リール

ダイワ19CERTATE(セルテート)登場!詳しいスペックや価格、全ラインナップもご紹介!

ダイワから2019年モデルの最新リール

19セルテート』の発売予定が発表となりました。

フラッグシップの「イグジスト」を彷彿させるデザイン。

新しくなったNEWセルテートを詳しく解説していきます!

 

19セルテートはLTコンセプト「軽くてタフそのもの」

ダイワが2016年から提唱する「ライト」のL、「タフ」のTを合わせた『LTコンセプト』

19セルテートはまさに言葉通りのリールとなっています。

 

19セルテート モノコックボディ構造でアルミ素材

モノコック構造に、ボディ素材はアルミを使用。

イグジストがボディにマグネシウムを使っていますが

19セルテートはアルミ。

マグネシウムもアルミもほぼ同じに分類される金属ですが

同じ体積の場合(18イグジストボディ)マグネシウムの方が軽い。

強度は(19セルテートボディ)アルミと(18イグジストボディ)マグネシウムを比べると、

マグネシウムの方が強度、剛性が強い

日本マグネシウム協会

 

この辺りがLTコンセプトのグラフを見ると面白い。

ダイワH.P

なんと19セルテートはイグジストを超えたタフさを持つことになる。

この表記はボディのタフさだけではなくリール本体全てで比べたものでしょう。

単純に厚みの違いだとも思えます。

 

「タフデジギア」大口径になったがより滑らかな回転を実現!

モノコックボディ構造になり組み合わせ、張り合わせが無い一つの金属の塊となると

内部には大口径ギアでも入る空間が生まれる。

これこそがモノコックボディ=タフデジギアの両者を実現させる

軽量と強靭さ相反する組み合わせを可能にする

『LTコンセプト』ダイワテクノロジー!

 

「マグシールド」過去最高の防水構造

ピニオンギアとラインローラー部にマグシールドを搭載!

継ぎ目のない「モノコックボディ構造」+「マグシールド」により

過去のシリーズよりも高い防水構造となっています。

 

「LC-ABSスプール」新形状となり飛距離UPにも繋がる

新形状となった「LC-ABS」スプールとなり、

よりスムーズにライン放出が実現され従来のスプールと比べて

約5%の飛距離UPとトラブルレスを実現。

 

その他にも19セルテートには多くのダイワ最新テクノロジーが詰め込まれています。

ストッパーレスボディ

より防水構造を高めるためにストッパーレスとなった。

シームレス新形状エアベール

感度上昇に繋がる新ベール形状

パーフェクトラインストッパー

ハイグリップ軽量ハンドルノブ

2BBラインローラー/ツイストバスターII

ATD

ZAIONエアローター

エンジンプレート

 

19セルテートシリーズ最軽量となった軽さ

前作の16セルテートシリーズと比べて

約「35g」軽くなった19セルテート

軽い=感度上昇となり、剛性+感度を備えたとんでもない性能のリールが登場しましたね。

LT3000S-CH-DHにはダブルハンドルモデルが登場するなど

エギング用としても更にシェアを伸ばしそうですね。

 

19セルテートラインナップのスペック・価格・発売日は?

品名LT2500SLT2500S-XHLT2500-H
スプール径φ45φ45φ45
標準巻糸量ナイロン lb-m4-1504-1506-150
PE 号-m0.6-2000.6-2000.8-200
自重(g)205205205
ギヤー比5.26.25.7
最大ドラグ力(kg)5510
ベアリング(ボール / ローラー)10 / 110 / 110 / 1
ボディ素材アルミアルミアルミ
ボディ構成1部品(モノコック)1部品(モノコック)1部品(モノコック)
ローターZAIONエアローターZAIONエアローターZAIONエアローター
防水機構マグシールド+モノコックマグシールド+モノコックマグシールド+モノコック
ギア素材アルミ(MCタフデジギヤ)アルミ(MCタフデジギヤ)アルミ(MCタフデジギヤ)
ドライブギア直径φ32φ32φ32
ハンドルアーム(mm)505555
ハンドルノブ仕様I型 ハイグリップライトI型 ハイグリップライトT型 ハイグリップライト
スプール鍛造(LC-ABS)鍛造(LC-ABS)鍛造(LC-ABS)
本格価格(¥)48,50048,50048,500
品名LT3000-CXHLT3000S-CH-DHLT3000LT3000-XH
スプール径φ48φ48φ48φ48
標準巻糸量ナイロン lb-m8-1506-1508-1508-150
PE 号-m1.0-2000.8-2001.0-2001.0-200
自重(g)210220225225
ギヤー比6.25.75.26.2
最大ドラグ力(kg)10101010
ベアリング(ボール / ローラー)10 / 110 / 110 / 110 / 1
ボディ素材アルミアルミアルミアルミ
ボディ構成1部品(モノコック)1部品(モノコック)1部品(モノコック)1部品(モノコック)
ローターZAIONエアローターZAIONエアローターZAIONエアローターZAIONエアローター
防水機構マグシールド+モノコックマグシールド+モノコックマグシールド+モノコックマグシールド+モノコック
ギア素材アルミ(MCタフデジギヤ)アルミ(MCタフデジギヤ)アルミ(MCタフデジギヤ)アルミ(MCタフデジギヤ)
ドライブギア直径φ32φ32φ35φ35
ハンドルアーム(mm)55906060
ハンドルノブ仕様T型 ハイグリップライトパワーI型 ハイグリップライトラージI型 ハイグリップライトラージT型 ハイグリップライト
スプール鍛造(LC-ABS)鍛造(LC-ABS)鍛造(LC-ABS)鍛造(LC-ABS)
本格価格(¥)48,50049,50049,00049,000
品名LT4000-CLT4000-CXH
スプール径φ51φ51
標準巻糸量ナイロン lb-m12-15012-150
PE 号-m1.5-2001.5-200
自重(g)235235
ギヤー比5.26.2
最大ドラグ力(kg)1212
ベアリング(ボール / ローラー)10 / 110 / 1
ボディ素材アルミアルミ
ボディ構成1部品(モノコック)1部品(モノコック)
ローターZAIONエアローターZAIONエアローター
防水機構マグシールド+モノコックマグシールド+モノコック
ギア素材アルミ(MCタフデジギヤ)アルミ(MCタフデジギヤ)
ドライブギア直径φ35φ35
ハンドルアーム(mm)6060
ハンドルノブ仕様ラージT型 ハイグリップライトラージT型 ハイグリップライト
スプール鍛造(LC-ABS)鍛造(LC-ABS)
本格価格(¥)49,50049,500

記事内の全ての画像はダイワH.Pより

 

19セルテート価格は10%UP!?

いくら優れた製品であっても価格に見合わなければどうしようもない分けですが

19セルテートの実売価格は

42,000円~程度となりそうです。

釣具業界全てですが、今年発売される釣り具は

相変わらずの原材料価格の高騰&輸送コストも上がっているために

19セルテートも前作と比べて定価設定で10%ほど上がっています。

剛性と軽さを備えた19セルテート、イグジストの感度にまで最新テクノロジーで

近付いた性能は多くの魚種で優位に立つものばかり。

 

19セルテート発売日は?

既に予約販売も開始されており

ラインナップ別に

3月中旬~5月中旬発売となっています。

 

ダイア 19セルテート予約一覧
ジャパンフィッシングショーで初お披露目となるまでは

ダイワテスター高橋慶郎氏のインプレ動画でお楽しみください!




釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

-リール
-,

© 2022 The firstone