リール

「ソルティガVSステラSW」フラッグシップモデルはどちらが優れているの?

多くの方が使っている物だから品質が良い!は違ったりする。

逆に誰にも知られていないのに品質が良い!物もある。

人がモノを購入する際、デザインを重視したり性能を重視したり十人十色の感性がありますが

満足出来る理由が一つでもあればそれは優れた商品となる。

例えば

Aは思っていたより機能性は普通だけどデザインが最高にかっこよい!

Bはデザインは普通だけど機能性は自分が思っていた以上に素晴らしい!

何か期待を良い方向に裏切る製品はとても大きく満足感をもたらしてくれます。

そしてその製品を発売するブランドは自分の中で認知され、次に同じような製品を購入する際、

まずはそのブランド製品から欲しいデザイン・機能性を探すことを始める。

リピーターの心理です。




 

話は変わって、実際の機能性はそれほどでも無いのに、

その製品をあまり理解せずに使っている我々消費者にも問題があるのかもしれないが、

「そのカテゴリーでは選択できるメーカーも少ないし

有名な方が広告塔となり商品を紹介しているから機能性も素晴らしいに違いない。」

多くの方に選ばれている製品もある。

実際に使っている方に聞くと「性能はこんなものだ」と思っているのでそれほど気にもならない。

「まぁ問題なく普通に使えてるし・・・・」

あれれ?「有名な方が使ってるから機能性も素晴らしいのでは無かったの?」

お分かりですか?突っ込見所満載なわけです。

 

しかし違うメーカー違う製品の素晴らしい機能性を持つ製品を使ってみたところ・・・・

「今まで使用していた製品はなんだったの?」

自分の中でより良い機能性に気付き、早く実際に使ってみたい!ドキドキ、ワクワクになっていく。

大人になって単純にドキドキ楽しみでワクワク待ち遠しいことなんてあまり多くは無い。

そして性能を調べるようになり、本質を知る事となる。

 

そこまで到達するには何かの機会が無いと詳しい性能を調べたりすることも無いし

ましてや高額商品ともなると尚更誰かのインプレッションを頼りにするしかなくなる。

しかしそのインプレッションはどうしてもメーカーの好き嫌いなどで偏ったものにも。

 

ソルティガとステラSWどちらを購入しようか迷ったら?人間の深層心理

そろそろ本題の

ダイワ・ソルティガとシマノ・ステラ

どちらも両メーカーが誇る素晴らしい機能性で

今更、このリールを購入する人達に備え持つ性能の話はしませんが

防水・剛性・回転性能全てがフラッグシップモデルに相応しい。

どうしても紹介者の好みによって薦められる物は偏る。

○○〇派だから・・・・・と。

自分もそうですがソルティガの軽い回転性能よりもステラの滑らかさに質感を感じるので

ステラの方が好きだ。

それが実釣で魚をかけてからは個人的に大きな違いは感じない。

そこにはどっちがトータルで好きか?それしかない。

個人的な感覚の違いだけになる。

※ソルティガが嫌いなわけではないです。

 

本当に品質の良い2つの物を比べた時、どちらが優れているのか?

実際に数値上のスペックで違いを図ることは出来るが、

同じ潮の速さ、同じ魚のサイズ、同じ魚のパワーで比べることなんて出来るわけもなく

人の感覚ではあまり大差ないほどの違いしか感じることは出来ない。

そこにプラスされるのが、メーカーのイメージやブランド力であり

「ローマは一日にして成らず」その言葉そのものだと思います。

 

シマノが好きなのかダイワが好きなのか?

