福井豪雪・・・やっぱり人との繋がりは大事!

1週間以上に渡り、雪に苦しんだ日々でしたが

色んなことがありましたね。

 

まずは近所にこんな人が住んでいたんだ?と

10年以上話したことも無いご近所さんがいた事(笑)

そして一緒に除雪をして助けてもらった。

今まで顔を見て会釈をする程度だったけど、

なんだか雪の御蔭で会話する機会も出来て、

「雪がコミュニケーションのきっかけを作ってくれた?」

そんな風に何度も思ったことがありました。

 

そして道路に出れば、

ライフライン関係なので

どうしてもお客様宅へ行かなければいけない・・・。

案の定、車は雪に阻まれスタック・・・。

2回もスタックしてしまいましたが、どこからともなく

スコップを持った人が集まり1台の車に10人近くも集まってくれて

数分で脱出できたこと。

除雪車が「牽引してあげるよ!」と

車を引っ張ってくれました。

除雪作業中にもかかわらず、頭が下がります。





 

自分も何十台もスタックしている車と出会い、

助けてもらった機会を返すべく押したり掘ったり

何とかみんな無事に切り抜けて行きました。

 

雪が落ち着き出すと、狭くなった路上を歩く人達が

大勢出てきました。

急いでる時には何度か、「邪魔だと」思ってしまった。

しかし

みんな事情があって歩いてるのであり、意味も無く

道路を真ん中を歩いてる人はいない。

車に気付くと雪の山に避けてくれる人も大勢いました。

通り過ぎる際には会釈をすると手を振ってくれる人までいた。

 

そして自衛隊に対してのSNSのくだらない投稿!

まだそんなくだらない事を思う人がいるのかと呆れた。

誰が自衛隊を帰してしまっただの、

県知事がどうのこうの・・・・

それに対して、福井県に住んでもいない人からの同情コメント?

所詮他人事。

そんなに県のやり方が気に食わないなら、

「市議会議員、町議会議員」何でも良いので

立候補して頑張ってください!

 

SNSで吠えていても何も変わりませんし、どうせあなた自身も

何年経ってもスマホ片手に愚痴を言うだけで変わらないでしょう。

 

食品を買いに、家族と買い物に出かけた際

「買い溜めしよう!」と

子供達にまで、かごを持たせる家族を見たり

「どこも行かないけどガソリンも満タンにしないと」

そんな声も多く聞きました。

色んな人が色んなことを不安に思い、

災害はこんな風になると実感する毎日です。

 

まだまだこれからも今回の福井豪雪の影響で

被害が大きくなってきたり、既に大きな被害を受けた方も

いるでしょう。

しかし誰がこんな大雪の被害を想定出来ましたか?

今後に生かすことを考えて行けば良いのであり、

自分の生活が普段と違うだけで、他人のすることに文句を言ったり

愚痴っている様では何にも変わりません。

 

見られた方も居るかも知れませんが、

県外からも小型重機を乗せたトラックや

除雪隊が続々と応援に来てくれているそうで

「感謝」の言葉しかありません。

 

まだ普段の生活を取り戻すには時間が掛かりますが、

雪はいずれ融けます。

人は一人では生きていけないし、一人では無いのですよ!

人との繋がりをとても大きく感じた1週間でした。

 



にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

-個人的な思い