ショアジギング

「ショアジギング」青物シーズンオススメ・メタルジグ4選

4月・9月に入れば海は荒食いモード。

青物シーズンの到来ですね!

ハマチやメジロ、もしかするとブリなどもショアから釣れるかもしれない

この時期にオススメなのがメタルジグ。

広範囲を探り、レンジもボトムから表層まで簡単なロッドアクションで

誘えるメタルジグを説明しながらご紹介します。

 

ショアジギで使われることの多い30~60g

一般的に多くショアジギングで使われる

メタルジグのサイズは30g~60gの重さですが、

(磯で大型青物を狙う際はもっと重い物も使う)

飛距離も重いほど飛びますが、

それよりも

海の状況を判断して重さを変える場合が多いです。

凪の日や潮の流れが弱い日であれば30gで十分ですが、

少し荒れた日などには潮の流れも当然早い。

 

メタルジグはキャストした後に

しっかりとボトムに着底してから使うので

潮の流れに負けてしまう重さではとてもやり辛く

メタルジグもしっかりとアクションしない。

 

その他にはメタルジグの最大の持ち味のフォール。

フォールのスピードもジグによって様々で

ユラユラゆっくりフォールする物もあれば、

キラキラ細かく早くフォールする物も。

元々ショアジギングでメタルジグを使う理由は

比較的高活性な魚にアプローチする為で

速い展開での釣りが出来る事が特徴ですね!




 

メタルジグで青物を狙う場合

春と秋シーズン高活性な青物はベイトを追いかけ回すと

何のルアーを使っても釣れる様な状況は別として、

ナブラは沸くのに釣れない場合も存在する。

そんな時はレンジを変えるか

メタルジグのサイズを変えるのが効果的です。

 

青物にはリア重心のメタルジグ

イナダやワラサ、メジロなどをショアジギングで狙う場合ジャカジャカ

同じピッチでジグを動かすアクションに良く反応します。

途中でイレギュラーなアクションを加えても良いですが、

高活性であればあるほど速い動きのアクションに反応します。

リア重心のメタルジグを使うもう一つの理由に、

兎に角、リア重心は飛距離が出る為!

 

そんな時フォールスピードが遅い物よりもフォールの速い

リアバランスの「激闘ジグ・エアロ」をオススメ!

短い感覚で大きくアクションし飛距離は文句なしに飛びます。

青物シーズンには欠かせない。

このメタルジグで何匹青物を釣ってきたことか・・・・。

 

 

リアバランスの「闘魂ジグ」 こちらも個人的に実績かなり上げています!

闘魂ジグは速い動きも出来るがミディアムテンポのロッドアクションでも

細かいヒラヒラフォールをしながらアクションしてくれます。

速い動きに着いてこれない魚を狙うイメージで使ったりすると効果的!

青物以外にも、ヒラメ・マゴチなどのフラットフィッシュや

根魚などもフォールアクションにたまらずバイトしてくることが多い。

価格も安い!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダミキ DAMIKI 闘魂ジグ Core 30g キャスティングジグ オープン
価格:612円(税込、送料別) (2018/8/24時点)

 

 

青物もフラットフィッシュも狙えるメタルジグ

 

青物だけでは無くてベイトが豊富な春や秋シーズンはヒラメもメタルジグで狙えます。

青物は早いアクションで狙うがヒラメの場合は

フォールを如何に広範囲に見せるか?が肝心。

「スローブラットキャストスリム」は青物にもヒラメにも効果的で

ショアスローといってあえてスローに誘うメタルジグを使った釣りは

活性が下がっている追いきれない魚に対してとても有効な時があります。

 

激しくロッドをアクションさせる釣り方とは180°違い、

リーリング主体⁺ロッドティップの反動でジグをアクションさせます。

1秒に1回ほどのリーリングでなるべくジグの移動距離を少なくする。

 

 

メタルジグなのにスイムする「バンジーショット」

こちらはメタルジグなのにリーリングするだけでスイムする

「バンジーショット」

ヒラメはもちろん青物がボトムに張り付いて中層より上のレンジでは

全く反応しない時があります。

 

そんな時にはボトム近辺のレンジを崩さずにアピールしたいが

よりベイト感が出せるスイムアクションが出来るメタルジグは少ない。

バンジーショットは別名「スイミングペンシル」とも言われ

リトリーブするだけでシンキングペンシルの様なユラユラアクションをしながら

一定のレンジをキープする事が可能ですね!

尚且つ飛距離は抜群でフルキャストしなくてもぶっ飛びます!