知らず知らずのうちに我々は勝手にイメージ付けをしてしまい、いやメーカーにイメージ付けされているのかもしれない。

最終的には購入して手元にあるリールに大きなトラブルが無ければ

そこにメーカーLOVEが生まれてそのメーカーの商品に固執するようになる人も多い。

今回はダイワ・シマノフラッグシップモデルに関して取り上げましたが、

ロッドにしても、ウェアなどにしても要は同じです。

 

この人がこの製品はこうだから?ではなく、最終的には自分の感性の赴くまま購入を考えるのが

後々公開しない買い物になると思いますよ。

ダイワ ソルティガ

シマノ 19ステラSW

 




個人的な思い

2020/10/23

子ども達に、海や川の水の怖さを教える大切さ

アウトドアブームに乗って釣りを楽しむご家族の姿が 海や川、湖などでもたくさん見れて 釣りから命を学んだり、自然を学ぶなど街中では得られないことを体験する、 人生が豊かになるレジャーです。   しかし水辺には数多くの危険が潜んでいます。 近くに大人がいても、子供さんが水辺に落ちた際には亡くなる事故も多く 楽しい釣りが人生を狂わすことにもなりかねません。   子ども達に、海や川の水の怖さを教える大切さ 自分達が小さい頃は、子どもだけで釣りをすることもありました。 その当時、釣りに行くという ...

ReadMore

魚の生態

2020/10/21

青物回遊や時期、釣れる場所の秘密のはなし。

まず突然ですが、釣りには可も無く不可も無い。 ”絶対に今日は釣れる!”と過去の実績がある 潮回り ベイトの有無 波高 であったとしても釣れないときは釣れない。 だから釣りは面白い訳で、毎日行けば10匹釣れる状況だったら 多くの方が釣りを長く楽しめていないと思います。   しかし、全く釣れないと面白くないのも釣り。 多くのアングラーが週に1度か2度行けるかどうかの中で どのように青物回遊を考えれば良いのか? 自分なりに出した結論を公開します。   青物回遊や時期、釣れる場所の秘密のはなし ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/10/19

釣具ランキング~2020/10/19

休日に観光地へ行けば久しぶりに? 人混みを見て少し活性が戻ってきたような気分に。 釣りを含めたアウトドア関連商品は昨年度の売り上げと比べても 200%UPだったり、数か月前は密を避けようと意識的に植え付けられたものが 今では、アウトドアを楽しもうと意識が違うだけでも この数か月で大きく変化しました。 よく考えてみれば、日本は四季があるので季節ごとに違う景色を楽しめたり アウトドア大国なのかもしれませんね。 人が増えれば色々問題も噴出しますが、 今後釣り場も整備されたり、もっと釣りが身近なものになっていくか ...

ReadMore

イベント

2020/10/13

「Amazonプライムデー」釣具もたくさん登場してるよ!

2020年10月13・14日だけ開催され Amazonプライム会員のみが参加できる 毎年開催されるわけですが、釣具はほとんど興味のない品ばかり・・・ でしたが、さすが「GAFA」の一つ、Amazon。 すぐに修正してきたと言うべきか釣具も充実したプライムデーとなっています。 少しご紹介しましょう!   Amazonプライムデー釣具も良いもの沢山出てるよ! アブガルシア(Abu Garcia) タイラバ カチカチ玉 シマノ(SHIMANO) ルアー フラットフィッシュ 熱砂 ウイングビーム 80H ...

ReadMore

イベント

2020/10/13

「前澤友作」氏が本気で釣りのプロを募集中!

アングラーの皆さまに面白い内容です! 起業家、実業家、ZOZOTOWNを急成長させて話題となった 『前澤友作』氏。 彼が釣りのプロを募集しています! 前澤友作氏の釣りのプロ募集概要 募集に至った経緯 実は前澤の小さい頃の夢は漁師。 狩りをすることを仕事にする漁師に強い憧れと尊敬の念を持っています。 漁師にはなれなかったものの、 ときには地元千葉から船を出して仲間と釣りを楽しんだり、 海外でも時間を見つけては大物を狙ってトローリングしてみたり、 釣れても釣れなくてもぼーっと全てを忘れて没頭できる釣りが大好き ...

ReadMore

-リール
-, , ,

© 2020 The firstone