潮汐

釣りと潮汐(潮汐)魚が釣れる時間帯=そこを通る時間帯

潮汐と釣果に絡んだ話を続けます。

前回の話はこちらから読んでみてください。

釣りと潮汐(ちょうせき)どの潮が一番釣れる?

 

潮汐を元に魚がその釣り場に通る時間に釣行を合わせる

釣りをしていてこんな経験をした人は多いはず。

土曜日AM7:00頃に青物が釣れた。

気をよくして次の日もまた同じ釣場、同じ時間帯のAM7:00頃に釣れた。

この方、実は理に適った釣りをしている。

魚が接岸し岸際に寄るのはベイトを追いかけてと産卵のためでしか岸には寄りません。

そして自分も他の魚に狙われるのを防ぐために敢えて岩場や藻場などを通りエサを探します。

本能と潮上から流れてくる匂いなどにより、エサに在りつけた場所を記憶と呼ぶのか本能と呼ぶのか?

毎日通るようになる。

[釣行記]同じフィールド、同じ時間、同じスポットで釣れる。

 

しかし、潮が変わったり特に気象変化により海が荒れたりすると魚はそのルートを通らなくなるともいわれていて

これも実際に昨日まであんなに釣れていたのに1日間海が荒れただけで全く釣れなくなってしまった経験があるでしょう。

ベイトが沖深くへ移動したことに伴いそれを狙うフィッシュイーターも深場に落ちてしまったなどと表現されます。

そしてベイトと共に南や北で同じように天候が荒れなければ潮汐がひと回りする約2週間程度釣果が出たりします。

SNSなどで釣果を出している方が釣りをしている地域を見てみるとこんな面白い事も分かったりしますよ。

例えば私の住む福井県では春は南の方から釣果が出始める事が多く、大きな天候の荒れが無ければゆっくりと釣果は北へ移動します。

秋は逆の場合もあれば潮流などにも変化されるために、北から南へ釣果が移り変わって行く時もありますね。

 

そしてその時に釣れる魚のサイズで大体の群れの大きさも把握することが出来ます。

青物はサイズが大きくなるにつれて群れを離れ単独行動するようになりますが、

例えば釣れる魚のサイズが大体均等であれば大きな群れと予想することが出来ます。

釣れる魚のサイズが大小バラバラの場合、その群れはあまり大きな群れとは言えません。




魚の群れに関しては、血縁も何も関係無い永久的な物ではなくその場限りのコミュニティー、

エサを追い求め外敵から自分を守るために1匹1匹が群れを形成し自ら逸れていくものもいる。

そしてまた自分と同じようなエサを追い求めている群れに出会えばそこに加わったりしながら成長していく。

 

潮汐を元にSNSでの釣果情報の考え方

話は大きく逸れましたが、青物シーズンに関してはどの辺りに今現在群れが接岸するのか?を考える事で

より良い釣果を求めることが出来ます。

同じ場所で毎週末、全く釣れなくてもそこで接岸を迎え撃つのもそれはそれで面白いが釣果には結び付きにくいです。

SNSで人の釣果をただ凄いなぁ・・と見ているだけでは

情報としては20%です。

もしもその場所が分かったとしても次の日違う時間に行ってるようでは情報としてはマイナスですよね。

よくある情報に踊らされているだけで人が多く自分の思うように釣りが出来なくてイライラして帰るだけ。

そんな思いをするくらいなら、釣れたその日の潮汐は?その時間の潮位は?を画像の光量などから判断して

2週間後のその時間帯にその釣り場の少し北か南へ行った方が釣果が出る可能性は高まりますよ。




実際自分は釣行回数、かなり少なく釣りをしている時間も短い方だと思います。

仕事前、仕事後など釣り場に行く事は無い、週末アングラー。

100%の釣果など出せる人はいませんがそれでもそれなりに釣果は出ます。

少ない休みの中、自分の好きな潮回りに釣りに行くことは普通に仕事をし家庭を持っている方であれば不可能に近いです。

(自宅から数分で釣り場だとかナイトゲームはまた別の話です。)

