魚の生態

アカメ

アカメ・・・・・・・・この魚を知ったのは

小さいころ何のテレビゲームだったか忘れましたが、

釣りゲームの最後に釣る(ラスボスみたいな感じ)魚が

アカメ でした。

akame3

もちろん愛読書だった、釣りキチ三平でも 「潜水艦」 と名付けられた

アカメが登場している。

今回アカメの釣り方やアカメ釣りに使うルアーの話ではありません。

釣りをしなくても大きな魚が釣れた! と

新聞やメディアで情報が出ると興味を持つ方はたくさんいて

今年、とても大きなアカメが釣れ話題になっていましたね!

釣り番組が海外などの釣り場で

とても大きな魚を釣ったりしていますが、

残念ながら海外でも現在は人の手を加えないと大きな魚が育つ環境ではなく、

100%完全リリースなど条件付き(当然ライセンス制)で、

釣りをすることで 魚が大きく育つような環境に成っている

フィールドが多いですね。





アカメも幻の魚と表現されたり、

釣り人が憧れる ただ1匹を釣るために・・・・・・・・・・

遠くから遠征に行く方も多いのですが 残念ながら個体数は多くはありません。

その為にアカメのデータを録ったり

アカメ釣りのフィールドを良くしようと活動されている方もいます!

ヒラメなども再補した時に分かるように背びれの一部の形で分かるようになっていたりしますが

アカメの場合は標識タグが背ビレの一部についています。

akame

akame1

タグは分かりづらい場合もあるそうですが、

背ビレに海藻が生えていたらタグの可能性が高い

そうなので海藻が生えているタグのあるアカメを釣られた方は、


 標識の付いたアカメを釣られたら以下の作業をお願いします.

 ●タグの記号番号を記録する.標識には記号,番号がかいてあります(例 JG-12345).

 ●アカメの全長を計測して記録する.できれば標準体長(上あご先端から脊椎骨後端=尾びれを少し曲げてできるシワまでの長さ)も記録する.

 以上の作業をしてから速やかに再放流をお願いします.

 ●釣獲日時,釣獲場所,釣り人の氏名,釣り人の住所,電話番号とともに上記のデータを下記までご連絡ください.

 データの連絡先
 ● アカメと自然を豊かにする会 上杉一臣 携帯 090-1577-9802 メール lates.kazu-@doco
mo.ne.jp


 ●アカメと自然を豊かにする会 長野博光 携帯 090-1577-7449 メール akame_7840031@yahoo.co.jp


 ●エラなどが傷つきリリースしても死ぬことが予想される場合もあります。その際はキープして,できればそのアカメをすべて寄贈していただければありがたいです.年齢形質の格部位を保存し年齢査定に使います.また内臓からアカメの餌,生殖腺などの可能な限りのデータをとります.

 ご協力をよろしくお願いします.

 

標識タグのあるアカメを釣り再補にご協力されたアングラーには

pngakame2
上杉一臣様フェイスブックより

なんと市販されない「世界で入手できるのは再補されたあなただけ手にすることが出来る」

タックルハウスさん協力の K2F-142をプレゼントされています!

是非背ビレ付近に海草や藻が付いている アカメを釣られた方は大事にそっと背ビレ部のタグを

探してみてください!

アカメの国 H.P  http://akamenokuni.com/

akame2

アカメ調査室 H.P  http://news.ap.teacup.com/minouo/




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

-魚の生態
-

© 2022 The firstone