個人的な思い

釣果とゴミの数の不思議な関係「どんどん増える釣り禁止場所」

投稿日:

たまにコメントくれる方が

「釣り場が立ち入り禁止となりました、そこに出入りしてた

釣りグループを公開できませんか?」

とコメントにお答えします。

 

 

私とは一切面識も無いし、今後も多分そちらの県へ釣りに行くことも

無いかと思います。

そちらの釣り場が釣り禁止となったことはどなたかのSNSで拝見して

知っていますが、漁港関係者の方と話をして頂いた方が改善の近道だと思います。

そのグループについて書いた所で何も変わりません。

それよりも月に一度、必ず清掃活動をするなど大変だとは思いますが

釣り場を取り戻せる可能性はあるかと思いますよ。

清掃活動の日時などの告知は可能ですが

マナーの悪さや、モラルの欠如はいくら書いてもすぐに消えていきます。

無関心の時代へ突入ですね・・・・・

以前港湾部で仕事をしている方に聞いた話ですが

「最近では釣り人が港湾、漁港は原則釣り禁止を知っている。

そしてそこで仕事をする漁業関係者が何も言わないことも知っている。

何も言われないのを逆手にして

非常識な行動をしたりしていても言えない人が増えてしまったなぁ~」

 

もう20年以上前でしょうか?

「逆切れ」という言葉が流行りました。

注意したり正す人に対して、自分の行動を正当化しようと

怒鳴ったり、言い訳をする。

そんな逆切れは釣り場でも同じで

そこで仕事をしたり生活したりする人にとって

マナー・モラルの悪さが積み重なり、

逆切れされるかも分からない相手への対応が釣り禁止場所にすることです。

もしも釣り禁止場所を取り戻したいのであれば、

漁協関係者の方とそこに訪れる釣り人との懸け橋となってみては

如何でしょうか?

時間、気苦労、そうなった場合のあなたへの口撃・・・・

大変でしょうけど、それが今後への最善策だと思います。




釣り人口は最盛期と比べると大幅に減り

近年少しずつ回復を見せてはいるが

「釣りは衰退産業」と誰かが書いてるのを見たことがある。

 

そしてSNSの普及と共に同一場所の釣り場に人が集中。

釣りは情報戦・・・・・・

自分が得た情報では無く、他人の釣果で情報収集。

これも大事な事ではあるが釣り場を晒してしまえば

戦犯のような扱いをされているのを何度も見たことがある。

 

世の中の流れは、

無駄を省き効率良く時間が回るように快適になっているようで

その分の付けが回っても来る。

知人の出張が多い勤務状況の人が嘆いていたことだが

「昔は東京出張は1泊が当たり前で、時間に余裕も持てたし

その分、人の付き合いも出来た」

「それが今では移動時間が短くなり日帰り出張・・・・

人の付き合いが減った分、契約も取りづらい」と。

 

釣りも同じように、自分で探したりそこで釣りをしたから得た情報よりも

SNSで見た

今釣れる場所」に行って釣りをする方が

効率よく釣れる。

釣り人口は減っているのに釣り場には人が多い原理となっている。

 

そして人が増える釣り場で比例するのがゴミの量。

 

ゴミが増えればその周辺で仕事に従事する人達や

近隣住民が迷惑する。

町内会、組合で釣り禁止要請が出る・・・・。

釣り禁止場所となる。

 

 

最近では陸だけではなく、海洋養殖場で仕切られた

網の中へルアーをキャストして釣ったり

サビキ針を落としたりする常識外れ多いそうで

マナーもモラルもそこには存在しない。

 

最近では数年前に大きな反応を得たような

釣り禁止やモラル・マナーに対して反応しない様な人も多くなり

慣れてしまったのだろうが

声に出す人も少なくなってきてしまったのが現状ですね。

 

地元の釣り禁止場所で釣りをしていることを自慢してた人が

言ってました。

「みんなそこで釣りしてるし!」

釣り竿を持つと、人間は大胆な行動を起こす。

立ち入り禁止の柵を乗り越えるなど

犯罪と思わず、

特別な・・・・限られた者しかできない行為とでも思っているのだろうか?

