に絶対的なルールを持ってください。

フィッシング スパイクシューズ一覧

フェルトスパイクのメリット・デメリット

フェルトスパイクはフェルト+スパイク効果で、テトラや人工的物に対しては最も滑らない。

しかし厚みのある海苔や藻に対しては滑るので過信しないでおきましょう!

 



 

ラジアルタイプのメリット・デメリット

サーフでお勧めなのがラジアルソールタイプ。

サーフでフェルトタイプは砂だらけで帰ってからの洗うのが大変です。

もしくはサーフではスパイクシューズも洗いやすいし特に滑る危険性はないので

ウェーダーとの絡みでストッキングウェーダーにどのタイプを合わせるかです。

砂だからといって間違っても裸足で釣りをするのは止めましょう!

ゴミやガラス片が足に突き刺さり危険です。

RBB サーフシューズ

 

船でのシューズはグリップ重視でゴム製、凹凸が多いタイプが滑らないし

釣れた魚を血抜きする人達もいたりするので洗いやすいクロックスタイプもおすすめですよ。

 

船釣りデッキシューズ

 

初心者こそ安全装備を軽視する、上級者は必ず身に付ける安全装備

今回ご紹介したライフジャケット・フィッシングブーツ、シューズは釣りにはとっても大事な安全装備ですが

初心者の方には軽視されがちです。

ですが釣りを長年楽しんでる方は必ずしっかりとした安全装備を身に付けています。

それはどうしてか?

それらを身に付けていることで危険を回避できたことがあるからです。

ライフジャケットを身に付けていれば落水しても死なない訳ではありませんし

フィッシングブーツ・シューズを履いていれば絶対に滑らない訳でもありませんが

危険を回避できるシーンは多くあります。

最初にお話ししましたが、海や川は誰にでも容赦しません。

 

そして釣りに慣れてくると初めは行こうとも思わなかった釣り場にも行く機会は増えます。

しっかりとした安全装備を身に付けて怪我せず自宅へ帰るまでが釣りです。

ロッドやリール並みにお金は掛かりますが、趣味として釣りを今後も楽しんで行くためには

必ず必要な装備ですからまずは安全装備にお金をかけましょう!

 




エギング

2019/8/23

ショアジギングタックルでエギングやってみた!

普段磯に行く際は、ヒラマサを捕ることが出来る「ショアジギングタックル」 これ一本で全てを行っています。 テンリュウ・パワーマスターショアジギングロッドインプレ エギングタックルの様な軽さも当然ないし、重さとの勝負ですが エギをアクションさせる際のロッドアクションも 着底からの1発目は何とかテンションを保ちつつダートしたりするが、 以降はエギが軽すぎラインが巻きとられる惰性で 「フワッ」と浮き上がる様なアクションしかしない。 ほとんどリールを巻くエギング。   アクションさせる際、ロッドグリップが ...

ReadMore

エギング

2019/8/22

スタイル別に便利なおすすめエギケース&バッグ

雨が降ると水温が低下し夏シーズンはあっという間に過ぎ去っていきます。 変わりに始まるのがエギングシーズン。 9月中旬以降になるとアオリイカ新子シーズンスタートです。 今年も各メーカーからエギがたくさん新発売されますが、 エギを収納する便利なエギングケースをご紹介します!   便利なエギ収納ケース ランガンに便利なエギケース 漁港内や、磯場などのポイントを少しずつ移動しながらアオリイカを狙うスタイルの方には 機動性を損なわない軽く小さなエギケースをお勧めしたい。   [シマノ セフィアエ ...

ReadMore

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

釣行記

2019/8/12

磯マル乱舞!ここは釣堀か!!

2019/08/11 AM4:30~6:30 風:無  波:1m   暗いうちから磯へ。 波が高くて磯の先端にまで行けず、辺りには波が砕けて出来る霧の様な白い空気が漂う。 まだ暗いが1投目からヒット! ラインがフッと軽くなる感覚でエラ洗いしているのが分かる。 波が足元で炸裂し、ラインがギギギギっと岩に擦れているが真っ暗なので何もわからない。 なんとか磯際付近まで寄せたけど波が高すぎてかなり危険と思っていたら 魚が岩の間に挟まりロック!! 降りようかと思ったが、「行くな!」と声が聞こえた気がした。 ...

ReadMore

-ウェーディング装備
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.