ショアジギング

日本海側ショアジギング時期や釣れる魚は?

投稿日:2018年9月14日 更新日:

日本海側は干満の差こそ太平洋側と比べて小さいが

水温が冬と夏では大きく変わり

溶存酸素量に富んだ海水が魚を大きく育てます!

時には大きな青物が釣れるチャンスも訪れる

『ショアジギング』

ショアジギングは出勤前だけ楽しむ方や

回遊を期待してゆっくりと一日楽しむ方まで

様々ですが、旬の青物を釣り上げれば

強烈な引きも楽しめ、釣り上げた魚も美味しい。

ルアーフィッシングで初心者の方も

比較的簡単に魚と出会うことが出来る釣りです!

 

日本海のショアジギング時期、釣れる魚

 

日本海 春のショアジギングは

九州は4月頃、

私の住む福井県辺りでは

例年5月のゴールデンウィーク明けが

最も青物回遊の確率が高くベイト状況にもよりますが

6月中旬頃までがシーズンとなります!

 

対馬海峡を通り日本海へ流れる対馬暖流に乗って

南から暖かい水温を運ぶ。

春や秋は南の方の釣果が上がると

徐々に北へ移動して回遊することが多く

自分が入りたいフィールドの

北で釣れているのか?

南で釣れているのか?

情報として把握しておく必要があります。

 

日本海ショアジギングで釣れる魚

春・秋シーズンは

ヒラマサ、イナダ、ハマチ、シオ

メジロ、サゴシなどの青物がメインで釣れます。

また稀に夏の終わりから秋にかけては

ショアジギングで真鯛が釣れたりと

多くの魚種で海は賑わいます。

 

夏シーズンに入るころメインの青物が沖に抜けると

ヒラゴと呼ばれる40~60cm程度のヒラマサや

キジハタ、カサゴなど根魚が良く釣れるように。

サーフではヒラメやマゴチが釣れます。

(夏はマゴチメインのフィールドが多い)

 

 

日本海ショアジギングで釣果を狙うタイミング

日本海は北寄りの風が強く吹き付けると

海は荒れて釣りが出来ない状況に。

冬は陸地の方へは魚も寄らない為に

ショアジギングは12月いっぱいまで。

基本的には春、夏、秋だけのシーズンとなります。

 

ショアジギング春シーズン

春は三寒四温、

春先は寒い陽や温かい日が交互に繰り返されますが

風が吹くと表面水温は低下するために

魚は沖の深い位置へ落ちてしまいます。

1週間程度安定した気温が続く晴れの日に

青物など回遊が広く見られるので

週間天気予報で晴れマークが続いた

潮回りが大潮・中潮の日はチャンスになることが!

朝マズメよりも陽が上がり水温が昇ってくる日中も

青物回遊が多い。

 

ショアジギング夏シーズン

青物が抜けた後に良く釣れるのは

根魚やマゴチなどの海底で生活する魚達。

夏は陽が昇りきらない朝マズメ、

陽が落ちる少し前の夕マズメに釣果が良いと考えがちですが

日中暑いから釣り場に長時間立っていれるか?が問題なだけで

根魚もマゴチも日中よく釣れます!

磯ではヒラマサの小さなサイズのヒラゴが

ファイトを楽しませてくれる。

 

ショアジギング秋シーズン

夏に小さかったヒラマサが大きくなり青物が

9月から釣れ始め

アオリイカシーズンと被るので

磯や堤防は釣り人で満員御礼に!

釣れる魚すべてのサイズが1年で一番大きくなるシーズンですが

毎年回遊する場所も違えばサイズも変わるので

昨年よく釣れた場所でも今年は釣れないなど、

同じ場所で回遊を待つよりも

大きく移動しながら魚を探した方が圧倒的に釣果は良くなる。

青物はそこにいれば釣れる魚なので、

小場所でもベイトを追ってそこにいれば割と簡単に釣れるシーズンです。

特にサゴシの様な近年、日本海側で大量に湧いている魚は

回遊魚でありながらベイトがいれば

暫くその近辺を回遊ルートにするので釣れ続く事もあるが

メジロ・ハマチ・ヒラマサなどは回遊ルートを外れると

秋シーズンなのに全く釣れない!状況になることも。

 

ショアジギング冬シーズン

12月は日本海側特有のベイト

『ハタハタ』を追って良いサイズのシーバスが乱舞する

「ハタハタパターン」がある。

12月に雷が鳴ってミゾレが降る頃がベストシーズン。

青物や他の魚は春まで釣れなくなり(一部地域は別)

