リール

「ソルティガVSステラSW」フラッグシップモデルはどちらが優れているの?

多くの方が使っている物だから品質が良い!は違ったりする。

逆に誰にも知られていないのに品質が良い!物もある。

人がモノを購入する際、デザインを重視したり性能を重視したり十人十色の感性がありますが

満足出来る理由が一つでもあればそれは優れた商品となる。

例えば

Aは思っていたより機能性は普通だけどデザインが最高にかっこよい!

Bはデザインは普通だけど機能性は自分が思っていた以上に素晴らしい!

何か期待を良い方向に裏切る製品はとても大きく満足感をもたらしてくれます。

そしてその製品を発売するブランドは自分の中で認知され、次に同じような製品を購入する際、

まずはそのブランド製品から欲しいデザイン・機能性を探すことを始める。

リピーターの心理です。




 

話は変わって、実際の機能性はそれほどでも無いのに、

その製品をあまり理解せずに使っている我々消費者にも問題があるのかもしれないが、

「そのカテゴリーでは選択できるメーカーも少ないし

有名な方が広告塔となり商品を紹介しているから機能性も素晴らしいに違いない。」

多くの方に選ばれている製品もある。

実際に使っている方に聞くと「性能はこんなものだ」と思っているのでそれほど気にもならない。

「まぁ問題なく普通に使えてるし・・・・」

あれれ?「有名な方が使ってるから機能性も素晴らしいのでは無かったの?」

お分かりですか?突っ込見所満載なわけです。

 

しかし違うメーカー違う製品の素晴らしい機能性を持つ製品を使ってみたところ・・・・

「今まで使用していた製品はなんだったの?」

自分の中でより良い機能性に気付き、早く実際に使ってみたい!ドキドキ、ワクワクになっていく。

大人になって単純にドキドキ楽しみでワクワク待ち遠しいことなんてあまり多くは無い。

そして性能を調べるようになり、本質を知る事となる。

 

そこまで到達するには何かの機会が無いと詳しい性能を調べたりすることも無いし

ましてや高額商品ともなると尚更誰かのインプレッションを頼りにするしかなくなる。

しかしそのインプレッションはどうしてもメーカーの好き嫌いなどで偏ったものにも。

 

ソルティガとステラSWどちらを購入しようか迷ったら?人間の深層心理

そろそろ本題の

ダイワ・ソルティガとシマノ・ステラ

どちらも両メーカーが誇る素晴らしい機能性で

今更、このリールを購入する人達に備え持つ性能の話はしませんが

防水・剛性・回転性能全てがフラッグシップモデルに相応しい。

どうしても紹介者の好みによって薦められる物は偏る。

○○〇派だから・・・・・と。

自分もそうですがソルティガの軽い回転性能よりもステラの滑らかさに質感を感じるので

ステラの方が好きだ。

それが実釣で魚をかけてからは個人的に大きな違いは感じない。

そこにはどっちがトータルで好きか?それしかない。

個人的な感覚の違いだけになる。

※ソルティガが嫌いなわけではないです。

 

本当に品質の良い2つの物を比べた時、どちらが優れているのか?

実際に数値上のスペックで違いを図ることは出来るが、

同じ潮の速さ、同じ魚のサイズ、同じ魚のパワーで比べることなんて出来るわけもなく

人の感覚ではあまり大差ないほどの違いしか感じることは出来ない。

そこにプラスされるのが、メーカーのイメージやブランド力であり

「ローマは一日にして成らず」その言葉そのものだと思います。

 

シマノが好きなのかダイワが好きなのか?

知らず知らずのうちに我々は勝手にイメージ付けをしてしまい、いやメーカーにイメージ付けされているのかもしれない。

最終的には購入して手元にあるリールに大きなトラブルが無ければ

そこにメーカーLOVEが生まれてそのメーカーの商品に固執するようになる人も多い。

今回はダイワ・シマノフラッグシップモデルに関して取り上げましたが、

ロッドにしても、ウェアなどにしても要は同じです。

 

この人がこの製品はこうだから?ではなく、最終的には自分の感性の赴くまま購入を考えるのが

後々公開しない買い物になると思いますよ。

ダイワ ソルティガ

シマノ 19ステラSW

 




釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

その他

2022/1/1

「2022年」あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。 半年ぶり程の更新ですが、なんとか生きておりますよ。   世の中、どこを見てもマスクマスク。 ちょっと咳き込めば白い目で見られてしますそんな世知辛い世界ですが 釣り場に行けば、大自然が釣り人を迎えてくれます。 仕事が忙しく、秋シーズンから殆ど釣りに行っていませんが 釣りへの情熱、大自然の景色に飽きたわけがなく体力が持たないから釣りに行かなかっただけで また2022シーズン始まれば海の方へ足を運びたいと思っております。   ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/7/24

フィッシングショーの在り方

2021年なのに、2020東京オリンピックが始まりました。 中止しろだの、無観客でやれだの、色んなヤジに近い?同調を期待するための発言なのか? 騒いでいた人達も始まってしまえば、どうせ楽しむんですよね?   所詮人が動く時は、何か別の理由を求めてが多い。 上っ面だけで騙されてはいけない。   そして釣り業界の方では大手釣り具メーカー『シマノ』は 自社のYouTubeチャンネルにてオンラインフィッシングショー 秋・冬ニューモデルの発表を行いました。   2022年の釣りフェステ ...

ReadMore

釣行記

2021/7/18

[TFO釣行記]鯛ラバってほんとよく釣れるね!

2021/07/18   AM4:00~8:00 小潮 風:無風  波:凪   久し振りの釣りは、M君と! 青物はいったん終了とも聞いていたので、早々にM君の食材確保に根魚を。   蟹かな?タコの足のように見えたが、アミ類かな。 キジハタは釣り上げた時によくキラキラするので何を食べていたのか?が 参考になる。     しかし鯛ラバは良く釣れる。 カチカチ玉   めちゃめちゃ安いし。   朝一、磯マルが接岸していないと8月の夏マサまでは少し厳しいか ...

ReadMore

-リール
-, , ,

© 2022 The firstone