 

 

今回は青物シーズンを前に4種のメタルジグ・・・・・

青物だけではなくヒラメなども狙えるものを紹介しましたが、

魚が高活性に入るこれからのシーズン、どれだけ魚が高活性になろうが

隣でポコポコ釣れてるのに「自分は全く釣れない」なんて時もありますが

きっと魚の好むアクション、レンジ、ルアーサイズが合ってないのでしょう。

この4種のメタルジグがあれば、アクションも様々、レンジも全レンジ効果的に狙えますよ!

それとメタルジグを利用した釣りは、

朝マズメだけ勝負や夕マズメだけ勝負と

あまり時間が無い方にもおススメだったりします。

速いテンポで出来る釣りなので、春秋シーズンおすすめですよ!

 

そしてガチタックルで青物を狙う方は

既に多くのメタルジグを使っていると思うし

マズメ時にはトップで勝負している事でしょう!

しかしバイトはあるけど乗らない・・・・・・・。

そんな時こそ、ライトタックルに持ち替えて

トップで乗らない時こそメタルジグで

「時には早く、時にはゆっくりフォールで」

誘ってみるのもより釣果に結び付くチャンスになったりもしますからね。

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

ルアー

2020/12/2

ふるさと納税(楽天ふるさと納税)に「ジャンプライズ」製品登場!

皆さん、ふるさと納税賢く利用していますか? めんどくさいし~などと思っているあなた! 損してますよ! 簡単だし、どうせ納めなければいけない税金。 普段楽天やAmazonでWEBショッピングする要領で出来てしまい 尚且つ、楽天ポイントも付き、釣具購入が出来るのが 楽天ふるさと納税!   まだ詳しい仕組みが分からない方はこちらで 自己負担額2,000円を超えないように、自分の寄付上限額を調べてください。 ふるさと納税 簡単趣味レーター   楽天ふるさと納税にジャンプライズ製品登場! そして ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/11/28

釣具ランキング~2020/11/28

毎日がダイハード・・・・。 この数か月、激動です。 ずっと書こうと思っていたPEラインのインプレッションも 書くことが出来なく、自然と今シーズン自分の釣りシーズンが終わったに近い。 昨年も同じように秋は激動だったので毎年変わらない気はするが 海に行かない事で、体力も落ちる。塩分が恋しくなる?ような 疲れるけど、釣りをしている時の方が精神的にリセット出来るからなのかな? ぐっすり眠れる気がする。   釣具ランキング~2020/11/28   No.1 ジェットボイル   No. ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/11/18

釣具ランキング~2020/11/19

さぁ今年も福袋商戦が始まりましたね! 毎年干支ルアー入りの福袋、ルアー福袋、タックル総まとめ福袋、 価格的には必ずお得なので、カラーに拘りを持たない方には特におすすめです! それとそろそろ、某大手釣り具メーカーから来年に向けて情報が出てくる時期ですね。 最近ではメーカー公式発表よりも開発に関わってる方が個人ブログにて情報を先に出す 一部上場企業に関わってる者がやることではないと思いますけど、まぁなんともくだらないというかお粗末。   来年に向けて、一気に景気減退の兆候も大きく見られ始めてはいます ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/11/10

釣具ランキング~2020/11/10

今年の秋は台風が通過する数も少なく、 雨が降ることはあっても穏やかな秋の日々が続きますね。 相変わらず世間はコロナ騒動で振り回され 未だに月曜日や金曜日を休日とする週休3日としている企業も数多い。 飲食店も予約でまとまった人数が無い日は定休日に 飲食店街は暗く寂しい。   治療薬やワクチンの開発を待つしか無い訳ですが、 結局は自分達のことは自分で守っていくしかないのが現実です。   屋外での楽しみということで釣りを楽しむ人の数も増えていますが 釣り場を守るのも自分達です。 ゴミのポイ捨 ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/12/4

2021年釣り具福袋

2020年、皆さんはどんな釣りライフを楽しめましたか? 今年も多くの話題釣具が登場し、 釣れると話題のシマノから登場した「シマノ セフィアクリンチ フラッシュブースト」は 今でも品薄状態が続くなど欲しいと思っている方は多いのでしょう。   そして年々激しさを増す釣具福袋! 今年もボチボチと登場してきてますのでご紹介していきましょう。 過去にもお伝えしていますが、 釣具福袋は実売価格の約2割引き程度で購入できるので 中身が見える福袋がほとんどの現在、 カラーはアタリハズレがあっても損はしない中身ば ...

ReadMore

-ショアジギング
-, , , ,

© 2020 The firstone