魚の生態

マイクロプラスチック、海のゴミに関して釣り人の発言にもっと注目して!

やっと日本も本腰を入れてきたマイクロプラスチック問題。
2019年6月に日本が議長国となって開催されたG20にてこの問題がメディアなどでも大きく取り上げられ

やっと一般市民にも伝わり始めたかな?といった感じでしょうか?

政治利用であれなんであれ、大きな資金が投入されることになるでしょう。





しかし動き出すのが遅い・・本当に遅い。

企業は続々とストローやプラスチック容器の使用を禁止したり、

米国では既に州単位で使用の完全禁止を始めている地域もあるのに対して日本では・・・

まぁ単純に、国民の関心の無いことに政策を決めて資金を投入しても国民に評価されないことは

誰も提案も、議論もしたくない。

それよりも年金問題について討論した方が世論も含め大いに注目される。

これが本音でしょう!

 

実際に環境省が策定を発表した「プラスチック資源循環戦略」では

[プラスチックを2030年までに、累積25%排出抑制する]とされているだけで

まだまだどうすれば良いのか?具体的な案すら出ていないのが現状でしょう。

海へは最終的に流れ着くだけであり、川、街、そして放置されている途上国・・

大きな世界規模の問題なのにこの程度なのです。

 

私のようなサイト運営をしていたり釣りブロガーなど多くの釣り人は何年も前からゴミ問題に関して

大きく取り上げていても届くのは釣り人に対してだけです。

ゴミを捨てるのも人であればゴミ問題を解消するのも人です。

自治体を動かすには、国の支援が必要です。

プラスチックを作る以上にリサイクルはお金が掛かり、プラスチックごみを処分するのにも

作る以上に回収資金、処理資金、多額の資金が必要です。

資金を集めるには普段ほとんど海に行くことがない方までその問題を浸透させる必要があります。

どうか一人でも多くの方に本当の海洋プラスチックごみの深刻さが伝わる事を期待しています。

 

人が出したプラスチックごみを海が小さくし、それを小魚が食べる。

小魚を食べる大型魚をまた人間が食べる。

因果応報。

 

サイト内のプラスチックごみに関する記事です。

一度読んでみてください。

プラスチックごみに関して




その他

2020/2/20

釣りメーカーの海外版動画がカッコいい!

多くの釣具メーカーも個人同様にYouTubeチャンネルを開設し 数年前とは動画の内容も大きく変化してきましたね。 以前は、「釣りだけをする実釣動画」でしたが、 現在はプロアングラーの実釣&その後の食事や釣り車の紹介など、 メーカーの許容範囲?の中ではあるが、物だけの紹介よりも 人間臭さが受ける日本のYouTubeに合わせるようになってきています。 それでも制約なしになんでも投稿できる個人YouTubeチャンネルには敵いませんが 逆に動画一本に多くの資金をかけたり、 大手メーカーなどは単純に、「カッコいい」 ...

ReadMore

イベント

2020/2/19

「D.Y.F.C」釣りの知識も道具もなくても子供と釣りを楽しもう!

釣具メーカー「ダイワ」が活動を続ける 『D.Y.F.C(DAIWA YOUNG FISHING CLUB )』をご存知ですか? 会員クラブですが、小学生から中学生まで誰でも会員になる事が可能です。(19歳まで在籍可) 会員になるとフィッシングスクールに参加できたりその他イベントにも参加出来たりします。 お父さんや、お母さん家族で釣りが出来る方がいなくても子供さんがダイワプロテスターに 子どもさんのレベルに合わせたレクチャーを受けることが出来ます。   D.Y.F.Cスクールはリール・ロッド・ライ ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/2/17

釣具ランキング~2020/02/17

福井県内の河川でサクラマスが不調なのはどうしてなのでしょう? 県外のSNS仲間から、「今年、九頭竜行こうか迷ってるんだけどどうですか?」と メッセージ頂いたりもしますが、 「この時期に入っても、サーフや河口周辺でよくシーバスが釣れてます。 シーバスが釣れなくなったら遡上が始まるのかどうかは分かりませんが、 どう考えてもこの時期にシーバスがイワシを追いかけて良く釣れるなんて 異常としか思えないので、シーバスが沖に落ちていくタイミングでどうですか?」と 答えておきました。 それとあまり公開されないけど、サーフ ...

ReadMore

ウェーディング装備

2020/2/17

フルマラソンで2時間を切りを達成したあの「ナイキ アルファフライ」シューズは釣りに使えるのか?

道具の進化は我々の想像を超えている。 釣具も、年々大きな魚のサイズが過去に釣り上げられたタックルよりも 軽く、小さなタックルで釣り上げられるような時代へと変化している。 釣りのような対魚、を相手にする不確定要素が多く含まれる強さは 同じタックルで同じ魚と比較は難しいが、 スポーツの中でもタイム(時間)が競われ計測されている様な競技には道具の進化は時に議論の的になる。   その道具の進化で話題となったのが 東京オリンピック代表選手の4人のうち3人が履いていた ピンク色の厚底シューズ「ナイキ ズーム ...

ReadMore

偏光サングラス

2020/2/11

話題の136偏光サングラスを凍らせてみた!

テスターをさせて頂いている『136glass』の偏光サングラス。 フィッシングショーOSAKA2020で、ブースが常に満員状態で行列が出来るほど 話題となっていましたが ガラスレンズ世界最軽量の軽さ 樹脂レンズとは比べ物にならない、永遠に続く透明度の高いレンズ クリアなレンズならではの暗い時間帯でも明るく見える レンズが劣化しない手づくりの特許技術「3SLレンズ」 136テスターのメンバーもかけた瞬間・・・釣り場でかけたその時から 今までの偏光サングラスとの違いの大きさに全員が驚きました!   ...

ReadMore

-魚の生態
-

Copyright© The firstone , 2020 All Rights Reserved.