リール

「ソルティガVSステラSW」フラッグシップモデルはどちらが優れているの?

投稿日:

多くの方が使っている物だから品質が良い!は違ったりする。

逆に誰にも知られていないのに品質が良い!物もある。

人がモノを購入する際、デザインを重視したり性能を重視したり十人十色の感性がありますが

満足出来る理由が一つでもあればそれは優れた商品となる。

例えば

Aは思っていたより機能性は普通だけどデザインが最高にかっこよい!

Bはデザインは普通だけど機能性は自分が思っていた以上に素晴らしい!

何か期待を良い方向に裏切る製品はとても大きく満足感をもたらしてくれます。

そしてその製品を発売するブランドは自分の中で認知され、次に同じような製品を購入する際、

まずはそのブランド製品から欲しいデザイン・機能性を探すことを始める。

リピーターの心理です。




 

話は変わって、実際の機能性はそれほどでも無いのに、

その製品をあまり理解せずに使っている我々消費者にも問題があるのかもしれないが、

「そのカテゴリーでは選択できるメーカーも少ないし

有名な方が広告塔となり商品を紹介しているから機能性も素晴らしいに違いない。」

多くの方に選ばれている製品もある。

実際に使っている方に聞くと「性能はこんなものだ」と思っているのでそれほど気にもならない。

「まぁ問題なく普通に使えてるし・・・・」

あれれ?「有名な方が使ってるから機能性も素晴らしいのでは無かったの?」

お分かりですか?突っ込見所満載なわけです。

 

しかし違うメーカー違う製品の素晴らしい機能性を持つ製品を使ってみたところ・・・・

「今まで使用していた製品はなんだったの?」

自分の中でより良い機能性に気付き、早く実際に使ってみたい!ドキドキ、ワクワクになっていく。

大人になって単純にドキドキ楽しみでワクワク待ち遠しいことなんてあまり多くは無い。

そして性能を調べるようになり、本質を知る事となる。

 

そこまで到達するには何かの機会が無いと詳しい性能を調べたりすることも無いし

ましてや高額商品ともなると尚更誰かのインプレッションを頼りにするしかなくなる。

しかしそのインプレッションはどうしてもメーカーの好き嫌いなどで偏ったものにも。

 

ソルティガとステラSWどちらを購入しようか迷ったら?人間の深層心理

そろそろ本題の

ダイワ・ソルティガとシマノ・ステラ

どちらも両メーカーが誇る素晴らしい機能性で

今更、このリールを購入する人達に備え持つ性能の話はしませんが

防水・剛性・回転性能全てがフラッグシップモデルに相応しい。

どうしても紹介者の好みによって薦められる物は偏る。

○○〇派だから・・・・・と。

自分もそうですがソルティガの軽い回転性能よりもステラの滑らかさに質感を感じるので

ステラの方が好きだ。

それが実釣で魚をかけてからは個人的に大きな違いは感じない。

そこにはどっちがトータルで好きか?それしかない。

個人的な感覚の違いだけになる。

※ソルティガが嫌いなわけではないです。

 

本当に品質の良い2つの物を比べた時、どちらが優れているのか?

人の感覚ではあまり大差ないほどの違いしか感じることは出来ないかもしれない。

そこにプラスされるのが、メーカーのイメージやブランド力であり

「ローマは一日にして成らず」その言葉そのものだと思います。

 

シマノが好きなのかダイワが好きなのか?

知らず知らずのうちに我々は勝手にイメージ付けをしてしまい、いやメーカーにイメージ付けされているのかもしれない。

最終的には購入して手元にあるリールに大きなトラブルが無ければ

そこにメーカーLOVEが生まれてそのメーカーの商品に固執するようになる人も多い。

今回はダイワ・シマノフラッグシップモデルに関して取り上げましたが、

ロッドにしても、ウェアなどにしても要は同じです。

 

この人がこの製品はこうだから?ではなく、最終的には自分の感性の赴くまま購入を考えるのが

後々公開しない買い物になると思いますよ。

ダイワ ソルティガ

シマノ 19ステラSW

 




釣行記

2019/7/15

寒い海の日・・・

2019/07/15  4:30~8:30 中潮 風:強い  波:0.5m   自宅から外に出るとそよ風より強いくらいの、少し肌寒く感じる空気が夏を感じさせない。 ここ数年で一番肌寒い海の日となりそう。   もちろん海には街で吹いている風の倍くらい強い。   完全にこの1か月間ベイトの付き場も回遊ルートも不明に。 珍しく3か所回って見たが、どこもイマイチだったが キジハタポイントで外したのが痛かった・・・・・。 毎キャスト釣れるようなキジハタマンションだったのに住人は留守なの ...

ReadMore

その他

2019/7/14

釣り中に勝手にアレをやってくれるものから魚の匂いを取ってくれて速攻乾かしてくれるアレまで!

人間には24時間と1日として行動できる時間は限られている。 何かをやっている間に別の事を人かテクノロジーがやってくれることに 人は対価を払って生きている。 全てがそうなっている。 車・・・早く遠く目的地に到着するために車を買う 飛行機・・より早く遠くに到着するために航空チケットを買う 掃除機・・ホウキや雑巾をかける手間を短縮して綺麗にするため掃除機を買う IH調理器・・早くお湯を沸かしたり料理を早く作る為にIH調理器を買う 乾燥機・・早く衣類を乾かす為に乾燥機を買う 全てが時間です。 車を買いたくないなら ...

ReadMore

釣行記

2019/7/13

[釣行記]落ちない波・・・

2019/07/13 9:30~11:30 若潮 風:微風  波:1m   記事自体が久し振りの更新となってしまった。 追われる仕事と追わなければいけない仕事と、2つともタイミングが重なると とてつもない労力が必要になり体力が持たない。 どれも今後の為なので、逃げる訳にもいかず・・・   まぁ釣りに行く為に仕事を片付けてたという事です! 朝からは波が落ちる予定を見たので、朝までゆっくり就寝。 そして海へ。 また磯の方は釣果が落ちているので相変わらず人はいない。 そんな事関係なく、行ける ...

ReadMore

PEライン

2019/7/10

「セフィア8」低価格エギング専用PEライン!

シマノからタナトル、ピットブル、オシア、シリーズに続き エギング専用PEラインとして 『セフィア8』が発売されます。 エギング専用ラインとしては「セフィアG5」もありますが 低価格を推したエギング専用PEラインとしての発売です。 セフィア8、低価格PEラインとしてのエギング専用PEライン シマノから発売のタナトルシリーズやピットブルシリーズは 低価格にスポットが当たる製品ですが、 タナトル8に関しては自分も使用しインプレッションしています。 シマノPEライン タナトル8「使用5か月の使用感」   ...

ReadMore

個人的な思い

2019/7/9

1匹との出会いを求めて・・釣りは感動を呼び起こす!

人間と動物との大きな違いは、感動出来る事です。 その感動は、 喜びで笑みが止まらない感動だったり 嬉しくて涙が止まらない感動だったり 歓喜のあまり手足の震えが止まらなかったり 釣りで感動を味わえる時に多く訪れるのが 「手足の震えが止まらない感動」 なぜだか分からないが、目標としていた魚を釣り上げた時にそれは訪れる。 自分も何度か手足が震えるくらい釣り上げた魚に感動したことがある。 映画を見て感動したり、家族の成長を見て感動したり、恋人やご夫婦での愛を感じたり それとは釣りにおける感動はちょっと違う気がしま ...

ReadMore

-リール
-, , ,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.