県内外情報

霧の琵琶湖テラス「霧で琵琶湖が見えなくても十分楽しめるよ!」

投稿日:

2018年8月末、10時頃山頂へ向かう。

この日の地上の天気は晴れ時々曇りで、

地上の最高気温は34℃。

2度目の琵琶湖テラスへ・・・・行ってきました。

 

山頂の天気は「霧」だったが

晴れ間を期待してゴンドラへ!

※ゴンドラ料金や詳しい情報は1度目の琵琶湖テラスに

行った際の記事を参照してください!

琵琶湖テラス雨の日に行ってきた

 

 

琵琶湖テラス新エリアノーステラス有料席「インフィニティ ラウンジ」

 

 

自分達がメインテラスに到着したのは10時過ぎ。

それなりに人は沢山いるが、まだまだ余裕はある。

 

※下の画像は同日の13時頃・・・・

眼下は霧に覆われて何も見えないし

人が多すぎて写真撮影も思うように撮れないほどの人出。

インスタ映えを狙う方は午前中に来ることをお勧めします、

午後からは混雑映えはしてもインスタ映えする画像を撮るのは難しいかも。

 

ノーステラス インフィニティラウンジは有料席

お目当ての新エリア「ノーステラス」に出来た

インフィニティ ラウンジへ

しかし霧に覆われて何も見えない為に

ラウンジを利用している人は一人もいない。

ラウンジは有料席となっており

  • 営業時間 10:30~16:30 (土日祝日は9:30~)
  • ご利用料金 6,000円/2名~ 45分間(フード&ドリンク付き)
  • ご予約はラウンジ横のデスクにて承ります(事前予約は承っておりませんのでご了承ください)

ラウンジを使用するとこちらのフード&ドリンクが付くので

それなりの価格ですがゆっくりと景色を見ながら

優雅に過ごす時間も良いと思うが・・・・

晴れ間が見える時だけね。

ここは天候で混雑する時と空いている時が

大きく変わりそう。

45分間の時間制限があり、山は天気が数分で変わる。

晴れ間がのぞくタイミングで

座れるかどうか・・・。




もう一つの有料席があるCAFE360へ

相変わらず晴れ間が見えないので

有料リフトを使いCAFE360へ向かう。

※ここより上にはトイレが無い為にご注意を!

 

カフェ360へ行くにはリフトを2つ乗り継ぐ必要があります。

メインテラスよりまずは

打見リフト」そして「ホーライリフト」と乗り継ぐ。

リフトは有料です。

1日券を購入で。

1日券:大人1,200円、小学生・幼児(3歳~)800円
片道券:大人・小学生・幼児(3歳~)400円

 

徒歩でも行けますが、相当な坂道を上るのでリフトが便利ですよ!

 

琵琶湖テラス CAFE360へ向かうリフトが絶景を観れる!

琵琶湖テラスで初めて2つのリフトに乗りましたが

まぁこれが「絶景!!」

リフトは有料ですが、上まで上がらずにメインテラスのみで

帰ってしまう方は、もったいない!!

この日は山の上でも暑い位の気温でしたが

時々スッーと出てくる霧がとても涼しく

冷たい空気が体の中に入り一気にクールダウンし

改めて山の空気の透明感に癒される。

そして最初に乗る打見リフトから見える山頂の景色は

空が凄く近く見えて絶景でした!

 

 

 

山頂には「CAFE360」のみ。

メニューもドリンクが中心。

アイスコーヒーは早々に売り切れていたので

「コーラ」と「レモネード」を飲んだが、

個人的には美味しいと思わなかった・・・。

普通のコーラとレモネードの味で良かったが

漢方薬飲んでるような味でした。

 

 

 

そしてCAFE360横にあるアーチ状のテラスからは

メインテラスから霧で琵琶湖が見えなくても

ここに来れば霧の動きが違う為に見える可能性があるそうで

数分間だけでしたが霧の隙間から薄っすらと琵琶湖が!

 

 

そして有料席は霧でほとんど見えなかった為、

誰も利用していませんでした・・・。

  • 3,000円/1席 45分間(1席は2名様でご利用いただけます)
  • ご予約は360スタンドにて承ります(事前予約は承っておりませんのでご了承ください)

 

 

蓬莱山、山頂にある方位石盤と

異様な雰囲気だった「彼岸の鐘」

調べましたがはっきりしたことは分からず、

登山者の無事、安全を守る石塔らしい。

鐘を鳴らしてみたが思ったより大きな音が鳴りビックリ!

