ショアジギング

「ショアジギング」青物シーズンオススメ・メタルジグ4選

4月・9月に入れば海は荒食いモード。

青物シーズンの到来ですね!

ハマチやメジロ、もしかするとブリなどもショアから釣れるかもしれない

この時期にオススメなのがメタルジグ。

広範囲を探り、レンジもボトムから表層まで簡単なロッドアクションで

誘えるメタルジグを説明しながらご紹介します。

 

ショアジギで使われることの多い30~60g

一般的に多くショアジギングで使われる

メタルジグのサイズは30g~60gの重さですが、

(磯で大型青物を狙う際はもっと重い物も使う)

飛距離も重いほど飛びますが、

それよりも

海の状況を判断して重さを変える場合が多いです。

凪の日や潮の流れが弱い日であれば30gで十分ですが、

少し荒れた日などには潮の流れも当然早い。

 

メタルジグはキャストした後に

しっかりとボトムに着底してから使うので

潮の流れに負けてしまう重さではとてもやり辛く

メタルジグもしっかりとアクションしない。

 

その他にはメタルジグの最大の持ち味のフォール。

フォールのスピードもジグによって様々で

ユラユラゆっくりフォールする物もあれば、

キラキラ細かく早くフォールする物も。

元々ショアジギングでメタルジグを使う理由は

比較的高活性な魚にアプローチする為で

速い展開での釣りが出来る事が特徴ですね!




 

メタルジグで青物を狙う場合

春と秋シーズン高活性な青物はベイトを追いかけ回すと

何のルアーを使っても釣れる様な状況は別として、

ナブラは沸くのに釣れない場合も存在する。

そんな時はレンジを変えるか

メタルジグのサイズを変えるのが効果的です。

 

青物にはリア重心のメタルジグ

イナダやワラサ、メジロなどをショアジギングで狙う場合ジャカジャカ

同じピッチでジグを動かすアクションに良く反応します。

途中でイレギュラーなアクションを加えても良いですが、

高活性であればあるほど速い動きのアクションに反応します。

リア重心のメタルジグを使うもう一つの理由に、

兎に角、リア重心は飛距離が出る為!

 

そんな時フォールスピードが遅い物よりもフォールの速い

リアバランスの「激闘ジグ・エアロ」をオススメ!

短い感覚で大きくアクションし飛距離は文句なしに飛びます。

青物シーズンには欠かせない。

このメタルジグで何匹青物を釣ってきたことか・・・・。

 

 

リアバランスの「闘魂ジグ」 こちらも個人的に実績かなり上げています!

闘魂ジグは速い動きも出来るがミディアムテンポのロッドアクションでも

細かいヒラヒラフォールをしながらアクションしてくれます。

速い動きに着いてこれない魚を狙うイメージで使ったりすると効果的!

青物以外にも、ヒラメ・マゴチなどのフラットフィッシュや

根魚などもフォールアクションにたまらずバイトしてくることが多い。

価格も安い!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダミキ DAMIKI 闘魂ジグ Core 30g キャスティングジグ オープン
価格:612円(税込、送料別) (2018/8/24時点)

 

 

青物もフラットフィッシュも狙えるメタルジグ

 

青物だけでは無くてベイトが豊富な春や秋シーズンはヒラメもメタルジグで狙えます。

青物は早いアクションで狙うがヒラメの場合は

フォールを如何に広範囲に見せるか?が肝心。

「スローブラットキャストスリム」は青物にもヒラメにも効果的で

ショアスローといってあえてスローに誘うメタルジグを使った釣りは

活性が下がっている追いきれない魚に対してとても有効な時があります。

 

激しくロッドをアクションさせる釣り方とは180°違い、

リーリング主体⁺ロッドティップの反動でジグをアクションさせます。

1秒に1回ほどのリーリングでなるべくジグの移動距離を少なくする。

 

 

メタルジグなのにスイムする「バンジーショット」

こちらはメタルジグなのにリーリングするだけでスイムする

「バンジーショット」

ヒラメはもちろん青物がボトムに張り付いて中層より上のレンジでは

全く反応しない時があります。

 

そんな時にはボトム近辺のレンジを崩さずにアピールしたいが

よりベイト感が出せるスイムアクションが出来るメタルジグは少ない。

バンジーショットは別名「スイミングペンシル」とも言われ

リトリーブするだけでシンキングペンシルの様なユラユラアクションをしながら

一定のレンジをキープする事が可能ですね!

尚且つ飛距離は抜群でフルキャストしなくてもぶっ飛びます!

