偏光サングラス

偏光サングラスのレンズは劣化するのをご存知ですか?

釣りやアウトドアシーンで必須の偏光サングラス。

偏光サングラスが持つ機能性については前回ご紹介した通り

釣り場では必要不可欠。

釣りに必須の偏光サングラスとは?

その偏光サングラスの機能性が、

実は使用していくうちに劣化しレンズ自体に寿命があります!

 

偏光サングラスに使われる3つのレンズのメリット・デメリット

現在偏光サングラスレンズの主流は「プラスチックレンズ」や「ポリカーボネートレンズ」と

呼ばれる樹脂製が9割以上です。残りの1割以下が「ガラスレンズ」。

 

偏光サングラス「プラスチックレンズ」のメリット・デメリット

プラスチックで想像できると思います。

メリット

  • 割れにくい

 

デメリット

  • 熱に弱い
  • 傷が付きやすい

 

偏光サングラス「ポリカーボネートレンズ」のメリット・デメリット

ポリカーボネートもプラスチックに分類されますが

最近ではiPhone本体ボディに使われたり

自動車のヘッドランプなどに幅広く使われている素材。

メリット

  • 耐衝撃性能に強い

ハンマーで叩いても壊れない。

デメリット

  • 傷が付きやすい
  • 熱に弱い

衝撃には強いのに傷が付きやすい素材です。

また熱に弱いので、夏シーズン車内に置きっぱなしにすると

レンズのコーティングなどが剥がれて劣化がじわじわ始まります

 

偏光サングラス「ガラスレンズ」のメリット・デメリット

そこに数パーセントしか販売されていませんが「ガラスレンズ」があります。

メリット

  • 視界がクリア!(光学性能に優れる)

カメラマンの仕事をされてる方は

ガラスレンズの眼鏡しか使わないと比喩されるほど

視界は明るく透明度は素晴らしい。

  • 傷に強い

プラスチック、ポリカーボネートに比べて圧倒的に傷が付きにくい。

  • 耐熱性に優れる

樹脂製レンズは約60℃で変形を起こします。

調理師の方などは熱に弱い樹脂製レンズでは直ぐに寿命となってしまう為、

ガラスレンズを使う方が多い。

デメリット

  • プラスチック、ポリカーボネートレンズに比べて割れる可能性がある
  • プラスチック、ポリカーボネートレンズに比べると重い
  • レンズカラーラインナップが少ない

実は偏光サングラスとしての性能は「ガラスレンズ」は素晴らしいのです!

しかしコスト(原価が高い)等の理由から

現在の主流は樹脂というわけで、

「ガラスレンズ」の偏光サングラスは機能が劣っているから

市場に出ている数が少ない理由ではありません!

逆にガラスレンズは最も劣化スピードが遅く長持ちする!

長持ちする→買い替えスパンが長い→儲からない

店舗でフレームに合わせたレンズ合わせに時間が掛かる

ガラスレンズが少なくなったのにはこんな理由もあるのですよ。

 

偏光サングラスレンズは劣化し寿命が来る!

3つの偏光サングラスのメリット・デメリットを紹介しましたが

「ガラスレンズ」は非常に劣化が遅い。

それに対して「プラスチック・ポリカーボネートレンズ」は使用環境に応じて劣化していくスピードは速い。

※(左)歪み無しのガラスレンズ(右)劣化し歪んだ偏光レンズ

 

その理由・・・・

一つ目の原因は「熱」です。

「プラスチック・ポリカーボネートレンズ」は

レンズ表面にコーティングがされています。

そのコーティングが約60℃で徐々にひび割れ始めます。

樹脂は膨張する性質があり表面に付いているコートは耐えきれず

次第にクラックは大きくなり剥がれていく。

夏の車内に偏光サングラスを置きっぱなしにするとすぐに劣化が始まるし、

入浴やサウナもプラスチック・ポリカーボネートレンズは劣化を早めます。

 

2つ目の原因は「水分」です。

釣り中、急な雨に合うことは頻繁にあります。

レンズに付いた水分(特に塩分は大敵)は当然の様にコーティング劣化を早めます。

 

保管方法や、環境によって寿命は変わりますが

あれ?熱に弱いってことは夏の炎天下時、釣りに使うと劣化するの?

はい!釣りに使うプラスチック・ポリカーボネート偏光レンズは経年劣化し、

寿命は

使用環境の違いはあるが週2回程度の釣行で2~3年と言われています!

