ルアー

もっと釣りが上手くなる「ラトル入りミノー最強」

投稿日:

第2回目は『ラトル入りミノー』

シーバスブームから(シーバスアングラーが減った訳では無いが)

サーフヒラメブームへと移行してきたルアーフィッシング。

 

当然発売されるルアーもヘビーシンキングミノーなど

深い一定のレンジをキープするルアーは

ヒラメを狙うアングラーに比例するように多く発売され

特にサーフで使用する場合の飛距離を大幅にUPさせる

重心移動システムが搭載されるとキャストミスが少なくなり

キャストして気持ちいい、巻いて気持ちいい?

固定重心ミノー、一つのカテゴリーが出来上がりました。

 

 

時代の流れで今だけかもしれませんが

フローティングミノーを使用する方は減っているのでは?

そんな気もします。

フローティングミノーに多い重心移動システム。

これにはメーカーがその様に作っているのか定かではありませんが

釣れる要素を多く含んでいる。そう思ってます。

 

 

ラトル入りミノーでバカみたいに釣れた話

 

もう30年ほど前の話なので暇つぶし程度に読んでください。

当時、海でルアーなんて投げた日には・・・・

「あんた、何してんの?それで魚釣るのかい?」

大笑いされました。

まだまだルアーフィッシングを海で楽しむ人なんてほんの僅か。

周りには数名はいたが、

釣りをやっていない人達には殆ど認知されていない時代です。

 

使用していたルアーは殆どがブラックバス用ルアー。

たまにハンドメイドルアーを使っていました。

人様にお譲りできるなんて夢のまた夢の出来栄えでしたが

ある物を中に入れて作ったルアーで

面白いほど魚が釣れるようになる・・・・。




 

偶然から生まれた「ラトル入りルアー」の微妙な揺れ

 

ラトルを入れてみようと思ったのは単純にウェイトの為と

音を出すルアーが欲しかったから。

ラトルもシャカシャカと細かい音がするものと

ゴンゴン重い音がするタイプがあるが

ウェイト重視の為に重いゴンゴンする方を作りました。

 

そしてある日面白い程、サーフでシーバスが釣れた。

初めは「音でアピールしているのか?」と思っていたが

ある時なぜそうなったのか今では分かりませんが

なぜか全く音が鳴らないように・・・・。

しかし問題なく使えていた状態での釣果!

 

何故だ??・・・なぜこのルアーだけ面白いほど釣れる?

何か月も考えて、ラトルを入れるラトルホールの大きさを変えてみたり

何個もプロトを作る。

 

そして出た結果が、

ラトルホールを大きくすると、

中でボールが移動するルアーは振り幅が大きく

大味な動きに。

 

ラトルホールを小さくすると・・・・・・・

これには驚いた。

プルプルとベイトライクな動きとなる。

釣果は勿論、

ラトルホールを小さくし、プルプルと振り幅を

小さくしたハンドメイドルアーの方に軍配が上がる!

2倍以上の釣果の差が出るほど明らかに釣れましたね。

 

現在販売されているフローティングミノーにも

各メーカーが考案した多くの重心移動システムが使われていますが

このプルプルを再現できるルアーも多くあります。

某メーカーのシーバスルアーはスコン!スコン!と

大きな音が出たりであれはどうかと思った事もあるが

販売され続けているという事は何か秘密があるのでしょう。

 

シンキングミノーにもあるかも知れませんが、

フローティングミノーじゃなければ再現できない

浮遊感がありながら、

「プルプルと小刻みな弱ったベイトを再現する」と、

表現されますがそれこそがフローティングミノーの最大の特徴だと

思います。

ラトル入りルアーは賛否が分かれるルアーでもあるし

もしかすると毛嫌いするアングラーの方が多いかも知れないですね。

 

実は音よりもラトルが不規則に移動する時に出る

波動やブレが釣果に結び付いたりもするというお話でした。

フローティングミノー

寄稿 Mオジサン

編集  The firstone




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

釣行記

2019/8/12

磯マル乱舞!ここは釣堀か!!

2019/08/11 AM4:30~6:30 風:無  波:1m   暗いうちから磯へ。 波が高くて磯の先端にまで行けず、辺りには波が砕けて出来る霧の様な白い空気が漂う。 まだ暗いが1投目からヒット! ラインがフッと軽くなる感覚でエラ洗いしているのが分かる。 波が足元で炸裂し、ラインがギギギギっと岩に擦れているが真っ暗なので何もわからない。 なんとか磯際付近まで寄せたけど波が高すぎてかなり危険と思っていたら 魚が岩の間に挟まりロック!! 降りようかと思ったが、「行くな!」と声が聞こえた気がした。 ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/11

釣具ランキング~2019/08/11

本日は20万人が押し寄せる三国花火です! 会場は有名一級スポット「雄島」にかなり近いエリア。 明日は魚が釣れるか?楽しみですね~・・・。   それにしても今年、磯マルはワラワラ沸いてるし、沖の方ではヒラマサが大爆釣だそうで 9月が楽しみですね~!   釣具ランキング~2019/08/11   No.1 ジャンプライズ ポポペン   No.2 ポジドライブガレージ スウィングウォブラー   No.3 シマノ コルトスナイパーSS   No.4 シマ ...

ReadMore

魚の生態

2019/8/10

最強の男VS最強の魚!

今回は爆笑必死のファイト動画です。 ファイトする魚は、『ゴリアテ』 日本ではタマカイと呼ばれている魚ですが、度々モンスターの様なサイズが釣り上げられています。 アベレージサイズが約2m、最大記録で3mとも400㎏ともいわれる魚で 人を襲った記録としては残ってないそうですが、 オセアニアの一部には「タマカイはダイバーを丸飲みにしてしまう」と恐れられている。   最強の男VS最強の魚 今回のタマカイ(ゴリアテ)とファイトする3人は アームレスリングチャンピオン、ウェイトリフティングチャンピオン、フィ ...

ReadMore

潮汐

2019/8/8

釣りが上手くなる「釣れなかった条件を記録する」

釣行記を公開しなくても自分のために記録として残している方は釣りが上手くなると思う。 釣れた時の条件はもちろん、釣れなかった時の条件の方が 圧倒的に多く自分の経験として得ることが出来るから。   例として私のまとめた釣行データを公開しましょう! 釣れなかった条件をデータ化する 釣れなかった条件 釣り場 A 右から潮が流れていた 中潮 雨の日 満潮に向かう潮 釣り場 B 中潮 晴れが数日間続いた後 右から潮が流れていた 個人的なことですが、中潮の釣果が圧倒的に悪いです。 理由は未だにつかめていない。 ...

ReadMore

-ルアー
-,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.