ショアジギング

ショアジギングのショックリーダーに船ハリスを1年間使ってみた。

投稿日:

皆さんはどのメーカーのショックリーダーを使っていますか?

私はと言いますと

『ダイワ ディーフロン船ハリス』を使って1年半ほど経ちましたので

インプレッションしてみたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイントアップ 4/1 10:00〜4/8 09:59】ダイワ Dフロン船ハリス 14号−120m
価格:2561円(税込、送料別) (2019/4/3時点)

楽天で購入

 

 

ショアジギングにも使える安い!ショックリーダー「ダイワ 船ハリス」

※まず初めにダイワホームページにもこの製品は”船用仕掛けづくりにうれしい大容量”とあり

ショアジギング用ショックリーダー等とはいっさい書いてありません。

今までそれなりに多くのショックリーダーを使ってきました。

フロロカーボン・ナイロン共に・・・。

 

価格も一番高いものでは

『ダイワ モアザン X'treme(エクストリーム)』

ダイワ モアザンリーダー

この製品に関してはフロロカーボンもナイロンも使いました。

凄く良い商品で・・・?劣化スピードは遅く何釣行も変えずに使ったりもしましたが

なぜ切れたか分からない様な理由での切れは無かった。

他にはノットを編み込んだ時の締まりは、「締めこんでる~」としっかりとPEラインが食い込みます。

フロロカーボン・ナイロンリーダー、シーバスタックルでこの時期釣り上げた魚達も

ドシャロー、立ち位置がテラス上に張り出し下に突っ込まれたことも何度もありましたが

切れたことは一度だけ。

自分のファイトが未熟なだけでテラス下に突っ込まれそうになった時

無理に浮かそうとしたため岩盤に対して鋭角にラインが食い込みプッツン。

どんなラインでも切れたと思うような状況でした。

 

 

現在の「【ポイントアップ 4/1 10:00〜4/8 09:59】ダイワ Dフロン船ハリス 14号−120m」に変わったのは

ただ単に安いショックリーダーはどうなの?と

思って試しに購入したのが始まりです。




 

ショックリーダーとしての「ダイワ 船ハリス」インプレッション

ショアジギング・トップゲームで使用環境

現在、磯での対青物タックルとして

PE2号~3号に対して12号(40lb)のショックリーダーを使用しています。

キャスト時のライントラブル対策としてテーパーリーダーも導入しましたが

ライン上に何個もノットがある事に違和感しか感じず、

結局自分はガイドに一切リーダーを入れずにかなり長い垂らしの状態で少し高いところに立ち

ロッドの長さよりも垂らしが長い状態でキャストしています。

周りに人がいなく、慣れれば快適です。

 

ノット編み込み感

可もなく不可もない・・・12号(40lb)はそれなりの太さで

使用しているFGノットでスッポ抜けたなどのトラブルはゼロですが、以前よりも編み込んでいく際は

しっかりと力を入れて編み込んでます。

しなやかとはいえないリーダーですが特別この釣りにしなやかさは求めていないし

ノットがFGだから・・〇〇ノットだからでライントラブルを起こしたことも無ければ

それは人為的なミスの方が大きいと思っているので、FGノットでファイト中スッポ抜けたなど絶対に起きないように

編み込んでいます。

編み込み数も3~4cm、ハーフヒッチも2=3cmです。

 

リーダーによる感度やルアーアクションに関わる要素において

感度・・・青物をトップウォータープラグで狙うような釣りにおける感度とは

どう表現したら良いか?、基本目視の釣りです。

魚がルアーに触れるだけでフッキングしない時も感じることは出来ますし

不必要な伸縮性を感じることはないが、リーダーを変えたことで感度が悪くなったとは感じません。

 

ファイト中の擦れに対して

下手くそなファイトのせいで70㎝程度のヒラマサにも根に潜られ数分間やり取りしましたが

リーダーは切れませんでした。

ただ、擦れに対しての熱で直ぐにリーダー表面が黒くなります。

基本的に1釣行使い捨てですが、あまりに黒くなった時は気持ち悪いので直ぐに交換しています。

青物釣行で2匹くらい釣れて時合いが終わると休憩も兼ねてショックリーダーを変えたりもするので

1日で3回ほど巻き直したりするときもあります。

 