普段は仕事もまじめにこなし、家族もいる。

そんな人でも釣り竿で魚を釣る行為となると

人格まで変わっていく。

 

以前紹介した、某有名湖で立ち入り禁止区域に入り

警察に暴言を発して、SNS中で晒された人がいましたが

典型的な釣りに呑まれてしまってる人でしたね。

釣りをしているだけで俺は何も悪いことをしていない、と

立ち入り禁止区域に入る人の言い訳ナンバー1を言い放つ。

ちなみにナンバー2は、他にもやってる人いるだろう!です。

釣りに

「命を懸けている」と考える人もいれば

「家族や彼氏彼女との一つの娯楽」

「新鮮な魚を食べたいから釣る」と

色んな思いを持つ人がいて、色んな釣具が発売されて

釣りの歴史が刻まれていく。

 

しかしポイ捨てするマナーの悪さや立ち入り禁止区域に入って釣りをする

歴史まで残さなくて良いのに

立ち入り禁止区域が増えていく数の分、釣り人のマナーが比例している。

2018年も既に多くの釣り場が釣り禁止となったし

今後釣り禁止へと検討している釣り場も多いと聞く。

「自分はマナーが良いから関係ない」

それだけでは通用しない事態になってることをご存知ですか?

 

みんな同じ釣りを趣味に持つ人の集まりです。

ポイ捨てする人あれば、拾う人もあり、

大規模な清掃活動をする人もあれば、

毎釣行、ゴミ拾いして帰る人もあり、

知らない顔してる人が一番いけないことに気付くときでしょう。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

釣行記

2019/8/12

磯マル乱舞!ここは釣堀か!!

2019/08/11 AM4:30~6:30 風:無  波:1m   暗いうちから磯へ。 波が高くて磯の先端にまで行けず、辺りには波が砕けて出来る霧の様な白い空気が漂う。 まだ暗いが1投目からヒット! ラインがフッと軽くなる感覚でエラ洗いしているのが分かる。 波が足元で炸裂し、ラインがギギギギっと岩に擦れているが真っ暗なので何もわからない。 なんとか磯際付近まで寄せたけど波が高すぎてかなり危険と思っていたら 魚が岩の間に挟まりロック!! 降りようかと思ったが、「行くな!」と声が聞こえた気がした。 ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/11

釣具ランキング~2019/08/11

本日は20万人が押し寄せる三国花火です! 会場は有名一級スポット「雄島」にかなり近いエリア。 明日は魚が釣れるか?楽しみですね~・・・。   それにしても今年、磯マルはワラワラ沸いてるし、沖の方ではヒラマサが大爆釣だそうで 9月が楽しみですね~!   釣具ランキング~2019/08/11   No.1 ジャンプライズ ポポペン   No.2 ポジドライブガレージ スウィングウォブラー   No.3 シマノ コルトスナイパーSS   No.4 シマ ...

ReadMore

魚の生態

2019/8/10

最強の男VS最強の魚!

今回は爆笑必死のファイト動画です。 ファイトする魚は、『ゴリアテ』 日本ではタマカイと呼ばれている魚ですが、度々モンスターの様なサイズが釣り上げられています。 アベレージサイズが約2m、最大記録で3mとも400㎏ともいわれる魚で 人を襲った記録としては残ってないそうですが、 オセアニアの一部には「タマカイはダイバーを丸飲みにしてしまう」と恐れられている。   最強の男VS最強の魚 今回のタマカイ(ゴリアテ)とファイトする3人は アームレスリングチャンピオン、ウェイトリフティングチャンピオン、フィ ...

ReadMore

-個人的な思い
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.