ウェーディング装備

釣り道具を揃えよう!ライフジャケット&ブーツ(安全装備)

前回の記事で

ロッドとリール、PEラインとショックリーダーが揃いました。

これだけでは快適な釣りは楽しめません。

他にも必要な物は多く、今回は安全装備と小物をご紹介します。

 

釣り道具、ライフジャケット(安全装備)の選び方

釣り場はどの季節でも、どれだけ波や風が落ち着いた状況であっても

「危険」です。

何が危険なのか?自然は手加減をしてくれません。

釣りが初めてだろうが、泳げない人であろうが、子供であってもです。

海に落水すれば、岸壁で泳ぐような経験がある海女さんや素潜り漁師さんでなければ

まずパニックになり溺れます。

服を着ているのだから体に掛かる重さは衣類が水分を吸って相当な重さにもなります。

そんな時に体を浮かせてくれるのが『ライフジャケット

 

[ベストタイプ ライフジャケット]

多くのサーフルアーアングラーや磯・河川で使用しているタイプです。

ルアー収納にも長けているので釣りに使用するほとんどの道具を収納&取付できる

収納着としての側面も持ちます。

背中側にも浮力材があり、ショックを吸収するための物ではありませんがテトラや岩場から落ちた時に

ベストタイプのライフジャケットを着ていたから背中に致命傷を負わなかった人も多いので

足場の高い所へ行く方にはぜひお勧めしたいです。

シマノ ゲームベスト

ダイワ フロートゲームベスト

mazume ゲームベスト

 

[腰巻・サスペンダータイプ]

自動膨張タイプ

腰巻タイプ・サスペンダータイプのライフジャケットは

水を検知すると自動で膨張するその名の通り自動膨張式タイプ

桜マーク付き 自動膨張式ライフジャケット

手動膨張式タイプ

腰巻・サスペンダータイプでライフジャケットから出ている紐を引くと

膨らむのが手動膨張式ライフジャケット

桜マーク付き 手動膨張式ライフジャケット

 

※桜マークとは国土交通省が試験を行い安全基準を満たしているライフジャケットに付けられる合格マークです

すべての小型船舶の乗船者にライフジャケットの着用を義務化されています。

国土交通省

ベストタイプやサスペンダータイプは船釣りなどに使用される方が多く

落水時障害物が無い場所での釣りや道具も身に付ける必要のない船釣りで多く使われています。

自動と手動の差ですが、

泳ぎに自信がない方や船の先端で釣りをする方、転覆の可能性がある小さな個人所有のボートなどで釣りをされる方は

絶対に自動膨張式タイプを。

自動膨張式タイプは水検知が濡れると勝手に膨らむ場合もある等デメリットも在ります。

遊漁船でジギングなど楽しむ方には手動膨張式タイプがおすすめです。

どちらも小さな炭酸ガスボンベが作動して膨らむので点検が義務ではありませんが、おおよその目安として

有効期限が記されています。

 

釣りに必須なフィッシングブーツ

釣り場は平たんな場所でも苔が生えていて滑ったりスニーカーでは滑る様な場所も多く

ライフジャケットと同時に揃える大事な安全装備です。

 

フィッシングブーツの種類

フィッシングブーツは釣り場によってソール部分が大きく変わります。

スパイクが適した場所も在れば、フェルトスパイクが適した場所も。

併用しようとすると危険な場所も在ったりするのでよく考えて購入しましょう。

ショートシューズタイツもあればブーツタイプの長靴のような長さもあります。

 

スパイクブーツのメリット・デメリット

磯では苔や藻が最も多くスパイクが岩に食い込むので滑り防止にもなります

しかしテトラや丸石ではスパイクは滑るので危険です。

スパイクブーツを履いているから絶対に安心と慢心しない気持ちが必要で、濡れたテトラには乗らないなど

自分に絶対的なルールを持ってください。

フィッシング スパイクシューズ一覧

フェルトスパイクのメリット・デメリット

フェルトスパイクはフェルト+スパイク効果で、テトラや人工的物に対しては最も滑らない。

しかし厚みのある海苔や藻に対しては滑るので過信しないでおきましょう!

 



 

ラジアルタイプのメリット・デメリット

サーフでお勧めなのがラジアルソールタイプ。

サーフでフェルトタイプは砂だらけで帰ってからの洗うのが大変です。

もしくはサーフではスパイクシューズも洗いやすいし特に滑る危険性はないので

ウェーダーとの絡みでストッキングウェーダーにどのタイプを合わせるかです。

砂だからといって間違っても裸足で釣りをするのは止めましょう!

