ショアジギング

2万円代で揃うショアジギングタックル

投稿日:2016年5月7日 更新日:

まさかの?大物との引きも楽しめるし、食べても美味しい

青物と呼ばれる魚達。

サーフなどにはこのシーズンしか釣りをしない人もたくさん訪れ

賑わっています。

そこで普段あまり釣りをしない人はどんな道具を揃えればよいのか?

今回は厳選してご紹介します!

ショアジギングタックルは1万円じゃ全部は無理、2万円頑張ろう

まず1万円でご紹介しようかな?と思いましたが、

ロッド、リール、ライン、ルアー、その他小物を1万円では厳しい。

ワゴンセール品価格のリールは小さな魚を何匹か釣るのには

問題ありませんが、

それなりのサイズの魚を何匹か釣ったり、重めの

メタルジグなどを使用していると直ぐに、

リールから異音、ザラツキ感、ゴリゴリ感が発生します。

値段相応の素材、使用パーツ数の少なさで価格を抑えてあるので

仕方ありません。

そこで何とか2万円代で揃うタックルの紹介をします!

 

ロッド

 

魚の強烈な引きを吸収してくれるロッド

サーフで魚が釣れた場合、横に走るので、底に潜る事は基本的に無い為に

ロッドの硬さは何gのメタルジグをキャスト出来るのか?を優先に

60gまで背負える「MH」選びました。

ロッドの長さに関してはサーフの場合長くないと波打ち際でのやり取りで

魚の重さ+巻き返す波の力を長さで吸収させる理由と

長い方が飛距離が出せる事から「10ft」以上の長さをを選択。

ルアーを背負えるMAX重量は60gです

 

リール

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ(SHIMANO) 16 ナスキー 4000XG 03576【あす楽対応】
価格:8998円(税込、送料別) (2018/8/24時点)

 

リールは安物を買ってしまうと、安物買いの銭失い、

ライントラブルで釣れるチャンスを逃してしまう事も。

何とか1万円程度でドラグ性能がしっかりしている物を・・・・

「シマノ・ストラディックSW」・・・と行きたいところですが

ロッドとリール、これで2万円程ですね、かなり厳しいですが・・・・

メタルジグに関しては今回は割愛します。




必ず着用、安全装備ライフジャケット

そして忘れてはいけない安全装備類。

ウェーダーは波打ち際での濡れることを防ぐものなので、

必ず買わなくてはいけない物ではありません。

勘違いされる方が多いですが、波打ち際で濡れることを防ぐ物であり

ウェーダーは安全装備とは言えませんし、履いてるから水の中に入るのは

大間違いです。

対照的にライフジャケットは必須です。

あなたが日本一、プールでの水泳が上手くても海では予測不能の波が来て溺れます。

その「もしもの場合」を救ってくれるかも知れない装備が

ライフジャケットです。必ず着用して釣りをしましょう。

ポケットなども付いているのでルアーBOXを入れたりスマホを入れたり

釣りをする上で最も大事なものと認識してくださいね!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PROX フローティングベスト ネイビー (ライフジャケット)
価格:4000円(税込、送料別) (2018/8/24時点)

 

残金3,000円程・・・・・・

後必要なのは釣れた魚を掴むフィッシュキャッチャーと

フックを外すプライヤーが必要ですね。

ヒラメやサゴシは牙が鋭くカミソリのように切れます、

他には毒があるオニカサゴなども釣れたりする場合があるので

釣れた魚のフックを外す時は道具を使いましょう。

 

 

 

この他にリールに巻くPEライン、ショックリーダー、スナップが必要ですが

これで約20,000円台ギリギリでしょうか?

まず初めるにはコスパ優先でも3万円近く掛かってしまいます。

もっと安い商品もありますが、ライントラブル等を少なくする上では

この辺りが妥当です。

ルアーを購入すると3万円を超えてしまいますが・・・・・・

釣りをする準備は整いました。

後は釣るだけです!

魚とのファイトも楽しめる、食べて良しの青物釣りを

サーフから楽しく安全に味わってください!

エギング

2019/8/23

ショアジギングタックルでエギングやってみた!

普段磯に行く際は、ヒラマサを捕ることが出来る「ショアジギングタックル」 これ一本で全てを行っています。 テンリュウ・パワーマスターショアジギングロッドインプレ エギングタックルの様な軽さも当然ないし、重さとの勝負ですが エギをアクションさせる際のロッドアクションも 着底からの1発目は何とかテンションを保ちつつダートしたりするが、 以降はエギが軽すぎラインが巻きとられる惰性で 「フワッ」と浮き上がる様なアクションしかしない。 ほとんどリールを巻くエギング。   アクションさせる際、ロッドグリップが ...

ReadMore

エギング

2019/8/22

スタイル別に便利なおすすめエギケース&バッグ

雨が降ると水温が低下し夏シーズンはあっという間に過ぎ去っていきます。 変わりに始まるのがエギングシーズン。 9月中旬以降になるとアオリイカ新子シーズンスタートです。 今年も各メーカーからエギがたくさん新発売されますが、 エギを収納する便利なエギングケースをご紹介します!   便利なエギ収納ケース ランガンに便利なエギケース 漁港内や、磯場などのポイントを少しずつ移動しながらアオリイカを狙うスタイルの方には 機動性を損なわない軽く小さなエギケースをお勧めしたい。   [シマノ セフィアエ ...

ReadMore

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

釣行記

2019/8/12

磯マル乱舞!ここは釣堀か!!

2019/08/11 AM4:30~6:30 風:無  波:1m   暗いうちから磯へ。 波が高くて磯の先端にまで行けず、辺りには波が砕けて出来る霧の様な白い空気が漂う。 まだ暗いが1投目からヒット! ラインがフッと軽くなる感覚でエラ洗いしているのが分かる。 波が足元で炸裂し、ラインがギギギギっと岩に擦れているが真っ暗なので何もわからない。 なんとか磯際付近まで寄せたけど波が高すぎてかなり危険と思っていたら 魚が岩の間に挟まりロック!! 降りようかと思ったが、「行くな!」と声が聞こえた気がした。 ...

ReadMore

-ショアジギング
-, ,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.