長い冬が訪れる・・・・。




ショアジギングに潮目は最重要!朝夕マズメじゃなくても釣果が出る

ショアジギングのチャンスタイムは

ベイトとなる小魚が最も接岸するマズメ意外に、

陽が登ってからでも

沖からベイトを追いかけてくるタイミングさえあれば

多くの釣果を出すことが可能です。

そのタイミングは

潮目

水面に油のような膜を張った川の流れのように見える潮目は

ショアジギングを楽しむ上で最も狙うべきポイントになります。

 

日本海側、特に北陸より北は

冬シーズン1~4月頃までは海に人影も少なくなり

波が高くなる日も多い為、

ショアジギングをやってる人は

殆ど見かけなくなります。

この時期になると餌でカレイを釣ったりする釣り人はいるが

日本海側、ルアーで魚を狙えるのは休業状態です。

春になるのを待ちましょう!

 

ショアジギングでサイズを狙うのであれば磯へ

手軽に楽しみたいのであれば、堤防やサーフで

ショアジギングを楽しんでくださいね!

ショアジギングに必要な装備は?

 




釣行記

2019/7/15

寒い海の日・・・

2019/07/15  4:30~8:30 中潮 風:強い  波:0.5m   自宅から外に出るとそよ風より強いくらいの、少し肌寒く感じる空気が夏を感じさせない。 ここ数年で一番肌寒い海の日となりそう。   もちろん海には街で吹いている風の倍くらい強い。   完全にこの1か月間ベイトの付き場も回遊ルートも不明に。 珍しく3か所回って見たが、どこもイマイチだったが キジハタポイントで外したのが痛かった・・・・・。 毎キャスト釣れるようなキジハタマンションだったのに住人は留守なの ...

ReadMore

その他

2019/7/14

釣り中に勝手にアレをやってくれるものから魚の匂いを取ってくれて速攻乾かしてくれるアレまで!

人間には24時間と1日として行動できる時間は限られている。 何かをやっている間に別の事を人かテクノロジーがやってくれることに 人は対価を払って生きている。 全てがそうなっている。 車・・・早く遠く目的地に到着するために車を買う 飛行機・・より早く遠くに到着するために航空チケットを買う 掃除機・・ホウキや雑巾をかける手間を短縮して綺麗にするため掃除機を買う IH調理器・・早くお湯を沸かしたり料理を早く作る為にIH調理器を買う 乾燥機・・早く衣類を乾かす為に乾燥機を買う 全てが時間です。 車を買いたくないなら ...

ReadMore

釣行記

2019/7/13

[釣行記]落ちない波・・・

2019/07/13 9:30~11:30 若潮 風:微風  波:1m   記事自体が久し振りの更新となってしまった。 追われる仕事と追わなければいけない仕事と、2つともタイミングが重なると とてつもない労力が必要になり体力が持たない。 どれも今後の為なので、逃げる訳にもいかず・・・   まぁ釣りに行く為に仕事を片付けてたという事です! 朝からは波が落ちる予定を見たので、朝までゆっくり就寝。 そして海へ。 また磯の方は釣果が落ちているので相変わらず人はいない。 そんな事関係なく、行ける ...

ReadMore

PEライン

2019/7/10

「セフィア8」低価格エギング専用PEライン!

シマノからタナトル、ピットブル、オシア、シリーズに続き エギング専用PEラインとして 『セフィア8』が発売されます。 エギング専用ラインとしては「セフィアG5」もありますが 低価格を推したエギング専用PEラインとしての発売です。 セフィア8、低価格PEラインとしてのエギング専用PEライン シマノから発売のタナトルシリーズやピットブルシリーズは 低価格にスポットが当たる製品ですが、 タナトル8に関しては自分も使用しインプレッションしています。 シマノPEライン タナトル8「使用5か月の使用感」   ...

ReadMore

個人的な思い

2019/7/9

1匹との出会いを求めて・・釣りは感動を呼び起こす!

人間と動物との大きな違いは、感動出来る事です。 その感動は、 喜びで笑みが止まらない感動だったり 嬉しくて涙が止まらない感動だったり 歓喜のあまり手足の震えが止まらなかったり 釣りで感動を味わえる時に多く訪れるのが 「手足の震えが止まらない感動」 なぜだか分からないが、目標としていた魚を釣り上げた時にそれは訪れる。 自分も何度か手足が震えるくらい釣り上げた魚に感動したことがある。 映画を見て感動したり、家族の成長を見て感動したり、恋人やご夫婦での愛を感じたり それとは釣りにおける感動はちょっと違う気がしま ...

ReadMore

-ショアジギング
-, , , , ,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.