ゴミやガラス片が足に突き刺さり危険です。

RBB サーフシューズ

 

船でのシューズはグリップ重視でゴム製、凹凸が多いタイプが滑らないし

釣れた魚を血抜きする人達もいたりするので洗いやすいクロックスタイプもおすすめですよ。

 

船釣りデッキシューズ

 

初心者こそ安全装備を軽視する、上級者は必ず身に付ける安全装備

今回ご紹介したライフジャケット・フィッシングブーツ、シューズは釣りにはとっても大事な安全装備ですが

初心者の方には軽視されがちです。

ですが釣りを長年楽しんでる方は必ずしっかりとした安全装備を身に付けています。

それはどうしてか?

それらを身に付けていることで危険を回避できたことがあるからです。

ライフジャケットを身に付けていれば落水しても死なない訳ではありませんし

フィッシングブーツ・シューズを履いていれば絶対に滑らない訳でもありませんが

危険を回避できるシーンは多くあります。

最初にお話ししましたが、海や川は誰にでも容赦しません。

 

そして釣りに慣れてくると初めは行こうとも思わなかった釣り場にも行く機会は増えます。

しっかりとした安全装備を身に付けて怪我せず自宅へ帰るまでが釣りです。

ロッドやリール並みにお金は掛かりますが、趣味として釣りを今後も楽しんで行くためには

必ず必要な装備ですからまずは安全装備にお金をかけましょう!

 




釣具ランキング

2020/7/6

釣具ランキング~2020/07/06

福井県の磯全体に青物が本格接岸。 面白いシーズンが始まりました! 磯に通う本命はヒラマサなんだろうけど、それは魚を選べないので 仕方ないかもしれないが、青物の群れには必ずヒラマサも混じってるので 夏本番に向けてデカマサを狙いたいですね! 今年は数は要らないから、一匹ドカンと7~8㎏のヒラマサをと・・・・ 毎年そう思ってますが・・。   釣具ランキング~2020/07/06 No.1 防水バック   No.2 シマノ ネッサ ウイングビーム   No.3 ゼスタ ハードスプリッ ...

ReadMore

釣行記

2020/7/5

[釣行記]トップ青物祭り!

2020/07/05  4:30~09:00 大潮 風:微風 波:0.5m 前回の釣行時、実は青物のバイトがありルアーが弾かれた。 コロナ自粛以降、魚から初めてのバイトらしいバイトで、取りあえず時間だけ記憶していた。 海に到着すると、魚くさい。 これは釣れたも同然。過去この魚のにおいがして釣れなかったことはほとんどないくらい、 第6感なのか、何なのかは分からないが釣れる。 前回のバイトがあった時間に集中する。 空からは細かい雨が落ちてきた。   ドン!水柱が上がる。 久し振りの魚とのファイトと、 ...

ReadMore

その他

2020/7/3

深夜、車で走るアングラーの皆様へ!

知り合いのご家族の方が深夜、道路で轢かれて亡くなりました。 自分も釣り場に暗いうちから向かうので、特に気を付けなければいけないと思っていますが これから陽が昇る時間も早くなり、日中の暑さを避ける為か まだ暗い時間から畑や田んぼに向かうお年寄りの姿も多く見られます。 深夜は道も空いているため、ついアクセルを踏んでしまいがちだし 釣り場まで向かうドキドキ感でスピードが出てしまう事もあるでしょう。 今さらですが、雨の日は視界も悪いしブレーキ制動距離は 走行しているスピードによって大きく伸びてしまいます。 &nb ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/7/1

釣具ランキング~2020/07/01

今シーズンの海開きが始まりました。 さきほど海の近くに行ったので海水浴場を見てきましたが 荒れた海のため透明度はイマイチでしたが、夏はやっぱり海に人が多くないと 夏の雰囲気も出ないし海沿いの街も活気づきませんね。 福井県内では、県民に限り宿泊費50%offで宿泊施設を利用できるサービスが 好調で、新型コロナウイルス感染者数ゼロの日が伸び続けるのと比例するように 経済も少しずつではありますが、戻りつつある感覚を受けます。   とは言っても飲食業や夜の繁華街はまだまだ厳しい現実が待ち受けてそうですが ...

ReadMore

タックル

2020/6/29

釣りの質問に答えるよ!

たまに、釣りに関する質問・・・・ とくに使用しているタックルに関する質問が来るのでまとめてお答えしましょう!   使用してるスプリットリングの交換タイミングは? 基本的にスプリットリングは使い捨て感覚です。 1回の釣行で新しいものに交換します。 周りのアングラーと比較するとルアーチェンジの回数は多いと思います。 特にトップで使用するルアーは投げ続けることが少なく、 1投でサイズ違いに交換したり、良い潮が流れてきたタイミングで次々交換していく 感じです。 少しリングに隙間が出てきたな・・・。と思っ ...

ReadMore

-ウェーディング装備
-

© 2020 The firstone