PEライン

PEライン比較「バークレー・スーパーファイヤーライン」VS「よつあみG-soul X8アップグレード」

投稿日:2016年8月20日 更新日:

[Berkley Super FireLine]  [よつあみ G-soul X8アップグレード]

2jh

両PEラインをサーフで2年間ほど交互に使い続けたので、

少し比べてみました。

 

タックルスペックから

シマノ・15ツインパワー4000HG

サーフがメインで週2回、月に8~10回ほど釣行

PEラインの交換は約3か月間隔

毎釣行、ノット部分から1m~1.5m切断しFGノット

購入するラインは1.2号か青物シーズンだけ1.5号(20lb~25lb)

(Berkley・よつあみ社で表記に違いあり)ですが

どちらかで

150m巻を購入(4000HGで150m巻は下巻必要です)

 

飛距離

サーフでのルアーフィッシングにおいて飛距離を当然重視しますが

無風な状況はほとんど無い、波が凪の日も夏の早朝位しかないので

気象条件を大きく受けます。

使用しているルアーは15g位のミノーからたまには35g程度のジグまで。

スーパーファイヤーラインを初めて使った時には今までと比べて

飛距離が10m程度は伸びたような気もしたが、

20m~30mも伸びる訳ではないので

誤差の範疇としてしか考えなくなりました。

 

よつあみG-soulX8も

普通に自分が使用するルアーのMAXディスタンス

飛ばせているので両PEライン共に飛距離は互角ですね。

正確に何mと計測した訳ではないが両PEライン十分なディスタンスを

出すことが可能です。




コーティング

個人的にはコーティングは大きな差が出ていると思います。

別途スプレータイプのコーティング剤は必要なしと思っているので

使用しておりません。

 

スーパーファイヤーラインは・・・・

釣行時間が長かったり、海が荒れてる日に使用すると

数回でコーティングが剥がれラインの毛羽立ちが早い。

荒れた日、立ち位置がどうしても下がる釣りの状況では

ルアーピックアップ時に波打ち際で巻かれるし、

地面を擦って手元に戻る事もあるので

特に冬場の日本海サーフでは毛羽立ちが激しい。

 

磯の場合は根掛かりした時などに毛羽立ちする事があるが

サーフの場合は知らず知らずに砂で根ズレしたような状態になる。

 

毎釣行後に余分に切断しノットを組み直していても

根掛かりしたときに、リールからノットに向けて

10m~20mの辺りで

高切れすることを何度か経験してます。

正直、高切れする時ほど大きな喪失感に陥る事は他にはありません。

 

よつあみG-soulX8は・・・・・

釣行数が多くなれば当然毛羽立ってくるが、

同じ時期に使うと3倍程度の釣行回数コーティングは残っています。

コーティングが落ちると一気に毛羽立ち高切れの原因や

ちょっとしたキャストミスで切れる原因にもなります。

その原因となるコーティングが長持ちすることは

かなり大きなアドバンテージとなりますね!

ただ、スーパーファイヤーラインと比べた時にPEラインの吸水量の

違いか分かりませんが、ガイドにくっ付くことが良くあり

その点だけは気を付けてキャスト時にチェックをするのが癖になりました。

特別何の問題もありませんが・・・・・。

 

スーパーファイヤーラインとG-soulX8の価格差

スーパーファイヤーラインは安いです。

普段PEラインは

Amazonスーパーファイヤーライン

での購入が多いのですが特価で出る事も多いので

G-soulX8に比べお得です。

Amazonスーパーファイヤーライン

Amazon よつあみ G-soul x8

 

コストパフォーマンス的に考えると、耐久性、巻きなおす回数・・・

スーパーファイヤーライン2回巻きなおすサイクルで

G-soulX8は1回で同じ耐久性を見せるので

1年間で考えると価格は大きく変わらない気もしますが、

毎釣行ノットを組み直し

数mずつカットしている自分の様な使い方では絶対的に安い

スーパーファイヤーラインの方が財布には優しい。

毎釣行、カットをしないで使われる方は200m巻で使用しても

良いと思いますが200m巻ラインは値段が少し高くなります。

 

スーパーファイヤーライン VS G-soulX8どちらが良いのか?

スーパーファイヤーラインの強みは波に負けないハリの強さ。

この一言ではないでしょうか?

