ショアジギングに必要な物・あると便利な物

2017/09/11

4月が近づけば回遊が期待できる青魚。

ショアジギング「陸からルアーを遠投して大物を狙う」

サーフや磯へ行かれる方が多く、そんな時にあると便利な物をまとめました。

 

 

ショアジギング必要な物

 

 

ロッド・リール・安全装備

釣り竿が無ければどうしようもないわけだが、

安い物では1万円以下~6万円までと選択肢は多い。

取り敢えず始めてみたい方には

こちらの記事を参考にしてみてください

2万円で揃えるサーフショアジギング道具

 

魚をしめるフィッシングナイフ・クーラーボックス

 

こちらも青物シーズン必需品

釣れた魚を〆て血抜きをして持ち帰ると

青魚特有の臭みが身に沁みつかないし

歯応えも変わってくる。

しかしナイフは持ち歩くと危ない為に

折り畳み用のナイフが望ましい。

 

その場で魚をさばくわけではないので

切れ味を求めるものでは無いし、それよりも

安全性を求め折り畳み式で軽量な

スミス&ウエッソン・折り畳みナイフ一覧

 




 

魚の保管・クーラーボックス・麻袋

クーラーボックスはタイヤ付きもあるが

平坦な堤防を歩く分にはいいけど

サーフや磯の凹凸がある様な所を運ぶとなると

タイヤが埋まったり逆に不便だったりもする。

それと大きなクーラーボックスは何より金額が高い!

保冷効果が良いので高価なのは仕方ないが、朝マズメのみや

数時間程度の釣行であれば、

麻袋・砂袋を使っている方が多いですね。

青物シーズンオススメクーラーBOX

 

その他ショアジギングの必需品

 

フィッシュキャッチャー 

海の魚は歯が鋭い魚が多く素手で掴んで噛まれて

怪我をする場合もあるので必ずフィッシュキャッチャーを使用しましょう。

安い物では1,000円程度から30,000円もするものもあるが

価格は耐久性に比例します。

安い物は魚は掴めるけど数回で口が開く様になったり

ばねが引っ掛かったりもする。

フィッシュキャッチャー一覧

 

ロッドホルスター 

サーフでちょっと両手が使いたい時に下にロッドを置くと

リールが砂まみれになり異音や砂噛みの原因となる。

そんな時に便利なロッドホルスター。

見た目もカッコよくあなたもジェダイの騎士?

ロッドホルスター一覧

 

軍手

魚を〆る際に必要な軍手。

使い捨て出来るし、魚も滑らなく血抜きする時など

ナイフでの怪我も防げます。

新聞紙 

とにかく車に積んでおけば何かと便利。

汚れない様に道具の下に敷いたり、ウェーダーの湿気取り

何にでも使える!

大量に車に積んでおくことをお勧めします。

 

ビニール袋

魚を〆た後クーラーボックスに直接入れると

臭いや血が滴り洗うのが大変。

そこで家庭用ゴミ袋として販売されている物は大きく

安いので、血抜きした後はゴミ袋に包んでクーラーボックスへ入れると

帰ってからの後始末がはかどります!

 

春・秋シーズンの回遊魚を狙ったショアジギングは

あまり難しくなく、魚の回遊があれば初心者でも楽しめる釣りです。

しっかりとした安全装備を付けご紹介した道具を揃えて

楽しい釣行を!

もしかすると、とんでもない大物が釣れるかもしれませんから!!

 

ライトショアジギングを楽しもう!

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-釣りに使える便利グッズ
-, , ,