ショアジギング

ショアジギング、メタルジグの効果的な使い方!

投稿日:2019年4月12日 更新日:

青物回遊を狙い仕事前や、仕事後など短時間でも楽しめるショアジギング。

ジョギングに言葉が似ていますが、ショア(岸)で行うジギングゲームのことです。

基本はメタルジグを使った早いテンポでの釣りが主体で私個人はショアプラッキングゲームも含めて

青物を岸から狙う釣りをショアジギングと分かりやすくお伝えしています。

ショアジギングでも良く使われるルアーが

鉛・タングステンなど鉄の塊で作られたメタルジグ。

ショアジギングオススメ記事や使い方

 

メタルジグを販売しているメーカーに多く書かれている

「タダ巻きでも釣れる!」

タダ巻き=誰でも釣れる・・・簡単。

このような表現だとは思いますが、メタルジグをタダ巻きするシチュエーションであれば

巻く事でアクションするミノーや、よりゆっくり巻きたければシンキングペンシルを使う方が効果的です。

強いて言うのであればメタルジグをタダ巻きするシチュエーションは高速で巻くことでリアクションバイトを狙う時以外

ダラダラ巻くだけは何の効果も無い時が多い。

メタルジグはタダ巻きするよりも縦の動きに特化されたルアーと捉えてアクションさせた方がより多くの釣果にも結び付きます。




 

メタルジグを使うメリット・デメリット

メタルジグのメリット

  • ベイトが小さい時のマッチ・ザ・ベイト
  • 小さくても飛距離を出せる
  • ボトム着底迄早く、速い展開の釣りが出来る

メタルジグのデメリット

  • 基本縦のアクションに特化されて横の動きは速巻き以外アピール不足
  • サイズを長くすると重くなり専用ロッドが必要になる

メタルジグにはこの様なメリット・デメリットがある。

 

メタルジグの基本的な使用方法「ワンピッチジャークとリフト&フォール」

メタルジグは殆どが縦の釣り、フォールさせてボトムや中層まで落としてから

ロッドアクションで細かく、又は大きくジャークさせては落としジグザグに水中を切るような釣りです。

各メーカーのメタルジグ、ウェイトバランスの違いやフォルムの違いでフォール姿勢に変化があったりフォール速度に違いが出たり

同じような形に見えても水中では変化がある。

メタルジグだからボトムまで落としてからロッドアクションをするのではなく

ボトム付近を細かく縦に切りたい時はロッドを低めに構え、表層付近を細かく刻みたい時にはロッドを立ててアクションさせます。

 

[ワンピッチジャーク]

ワンピッチジャークは、ロッドアクションと同時に1回リールを巻く

ショアジギングのメインとなる操作ですが、これだけでも速さと幅を変える事で何パターンもアクション出来ます。

その動き+フォールさせることで狙いたいレンジを縦に細かく刻んだり、フォール時のバイトを誘うことも可能。

シマノH.P

 

[リフト&フォール]

サーフなどでヒラメやマゴチ、水深が深い位置での青物を狙う際にも効果的なリフト&フォール。

名前の通り、リフトしてフォールさせるだけですが

リフトさせた際にロッドを下げながらメタルジグをフォールさせラインに掛かるテンションをフリーにする方法と

ラインにテンションを掛けたままフォールさせるテンションフォールの2つがあります。

こちらもメタルジグを縦に操作しますが、フォールで見せてバイトを誘う、”フォール”がとても大事なアクションです。

リフト&フォールをより縦に細かく細かく刻むショア&スローと呼ぶ方法もありますがフォールで見せてバイトを誘う方法は同じです。

ショアジギング「ショアスローで青物も根魚もヒラメも!」

 

 

ショアジギングでメタルジグの釣りが上手い方は、同じジグを使う時間の中で色んなアクションパターンで

ヒットを狙い、その日どのアクションパターンが最もバイトを誘うかで1匹しか釣れない人と何匹も釣りあげる人の差が生まれます。

他にもいろんな動かし方がありますが、この動かし方だと多く釣れるのではなく

その日、その時間で何パターンも試して探る事!

 

青物があまり釣れない人のロッドアクションを見ていると、しっかりとロッドとリールを動かすタイミングが取れてない人が多く

メタルジグがダラ~っと動いてはフォールしての繰り返し。

しかしこのアクションだと良く釣れるのがサーフのマゴチや根魚。

どれが正解など無い釣りの世界の面白い側面でもありますね。

フィールド、狙う対象魚によって反応するアクションは自分の経験値として

より多くの魚と出会えるチャンスも増えます。

その為に、メタルジグのフォールスピードやロッドアクションの幅でどれくらいのレンジを刻めるのかは

フィールドで感覚として養うしかありません!

ぜひ自分だけのメタルジグ青物攻略法や、ヒラメ攻略法など見つけてみてください。

使い易いおススメのメタルジグを少し並べておきますね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ コルトスナイパー ロング JM-606R 60g 03T パープルカタクチ【ゆうパケット】
価格:1089円(税込、送料別) (2019/4/11時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーナー 撃投ジグ レベル 40g 20(ピンクゼブラ/グロー)【ゆうパケット】
価格:875円(税込、送料別) (2019/4/11時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルティバ 撃投ジグ ウルトラスロー 60g
価格:864円(税込、送料別) (2019/4/11時点)

楽天で購入

 

 

 




エギング

2019/8/23

ショアジギングタックルでエギングやってみた!

普段磯に行く際は、ヒラマサを捕ることが出来る「ショアジギングタックル」 これ一本で全てを行っています。 テンリュウ・パワーマスターショアジギングロッドインプレ エギングタックルの様な軽さも当然ないし、重さとの勝負ですが エギをアクションさせる際のロッドアクションも 着底からの1発目は何とかテンションを保ちつつダートしたりするが、 以降はエギが軽すぎラインが巻きとられる惰性で 「フワッ」と浮き上がる様なアクションしかしない。 ほとんどリールを巻くエギング。   アクションさせる際、ロッドグリップが ...

ReadMore

エギング

2019/8/22

スタイル別に便利なおすすめエギケース&バッグ

雨が降ると水温が低下し夏シーズンはあっという間に過ぎ去っていきます。 変わりに始まるのがエギングシーズン。 9月中旬以降になるとアオリイカ新子シーズンスタートです。 今年も各メーカーからエギがたくさん新発売されますが、 エギを収納する便利なエギングケースをご紹介します!   便利なエギ収納ケース ランガンに便利なエギケース 漁港内や、磯場などのポイントを少しずつ移動しながらアオリイカを狙うスタイルの方には 機動性を損なわない軽く小さなエギケースをお勧めしたい。   [シマノ セフィアエ ...

ReadMore

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

釣行記

2019/8/12

磯マル乱舞!ここは釣堀か!!

2019/08/11 AM4:30~6:30 風:無  波:1m   暗いうちから磯へ。 波が高くて磯の先端にまで行けず、辺りには波が砕けて出来る霧の様な白い空気が漂う。 まだ暗いが1投目からヒット! ラインがフッと軽くなる感覚でエラ洗いしているのが分かる。 波が足元で炸裂し、ラインがギギギギっと岩に擦れているが真っ暗なので何もわからない。 なんとか磯際付近まで寄せたけど波が高すぎてかなり危険と思っていたら 魚が岩の間に挟まりロック!! 降りようかと思ったが、「行くな!」と声が聞こえた気がした。 ...

ReadMore

-ショアジギング
-, , , ,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.