 

偏光サングラスの寿命と言われても

眩しさは防げてるし、購入当初とさほど変わらないけど?と思われる方がほとんどでしょう。

 

そして三つめの原因は「光」です。

実は紫外線透過率(UVカット)機能は紫外線を吸収する能力に限界があり

太陽がギラつく状況で釣りをすればする程、その寿命は短くなります。

眼鏡屋さんなどでUVカット率を調べる機器でしか測定できませんが

以前と比べて目が疲れるようになってきたな~・・・と思ったら

偏光サングラスのUVカット機能は限界でレンズは寿命かも知れません。

 

激安価格の偏光サングラスは特にコーティング剥がれが早く

眩しさを抑える偏光度は劣化しにくいので知らず知らずに使っていると、

釣り中、疲れ眼がひどくなり釣りに集中出来なくなったりした原因で

ストレスになり釣りを楽しめなくなりますよ!

 

偏光レンズが劣化しにくいガラスレンズはおススメ

ガラスレンズは表面にコーティングしない限り劣化が非常に少ないです。

今では市場に溢れてるプラスチックレンズにレンズ市場を占められてしまっていますが

プラスチックレンズではガラスレンズが持つ2つの大きなメリット

「視界がクリア!」「傷、耐熱性に優れ劣化が少ない」

には及ばない。

プラスチックレンズは加工も容易で結局は

良いガラスレンズは市場の隅に追いやられてしまっているのが現状です。

ぜひ、偏光サングラスを購入する時に過酷な環境で行われる釣り用には

劣化の早い樹脂レンズなのか劣化の遅いガラスレンズを選ぶのか?

「ガラスレンズ」の136偏光サングラスを選択肢に!

釣行記

2020/7/11

ヒラマサとのファイトで完敗!

2020/07/11  12:00~16:30 中潮 風:強い 波:0.5m   明け方は海に行ったが暴風雨で釣り場に到着するもUターン。 こんな時は家で酒でも飲んで寝てた方が幸せになれる。   で、再度お昼頃に海へ。 雨が降りそうで降らない、風も強くなったり弱くなったりで 波は細かい風波が立っていた。 到着早々、19㎝ダイビングペンシルに「ガツン!」とバイトが乗らない。 今日はこのサイズで通してみようと思い30分後くらいに ルアーが水面に浮きあがる直前、横から緑と黄色のあいつがすごい ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/7/6

釣具ランキング~2020/07/06

福井県の磯全体に青物が本格接岸。 面白いシーズンが始まりました! 磯に通う本命はヒラマサなんだろうけど、それは魚を選べないので 仕方ないかもしれないが、青物の群れには必ずヒラマサも混じってるので 夏本番に向けてデカマサを狙いたいですね! 今年は数は要らないから、一匹ドカンと7~8㎏のヒラマサをと・・・・ 毎年そう思ってますが・・。   釣具ランキング~2020/07/06 No.1 防水バック   No.2 シマノ ネッサ ウイングビーム   No.3 ゼスタ ハードスプリッ ...

ReadMore

釣行記

2020/7/5

[釣行記]トップ青物祭り!

2020/07/05  4:30~09:00 大潮 風:微風 波:0.5m 前回の釣行時、実は青物のバイトがありルアーが弾かれた。 コロナ自粛以降、魚から初めてのバイトらしいバイトで、取りあえず時間だけ記憶していた。 海に到着すると、魚くさい。 これは釣れたも同然。過去この魚のにおいがして釣れなかったことはほとんどないくらい、 第6感なのか、何なのかは分からないが釣れる。 前回のバイトがあった時間に集中する。 空からは細かい雨が落ちてきた。   ドン!水柱が上がる。 久し振りの魚とのファイトと、 ...

ReadMore

その他

2020/7/3

深夜、車で走るアングラーの皆様へ!

知り合いのご家族の方が深夜、道路で轢かれて亡くなりました。 自分も釣り場に暗いうちから向かうので、特に気を付けなければいけないと思っていますが これから陽が昇る時間も早くなり、日中の暑さを避ける為か まだ暗い時間から畑や田んぼに向かうお年寄りの姿も多く見られます。 深夜は道も空いているため、ついアクセルを踏んでしまいがちだし 釣り場まで向かうドキドキ感でスピードが出てしまう事もあるでしょう。 今さらですが、雨の日は視界も悪いしブレーキ制動距離は 走行しているスピードによって大きく伸びてしまいます。 &nb ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/7/1

釣具ランキング~2020/07/01

今シーズンの海開きが始まりました。 さきほど海の近くに行ったので海水浴場を見てきましたが 荒れた海のため透明度はイマイチでしたが、夏はやっぱり海に人が多くないと 夏の雰囲気も出ないし海沿いの街も活気づきませんね。 福井県内では、県民に限り宿泊費50%offで宿泊施設を利用できるサービスが 好調で、新型コロナウイルス感染者数ゼロの日が伸び続けるのと比例するように 経済も少しずつではありますが、戻りつつある感覚を受けます。   とは言っても飲食業や夜の繁華街はまだまだ厳しい現実が待ち受けてそうですが ...

ReadMore

-偏光サングラス
-

© 2020 The firstone