躊躇せずリーダーを交換できる価格の安さが魅力

「ダイワ 船ハリス」を使用して、しなやかさ等を求めるのは無理な話で、”糸グセは強いし安いフロロカーボンだな”と

感じることもありますが、実際の釣行中に糸グセが気になる様な軽い重量のルアーをまず使わないし

12号(40lb)でも30g程度のルアーであれば糸グセは全く気になりません。

それより根掛かりした際に少しでもリーダーに傷が付いたり、魚とのファイトで表面が黒くなった際

価格が安いので躊躇せずにリーダーを取り換えられる気分的なメリットの方が大きい。

いくら高額なショックリーダーを使っていてもファイト中、根に潜られて切れる切れないは運要素と

すぐにラインを開放してあげる等のテクニックの方が大きいと思っています。

高額だから長い間使うよりも、安くても細目に取り換えた方が安心出来ますよ。

 

ショアジギングに使う安いショックリーダーのメリットは使い捨て出来る

個人の釣行回数にもよりますが、基本週末・週2回の釣行で毎釣行リーダーを新しくします。

自分と同じような使い方をしている方にはオススメ出来ますし、高価格帯ショックリーダーから

「ダイワ 船ハリス」をリーダーに変えてから釣れなくなった、取れなかった魚がいたわけでもなく

何も問題なく使用できています。

高価格のリーダーに掛かっていた予算・・・・釣りに掛かるランニングコストを抑えて

その代わりに新しいルアーを1つでも購入できる方が自分にとってはメリットがあるので

{12号(40lb)120mで2,000円~2,500円}

今後も色んなショックリーダーを使っていきますが、

「ダイワ船ハリス」もその一つとして使い続けていくショックリーダーです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイントアップ 4/1 10:00〜4/8 09:59】ダイワ Dフロン船ハリス 14号−120m
価格:2561円(税込、送料別) (2019/4/3時点)

楽天で購入

 




no image

釣行記

2019/8/25

20分釣行!

2019/08/25 お盆の間もずっと休みなく働いていたので、久しぶりの休み。 午前中は色々やりたい事を済まして、波が落ちてくる15時頃から海へ。   途中でスマホを忘れてる事に気付いたけど、すぐに帰ろうと思っていたので そのまま海へ着いたが、波は一瞬落ちたけどまだ強烈なうねりが・・・ 辺り一面、藻だらけで10投だけで終了。 毎年、お盆は釣りに行かないが特に今年は忙しくて夏の釣り満足に出来なかった。 これから始まる秋シーズン、釣りに行く時間をなんとか生み出したい! 今年の夏は始まるのが遅くて、あ ...

ReadMore

エギング

2019/8/23

ショアジギングタックルでエギングやってみた!

普段磯に行く際は、ヒラマサを捕ることが出来る「ショアジギングタックル」 これ一本で全てを行っています。 テンリュウ・パワーマスターショアジギングロッドインプレ エギングタックルの様な軽さも当然ないし、重さとの勝負ですが エギをアクションさせる際のロッドアクションも 着底からの1発目は何とかテンションを保ちつつダートしたりするが、 以降はエギが軽すぎラインが巻きとられる惰性で 「フワッ」と浮き上がる様なアクションしかしない。 ほとんどリールを巻くエギング。   アクションさせる際、ロッドグリップが ...

ReadMore

エギング

2019/8/22

スタイル別に便利なおすすめエギケース&バッグ

雨が降ると水温が低下し夏シーズンはあっという間に過ぎ去っていきます。 変わりに始まるのがエギングシーズン。 9月中旬以降になるとアオリイカ新子シーズンスタートです。 今年も各メーカーからエギがたくさん新発売されますが、 エギを収納する便利なエギングケースをご紹介します!   便利なエギ収納ケース ランガンに便利なエギケース 漁港内や、磯場などのポイントを少しずつ移動しながらアオリイカを狙うスタイルの方には 機動性を損なわない軽く小さなエギケースをお勧めしたい。   [シマノ セフィアエ ...

ReadMore

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

-ショアジギング
-, , , , ,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.