 

 

 

下りのリフトから見える景色には

山の斜面に小さな子やファミリーが遊ぶ遊具も充実しており

家族でお弁当でも持ってピクニック気分で一日中遊ぶことも出来そう。

 

 

 

 

そしてジップラインを楽しむ人たちからは

楽しそうな絶叫が聞こえる(笑)

 

 

霧に包まれた琵琶湖テラスの感想

 

霧で琵琶湖が見えなかった分、蓬莱山頂にあるCAFE360へ向かうリフトに乗ってる際に

山の上でも暑い日でしたが、冷たい霧に包まれ

地上に居る時は味わえない特別な自然を感じることが出来て大満足。

2度目の琵琶湖テラスでしたが、また行きたい!と思う

不思議な山の大自然の癒しがあり、

琵琶湖テラスから眺める絶景は霧に包まれ残念でしたが

また次回、違う季節に遊びに来たいと思いました。

 

琵琶湖テラスの絶景を見たい方は

山頂付近のカメラはありますが山の天候は変わり易いので

100%晴れ予報が出ている日を選んでくることをお勧めしますよ!

琵琶湖テラス ライブカメラ

琵琶湖テラス ピンポイント天気予報




釣行記

2019/5/19

2019シーズン、初ヒラマサ!

2019/05/19    4:30~8:30 風:無風のち爆風 波:凪   磯はガラガラ閑古鳥。 ブリが上がってるのは沖磯渡船。 まぁ釣れてないとなると地磯はこんなものですが、 釣れてないなら、なんとか釣ってやろう! そんな思いとは裏腹に昨日は、爆風に悩まされ、朝マズメは寝坊で逃し そんな感じでは釣れませんよね。 夜暗いうちから磯へ向かう。 ライトを使わなくても磯を歩けるほどの満月。 綺麗と見とれている場合ではなく着いて早々キャスト開始。 すぐに明るくなり、海の状況、鳥の飛び方が今年一の良い状 ...

ReadMore

釣行記

2019/5/18

[釣行記]エサで釣れないのにルアーで釣れるか!

2019/05/18 6:30~10:00 大潮 風:爆風 波:凪 金曜の夕方頃から眠くて眠くて、これは夜寝たら朝起きれないな・・ 起きたら4:30! 急いで準備をして海に向かう。 磯に上陸すると、ボート渡船で渡って来ていた先行者が突然現れ 岸から全く見えなかったのだが、あちらも泳いできた自分にビックリしていて 非常に心の広い方で、「横開いてるから良いですよ!」とお言葉に甘えて 隣で開始!   トップからまずはスタートする。 ルアーが水面に落ちるとジャボン!と大きな音が聞こえ波もほとんどなく 時 ...

ReadMore

その他

2019/5/17

釣り中の海中転落事故でも生存率が2倍になる複数人釣行!

今年も自身、サイトへ訪問して頂いているアングラーの全ての方が 事故の無いよう願っていますが、ふとした瞬間に海中転落は起きます。 突発的に起きる魚とのファイトや根掛かりを外す行為の最中など 予想だにしない事が突然起きます。 ロッドを手にする事でまず、足元に対しての注意力が欠如する。 ロッドやラインを気にするあまり体感のバランスが悪くなる。 足場が不安定なテトラ帯や高い岩の上から転落した際に水の中に落ちても 陸地であっても、どちらも軽いパニック状態となります。 幸か不幸か、自分も高い位置からの転落は在りません ...

ReadMore

ルアー

2019/5/16

ベイトからルアーにターゲットを切り替えさせる!

久し振りに、ダイバーとして活動するヤスが自宅に来ていたので 前回同様、魚の生態、 釣りを辞めてしまってから彼の止まってしまっている釣具のテクノロジー迄 色んな話をしました。 青物(ヒラマサやブリ)の生態をダイバーに聞いて来た!   彼は10年ほど前に釣りは辞めてしまっていたのですが、 まぁ我々と同じように一つの物にハマるととことん追求しかなり無茶もします。 福井県の大型青物スポットの玄達瀬の近くに知人と行き、 どのダイビングペンシルが有効なのか?船の上からルアーをアクションさせて 自分は海中から ...

ReadMore

魚の生態

2019/5/15

青物(ヒラマサやブリ)の生態をダイバーに聞いて来た!

今年、福井県でとことん不発の青物。 唯一釣れてるのは、沖磯だけと・・悲しい結果で 釣り場もガラガラ、それはそれで構わないがショアジギングを楽しんでいる方は かなり少ないですね。釣れるとまた増えるのだが。   自分の昔からの知人にスキューバーダイビングを楽しんでいる者がいる。 そして今はやらないが昔は釣りも楽しんでいたので、 釣りにも詳しく、 彼は沖縄の海で酸素ボンベをカンカン叩いて魚を集めていたら 3mほどのサメの群れに襲われ、素手で撃退した過去を持つ無類の海好き?です。 地元に帰って来ていると ...

ReadMore

-県内外情報

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.