魚の生態

オーストラリアの海岸で猛毒カツオノエボシ被害者が3000人超!

日本では春ごろから秋にかけ、

台風後や強風が吹き荒れた後に接岸する

猛毒「カツオノエボシ」

最悪・死・・・・猛毒カツオノエボシ

 

海に転がっているとビニール袋でも転がってるかの様。

日本では「鳥帽子」

オーストラリアでは「ブルーボトル」などと呼ばれていますが

刺されるとアナフィラキシーショックを起こし

最悪、死に陥る危険性がある生物です。




 

豪州東海岸にて数日で3,500人以上が「カツオノエボシ」に刺される!

1月7日現在、オーストラリア東海岸のビーチに

大量のカツオノエボシが発生し複数のビーチが閉鎖。

 

オーストラリア北東部沿岸で、

ここ数日間だけで3000人超が

強力な毒を持つクラゲに刺される被害に遭っていたことが分かった。

当局が7日明らかにし、

これを受けて複数のビーチが閉鎖を余儀なくされた。

3585人という「桁外れ」の数の人々が、

その青みがかった外観から「ブルーボトル」とも呼ばれる

カツオノエボシと接触して、やけどのような痛みを味わったという。

また少なくとも4か所の主要ビーチが閉鎖されており、

同団体はさらに多くのカツオノエボシがビーチに向かっていると警告。

「ブルーボトルの壁が#レインボービーチに接近中。

ライフセーバーが同ビーチを閉鎖しています。

海には近づかないでください」などと複数回警告を発した。

AFP BBnews

日本で冬に大量接岸することはありませんが

海水温が平年より高い日が続いたり

南の暖かい地域に生息する魚介類も北上して

発見されていたりする事例が多発しています。

カツオノエボシも時季外れであっても

接岸する可能性は大いに考えられる・・・。

 

海水浴シーズンでもない限り、

釣り人やサーファーの皆さんが発見することもあるでしょう。

カツオノエボシは本体の生死や意志に関係なく

物理的な刺激に刺胞は発射されるので

死んでいても絶対触らないように!

特に小さなお子さんには、青いペットボトルと勘違いして

拾ったりする場合も考えられるため

カツオノエボシを発見した場合は注意喚起

お願いします。

※注意

カツオノエボシに刺された場合の応急処置として

酢で洗う” 真水で洗う”など間違った処置法も見受けられます。

今はスマートフォンを持ち歩いてる時代です。

すぐに救急病院や119番へ電話して医師の判断を!

間違った応急処置をして治療がとても長くかかったなどに

繋がることもありますので。




釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

-魚の生態
-

© 2022 The firstone