 

 

今回は青物シーズンを前に4種のメタルジグ・・・・・

青物だけではなくヒラメなども狙えるものを紹介しましたが、

魚が高活性に入るこれからのシーズン、どれだけ魚が高活性になろうが

隣でポコポコ釣れてるのに「自分は全く釣れない」なんて時もありますが

きっと魚の好むアクション、レンジ、ルアーサイズが合ってないのでしょう。

この4種のメタルジグがあれば、アクションも様々、レンジも全レンジ効果的に狙えますよ!

それとメタルジグを利用した釣りは、

朝マズメだけ勝負や夕マズメだけ勝負と

あまり時間が無い方にもおススメだったりします。

速いテンポで出来る釣りなので、春秋シーズンおすすめですよ!

 

そしてガチタックルで青物を狙う方は

既に多くのメタルジグを使っていると思うし

マズメ時にはトップで勝負している事でしょう!

しかしバイトはあるけど乗らない・・・・・・・。

そんな時こそ、ライトタックルに持ち替えて

トップで乗らない時こそメタルジグで

「時には早く、時にはゆっくりフォールで」

誘ってみるのもより釣果に結び付くチャンスになったりもしますからね。

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2021/2/19

釣具ランキング~2021/02/19

一気に10度以上の日が続いたかと思うと、突然の雪。 そして週末の最高気温は19度と人の感覚を狂わせるような寒暖の差。 三寒四温の言葉通り、少しずつ春に向かうのだが 気温だけ先走って魚はいつもの通りの時期からしか接岸しないことがほとんど。   「いつも釣れ始めるころなのに今年は遅れてる」 この言葉はそのシーズン魚が釣れないと過去のデータが表す。 それくらい釣れ始める時期は重要で、今年の春はどうなのか?楽しみですね!   釣具ランキング~2021/02/19 No.1 シマノ セフィアクリ ...

ReadMore

釣りに使える便利グッズ

2021/2/18

『スマホ車載ホルダー』メカ好きには堪らないスマホ車載充電器ホルダー

車の中でスマートフォンをどのように利用していますか? 音楽を聴いたり、ナビとして利用したり自分だけの空間として お仕事の休憩時間に情報を見たりゲームなどで気分転換したりなど 車の中でスマートフォンを楽しむ方法はたくさんありますね。 ※ながら運転、走行中の携帯電話やカーナビといった操作は道路交通法違反です。   どれだけバッテリーが大容量となっても、 スマホ本体の機能性も新しいモデルが出る度にUPし、バッテリー充電は欠かせない。   100Vコンセントが無くても、 モバイルバッテリー 車 ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/2/9

釣具ランキング~2021/02/09

福井県内河川で開幕したサクラマス釣り。 今日まで釣果がまったく確認されておらず、サクラマスは遡上していない模様です。 それでも川を見れば何人かは必ずルアーを流している。 行けば釣れるよりも、”通わないと釣れない本来の厳しい釣りに戻っただけ”と 毎年釣果を上げる方々は意外に冷静だったりもするが、 地元の方と県外から遠征してくる方ではモチベーションも違い 「行くからには釣って帰る!」と日の出から日の入りまでロッドを振り続ける。 何年か前に出会った、「10年通って初めて釣れました」 スマホに映ったサクラマスの写 ...

ReadMore

PEライン

2021/2/4

「クレハ シーガーPE X8」低価格PEラインを使ってみた!

釣具の中では最も交換頻度が高い部類に入る「PEライン」 太古の時代、海の中に入って漁をすることから 海に入らず岸から濡れないで漁をするよう 手法が変化してきたと言われる「釣り」 糸さえあれば遠くの魚を釣り上げることも出来るし、 より深い位置にいる魚の近くへ餌を投入することもできる。   現在釣りの種類によってはフロロカーボンやナイロンをメインラインにする釣りもあるが ソルトルアーフィッシングに関してはメインラインはPEライン一択。 ここで悩みどころです。 PEライン一択としても同じライン号数で ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/2/2

釣具ランキング~2021/02/02

この時期はまったく釣りに行かない人と ヤリイカやサクラマスなどを狙い、昼も夜も変わらず釣りに行くアングラーとの 釣り熱の差が激しい時期でもあります。 フィッシングショーで今年上半期に発売予定のある程度新製品も登場し ゆっくりと春シーズンに向けて英気を養うアングラーも多いでしょう。   今シーズンもかなり多くの釣りを楽しむ方が増えるでしょう! 人が多くなれば事故や釣り場を巡るトラブルなども増えるのが常。 釣りを長く楽しんでるからこそ、初心者の方が危ない場所に居たり 知識がないからトラブルに巻き込ま ...

ReadMore

-ショアジギング
-, , , ,

© 2021 The firstone