ルアー

もっと釣りが上手くなる「ラトル入りミノー最強」

第2回目は『ラトル入りミノー』

シーバスブームから(シーバスアングラーが減った訳では無いが)

サーフヒラメブームへと移行してきたルアーフィッシング。

 

当然発売されるルアーもヘビーシンキングミノーなど

深い一定のレンジをキープするルアーは

ヒラメを狙うアングラーに比例するように多く発売され

特にサーフで使用する場合の飛距離を大幅にUPさせる

重心移動システムが搭載されるとキャストミスが少なくなり

キャストして気持ちいい、巻いて気持ちいい?

固定重心ミノー、一つのカテゴリーが出来上がりました。

 

 

時代の流れで今だけかもしれませんが

フローティングミノーを使用する方は減っているのでは?

そんな気もします。

フローティングミノーに多い重心移動システム。

これにはメーカーがその様に作っているのか定かではありませんが

釣れる要素を多く含んでいる。そう思ってます。

 

 

ラトル入りミノーでバカみたいに釣れた話

 

もう30年ほど前の話なので暇つぶし程度に読んでください。

当時、海でルアーなんて投げた日には・・・・

「あんた、何してんの?それで魚釣るのかい?」

大笑いされました。

まだまだルアーフィッシングを海で楽しむ人なんてほんの僅か。

周りには数名はいたが、

釣りをやっていない人達には殆ど認知されていない時代です。

 

使用していたルアーは殆どがブラックバス用ルアー。

たまにハンドメイドルアーを使っていました。

人様にお譲りできるなんて夢のまた夢の出来栄えでしたが

ある物を中に入れて作ったルアーで

面白いほど魚が釣れるようになる・・・・。




 

偶然から生まれた「ラトル入りルアー」の微妙な揺れ

 

ラトルを入れてみようと思ったのは単純にウェイトの為と

音を出すルアーが欲しかったから。

ラトルもシャカシャカと細かい音がするものと

ゴンゴン重い音がするタイプがあるが

ウェイト重視の為に重いゴンゴンする方を作りました。

 

そしてある日面白い程、サーフでシーバスが釣れた。

初めは「音でアピールしているのか?」と思っていたが

ある時なぜそうなったのか今では分かりませんが

なぜか全く音が鳴らないように・・・・。

しかし問題なく使えていた状態での釣果!

 

何故だ??・・・なぜこのルアーだけ面白いほど釣れる?

何か月も考えて、ラトルを入れるラトルホールの大きさを変えてみたり

何個もプロトを作る。

 

そして出た結果が、

ラトルホールを大きくすると、

中でボールが移動するルアーは振り幅が大きく

大味な動きに。

 

ラトルホールを小さくすると・・・・・・・

これには驚いた。

プルプルとベイトライクな動きとなる。

釣果は勿論、

ラトルホールを小さくし、プルプルと振り幅を

小さくしたハンドメイドルアーの方に軍配が上がる!

2倍以上の釣果の差が出るほど明らかに釣れましたね。

 

現在販売されているフローティングミノーにも

各メーカーが考案した多くの重心移動システムが使われていますが

このプルプルを再現できるルアーも多くあります。

某メーカーのシーバスルアーはスコン!スコン!と

大きな音が出たりであれはどうかと思った事もあるが

販売され続けているという事は何か秘密があるのでしょう。

 

シンキングミノーにもあるかも知れませんが、

フローティングミノーじゃなければ再現できない

浮遊感がありながら、

「プルプルと小刻みな弱ったベイトを再現する」と、

表現されますがそれこそがフローティングミノーの最大の特徴だと

思います。

ラトル入りルアーは賛否が分かれるルアーでもあるし

もしかすると毛嫌いするアングラーの方が多いかも知れないですね。

 

実は音よりもラトルが不規則に移動する時に出る

波動やブレが釣果に結び付いたりもするというお話でした。

フローティングミノー

寄稿 Mオジサン

編集  The firstone




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2021/7/24

フィッシングショーの在り方

2021年なのに、2020東京オリンピックが始まりました。 中止しろだの、無観客でやれだの、色んなヤジに近い?同調を期待するための発言なのか? 騒いでいた人達も始まってしまえば、どうせ楽しむんですよね?   所詮人が動く時は、何か別の理由を求めてが多い。 上っ面だけで騙されてはいけない。   そして釣り業界の方では大手釣り具メーカー『シマノ』は 自社のYouTubeチャンネルにてオンラインフィッシングショー 秋・冬ニューモデルの発表を行いました。   2022年の釣りフェステ ...

ReadMore

釣行記

2021/7/18

[TFO釣行記]鯛ラバってほんとよく釣れるね!

2021/07/18   AM4:00~8:00 小潮 風:無風  波:凪   久し振りの釣りは、M君と! 青物はいったん終了とも聞いていたので、早々にM君の食材確保に根魚を。   蟹かな?タコの足のように見えたが、アミ類かな。 キジハタは釣り上げた時によくキラキラするので何を食べていたのか?が 参考になる。     しかし鯛ラバは良く釣れる。 カチカチ玉   めちゃめちゃ安いし。   朝一、磯マルが接岸していないと8月の夏マサまでは少し厳しいか ...

ReadMore

魚の生態

2021/6/20

釣れない人必見!「これであなたも間違いなく釣果確率が上がるよ!」

誰もが通る道! 「釣りを始めたけど中々釣れない・・・・」 SNSを見れば、みんな釣れてるのにどうして自分は釣れないのだろうか? こんなことを思うように成れば、 あなたも釣りが上手くなる第一歩です!!   釣れる条件を検索すれば多くの情報が出てきます。 ルアーの動かし方 潮回り・時間 場所 もちろん全ての状況が肝心だとは思いますが、 釣りってもっと簡単なんですよ。 では簡単に釣果確率を上げる方法をお話しします。   釣れる潮回りに釣りに行けば釣れる! 見出しで答えを書いてしまいましたが ...

ReadMore

釣行記

2021/6/18

ララペンよ!何故にそんなに釣れるの?

2021/06/18  08:00~10:30 小潮 風:時に爆風 波0.5m   半年ぶりの釣り。 タックルのチェックも一切していないし 取り合えず忘れ物がないように朝も起きてゆっくりしてから海に向かった。   陽が昇った後の海に続く道のりは仕事の車しか通らない。 観光地としては寂しい限りだけど今しばらくは仕方ないでしょうね。 海には遠くに見えるいつもの場所に一人アングラーが見える。 何も変わらない光景、いつもの海が広がる。   別に魚なんて釣れなくても良かった。 ラインな ...

ReadMore

個人的な思い

2021/6/5

久しぶりに海のゴミについて考える

かなり久しぶりに文章をこのサイトで書きます。 毎年夏になると海のゴミ問題がクローズアップされていますが、 やはりメディアの力は大きくて、 今年はいつもより海洋ゴミに関して人気タレントが漂着ごみの多い地域を訪れたり クローズアップされている気がします。 我々釣りを楽しむ釣り人は釣り経験が長くなるほどに ゴミに慣れていきます。 人間とは恐ろしいものです。 釣り場でのごみ問題に関してSNSなどでも取り上げている人は 釣り経験が長い人よりも、釣り歴の浅い人が多いのが事実です。 その理由は 自分も子供と海水浴場を離 ...

ReadMore

-ルアー
-,

© 2021 The firstone