だからこそ情報を最大限に利用する。

前日釣れた場所に同じ時間に行けないのであれば、違う釣り場へ行った方が良い。

2週間後の同じ潮回りの同じ潮位時刻(同時刻ではなく同潮位時刻)に行ってみる。

 

釣りに行く前から潮汐と干満時間のタイドグラフを眺めてるだけも釣りの一部です。

ぜひ自分の持つ何か所かの釣り場で釣れる潮汐とベイト接岸するタイミングを見極められるようになる

それこそが多く釣果を上げるコツではあるけどそれを探りに行くのも釣り場に立たなければ分からない現実が。

釣れない釣りは無駄にはしないデータとして自分の釣りの一ページとして。

釣具ランキング

2020/11/18

釣具ランキング~2020/11/19

さぁ今年も福袋商戦が始まりましたね! 毎年干支ルアー入りの福袋、ルアー福袋、タックル総まとめ福袋、 価格的には必ずお得なので、カラーに拘りを持たない方には特におすすめです! それとそろそろ、某大手釣り具メーカーから来年に向けて情報が出てくる時期ですね。 最近ではメーカー公式発表よりも開発に関わってる方が個人ブログにて情報を先に出す 一部上場企業に関わってる者がやることではないと思いますけど、まぁなんともくだらないというかお粗末。   来年に向けて、一気に景気減退の兆候も大きく見られ始めてはいます ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/11/10

釣具ランキング~2020/11/10

今年の秋は台風が通過する数も少なく、 雨が降ることはあっても穏やかな秋の日々が続きますね。 相変わらず世間はコロナ騒動で振り回され 未だに月曜日や金曜日を休日とする週休3日としている企業も数多い。 飲食店も予約でまとまった人数が無い日は定休日に 飲食店街は暗く寂しい。   治療薬やワクチンの開発を待つしか無い訳ですが、 結局は自分達のことは自分で守っていくしかないのが現実です。   屋外での楽しみということで釣りを楽しむ人の数も増えていますが 釣り場を守るのも自分達です。 ゴミのポイ捨 ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/11/5

2021年釣り具福袋

2020年、皆さんはどんな釣りライフを楽しめましたか? 今年も多くの話題釣具が登場し、 釣れると話題のシマノから登場した「シマノ セフィアクリンチ フラッシュブースト」は 今でも品薄状態が続くなど欲しいと思っている方は多いのでしょう。   そして年々激しさを増す釣具福袋! 今年もボチボチと登場してきてますのでご紹介していきましょう。 過去にもお伝えしていますが、 釣具福袋は実売価格の約2割引き程度で購入できるので 中身が見える福袋がほとんどの現在、 カラーはアタリハズレがあっても損はしない中身ば ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/11/1

釣具ランキング~2020/11/02

大阪フィッシングショーがオンラインで開催されることが決定しましたが 今後の大規模イベントも数年はオンラインとしての開催になっていくのか? 結局は来年も新型コロナの状況に左右され、 イベント開催予定でも中止になったり、 世の中全体が地に足が付かない状況にならなければ良いですが・・・。   アウトドアブームが継続して釣りも賑わう年になりそうで 今年、材料不足で製造が遅れたメーカーも来年はどんどん新商品を発表して行って欲しいですね。   釣具ランキング~2020/11/01   N ...

ReadMore

釣りに使える便利グッズ

2020/10/31

シマノ2021年魚拓カレンダー受付開始!

今年も残すところ、あと2か月。 釣れても釣れなくても、記録更新してもしなくても 満足できる釣りが出来れば、また来年健康に釣りが楽しめればそれで良いのです。 すでに釣りシーズンを終えた方もいれば、真冬でも釣りに行く方もいるでしょう! そして釣りのモチベーションを上げる「シマノ魚拓カレンダー」が今年も受付を開始しました。 2021年の表紙は眼張魚(メバル) 1月:真鯛【マダイ】 2月:平鱸【ヒラスズキ】 3月:鮃【ヒラメ】 4月:へら鮒【ヘラブナ】 5月:伊佐木【イサキ】 6月:鮎【アユ】 7月:白鱚【シロギ ...

ReadMore

-潮汐
-,

© 2020 The firstone