とにかくハリが強く硬いラインでバックラッシュを

一度も経験したことがありません。

サーフで1.5m程度の波がある日は、ラインスラッグの処理に忙しく

寄る波によってラインがたわむこともありますが、ハリの強さで

最低限に抑えてくれるのがスーパーファイヤーラインの

良い所です。

しかしG-soulX8では経験しない高切れを何度も経験したりも

あったので、現在は

Amazon よつあみ G-soul x8

G-soulX8アップグレードを利用しています。

G-soulX8の良い所は安心感。

コーティングも長持ちするし、ライン自体の品質の良さと言いましょうか

全ての平均値が高い優れたエリートPEラインです。

ルアーも高価になってきているしロストはなるべく避けたいですからね。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2019/5/19

2019シーズン、初ヒラマサ!

2019/05/19    4:30~8:30 風:無風のち爆風 波:凪   磯はガラガラ閑古鳥。 ブリが上がってるのは沖磯渡船。 まぁ釣れてないとなると地磯はこんなものですが、 釣れてないなら、なんとか釣ってやろう! そんな思いとは裏腹に昨日は、爆風に悩まされ、朝マズメは寝坊で逃し そんな感じでは釣れませんよね。 夜暗いうちから磯へ向かう。 ライトを使わなくても磯を歩けるほどの満月。 綺麗と見とれている場合ではなく着いて早々キャスト開始。 すぐに明るくなり、海の状況、鳥の飛び方が今年一の良い状 ...

ReadMore

釣行記

2019/5/18

[釣行記]エサで釣れないのにルアーで釣れるか!

2019/05/18 6:30~10:00 大潮 風:爆風 波:凪 金曜の夕方頃から眠くて眠くて、これは夜寝たら朝起きれないな・・ 起きたら4:30! 急いで準備をして海に向かう。 磯に上陸すると、ボート渡船で渡って来ていた先行者が突然現れ 岸から全く見えなかったのだが、あちらも泳いできた自分にビックリしていて 非常に心の広い方で、「横開いてるから良いですよ!」とお言葉に甘えて 隣で開始!   トップからまずはスタートする。 ルアーが水面に落ちるとジャボン!と大きな音が聞こえ波もほとんどなく 時 ...

ReadMore

その他

2019/5/17

釣り中の海中転落事故でも生存率が2倍になる複数人釣行!

今年も自身、サイトへ訪問して頂いているアングラーの全ての方が 事故の無いよう願っていますが、ふとした瞬間に海中転落は起きます。 突発的に起きる魚とのファイトや根掛かりを外す行為の最中など 予想だにしない事が突然起きます。 ロッドを手にする事でまず、足元に対しての注意力が欠如する。 ロッドやラインを気にするあまり体感のバランスが悪くなる。 足場が不安定なテトラ帯や高い岩の上から転落した際に水の中に落ちても 陸地であっても、どちらも軽いパニック状態となります。 幸か不幸か、自分も高い位置からの転落は在りません ...

ReadMore

ルアー

2019/5/16

ベイトからルアーにターゲットを切り替えさせる!

久し振りに、ダイバーとして活動するヤスが自宅に来ていたので 前回同様、魚の生態、 釣りを辞めてしまってから彼の止まってしまっている釣具のテクノロジー迄 色んな話をしました。 青物(ヒラマサやブリ)の生態をダイバーに聞いて来た!   彼は10年ほど前に釣りは辞めてしまっていたのですが、 まぁ我々と同じように一つの物にハマるととことん追求しかなり無茶もします。 福井県の大型青物スポットの玄達瀬の近くに知人と行き、 どのダイビングペンシルが有効なのか?船の上からルアーをアクションさせて 自分は海中から ...

ReadMore

魚の生態

2019/5/15

青物(ヒラマサやブリ)の生態をダイバーに聞いて来た!

今年、福井県でとことん不発の青物。 唯一釣れてるのは、沖磯だけと・・悲しい結果で 釣り場もガラガラ、それはそれで構わないがショアジギングを楽しんでいる方は かなり少ないですね。釣れるとまた増えるのだが。   自分の昔からの知人にスキューバーダイビングを楽しんでいる者がいる。 そして今はやらないが昔は釣りも楽しんでいたので、 釣りにも詳しく、 彼は沖縄の海で酸素ボンベをカンカン叩いて魚を集めていたら 3mほどのサメの群れに襲われ、素手で撃退した過去を持つ無類の海好き?です。 地元に帰って来ていると ...

ReadMore

-PEライン
-,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.