個人的な思い

「読むとばかになる」と言われていた「釣りキチ三平」が秋田空港のレリーフに!

投稿日:

当時は「読むと馬鹿になる」と言われていたんですね。

釣りキチ三平。

魚を追い求め、釣りにハマり勉強をしなくなると思った

親達がそう子供に言っていたのでしょうか?




自分はリアルタイムで釣りキチ三平を知っているわけでは

ありませんが、

小さい頃から散髪屋さん、喫茶店、病院の待合室など

どこにでも置かれていた漫画で記憶は曖昧ですが

全巻、目を通しています。

型破りな釣り方や、自由本望、こんな純粋な少年は今では考えられず

周りに登場する人物たちも、魅力的で

時代は変われど、1匹を追い求める三平の思いは

昔も今も変わらない。

そんな釣りキチ三平が陶板レリーフとなり秋田空港の出発ロビーに設置され

レリーフは縦3.5メートル、横6.7メートル。

主人公の三平と、その周りを元気に泳ぐヤマメの群れ、

背景に鳥海山を描き、秋田の自然を表現。

釣りキチ三平を読むと今でも、小さい頃に父親と夢中になっていた

釣りの事を思い出します。

今ではルアーフィッシングしかやりませんが

当時は練り餌にサツマイモなど色んなものを混ぜて

メーターオーバーの巨鯉を狙い毎週のように

川に足を運んでいました。

練り餌の匂い、餌を投入し、ジッと竿先に集中していたあの日

あの頃の自分は大人になっても釣りをしているとは想像にもしていなかった。

今では、1匹の魚を追い求め

バカになりたくて釣りの事を考え釣りをする日々・・・・・。

大人になってもバカになれる時間を持てるのは人生が豊かになりますよ!

あなたも「釣り」始めてみませんか?




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

釣行記

2019/8/12

磯マル乱舞!ここは釣堀か!!

2019/08/11 AM4:30~6:30 風:無  波:1m   暗いうちから磯へ。 波が高くて磯の先端にまで行けず、辺りには波が砕けて出来る霧の様な白い空気が漂う。 まだ暗いが1投目からヒット! ラインがフッと軽くなる感覚でエラ洗いしているのが分かる。 波が足元で炸裂し、ラインがギギギギっと岩に擦れているが真っ暗なので何もわからない。 なんとか磯際付近まで寄せたけど波が高すぎてかなり危険と思っていたら 魚が岩の間に挟まりロック!! 降りようかと思ったが、「行くな!」と声が聞こえた気がした。 ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/11

釣具ランキング~2019/08/11

本日は20万人が押し寄せる三国花火です! 会場は有名一級スポット「雄島」にかなり近いエリア。 明日は魚が釣れるか?楽しみですね~・・・。   それにしても今年、磯マルはワラワラ沸いてるし、沖の方ではヒラマサが大爆釣だそうで 9月が楽しみですね~!   釣具ランキング~2019/08/11   No.1 ジャンプライズ ポポペン   No.2 ポジドライブガレージ スウィングウォブラー   No.3 シマノ コルトスナイパーSS   No.4 シマ ...

ReadMore

魚の生態

2019/8/10

最強の男VS最強の魚!

今回は爆笑必死のファイト動画です。 ファイトする魚は、『ゴリアテ』 日本ではタマカイと呼ばれている魚ですが、度々モンスターの様なサイズが釣り上げられています。 アベレージサイズが約2m、最大記録で3mとも400㎏ともいわれる魚で 人を襲った記録としては残ってないそうですが、 オセアニアの一部には「タマカイはダイバーを丸飲みにしてしまう」と恐れられている。   最強の男VS最強の魚 今回のタマカイ(ゴリアテ)とファイトする3人は アームレスリングチャンピオン、ウェイトリフティングチャンピオン、フィ ...

ReadMore

-個人的な思い
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.