海のゴミは最終的にどこに行くの? 海のゴミ問題

宇宙開発に関わる連邦機関[NASA]

実は宇宙に関する事だけを研究しているわけでは無くて

環境の事や生物の事なども莫大な費用を元に研究しています。

そのNASAが発表している、

海に浮かんでいる浮遊ゴミはどこに流れていくのか?を見て

これは将来起きると言われている、水を奪い合う戦争と共に

ゴミを流して環境破壊するな!と訴える国が出てきそうな程

衝撃的な結果ですね。




 

世界のすべての海域に浮かぶ観測用のブイ。

2lo

そして1990年の海に流れているゴミ。

2hnn

まだ量は驚くほどではない。

しかし2000年頃になると・・・・

2klk

既にこの時点で海のゴミの量は数倍に膨れ上がっている。

そして2013年ごろ

2kkk

数倍どころか数十倍?程に拡大。

プラスチック製品が普及したころから海の浮遊ゴミも増えたのでしょう。

手の付けられない状態です。

日本海で釣りをしていても、地元の河川から流れてきたと思われる

日本で販売されているお菓子やペットボトルのプラスチックごみ、の他に

ハングル語で書かれたゴミも当然多いですが、裏を返せば

日本語表記の日本から出たごみが世界のあちこちへ流れて行ってるわけです。

ゴミで戦争が起きるとは思わないが、言語表記でどこの国から流れ出たかは

一目瞭然ですね・・・・・




そして1985年から始まった観測の35年後の2015年。

5つの海域にゴミが溜まってしまう事が分かっています。

2ww
NASA Scientific Visualization Studio

日本を中心で考えるとアメリカ西海岸沖にゴミは流れています。

先日お伝えした ペットボトルで埋め尽くされる東京の河川この画像の

プラスチックごみは、やがて海へ出て海流に乗ってアメリカ西海岸へと

到達していくのです。

これが自然界では分解されないプラスチックごみの脅威。

まずは身の回りのゴミはゴミ箱へ捨てる事から始めるしかありませんね。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

プラスチックスープの海 北太平洋巨大ごみベルトは警告する
価格:2052円(税込、送料別) (2016/9/12時点)

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-その他
-