これが2億円の錦鯉!国内生産の錦鯉7割は海外へ輸出されている。

私の様な田舎の地域には大きな庭がある家が多く、私の実家にも昔は錦鯉が泳ぐ庭池がありました。

今では池を埋めてしまい面影が少し残る程度しかありませんが

友人の家なども小さい頃は庭池に錦鯉が泳いでいる家は多かった。

そんな錦鯉を飼っているお宅も日本の住宅事情や世代交代と共に少なくなっていますが、

実は海外で錦鯉人気は高く、裕福層の方には錦鯉を飼うことがステータスになっているそうです。




オークションで錦鯉に2億円の値が付く!「全日本総合錦鯉品評会」

1月28日から7日間開催される、「全日本総合錦鯉品評会」

秋篠宮ご夫妻や海外からも多くのメディアが訪れ総合優勝した錦鯉の名は『Sレジェンド』

『Sレジェンド』は「紅白」と呼ばれる品種で

体長1mを超えるSレジェンドは動画内でも女性との比較で大きさが分かると思いますが

体重は25㎏・・・・・。

そしてオークションで競り落とされた価格は・・・・

『2億300万円』

オーナーは中国人の方で時代を反映していますね。

※アリババの創業者「ジャック・マー」では?と噂されています。

それにしても生物に2億円越え。成功者に相応しいステイタスなのでしょう。

 

7割も輸出されている錦鯉

昔は日本でも多く見られた錦鯉ですが

公園、個人宅、お寺、神社などの池には必ず錦鯉がいましたが

今では見る機会はどんどんと減り実は日本で生産される7割もの錦鯉が海外へ輸出されています。

錦鯉の様な高額な裕福層しか手に入れることの出来ない、維持していけない物は

世界のどの地域で経済が潤っているのか?よくわかる指標にも。

まさか錦鯉が7割も輸出されているとは驚きですね。

 

錦鯉は優秀な血統を交配して生産されますが投資としての購入なのか?

2億円の錦鯉・・・我々一般人には分からないものがそこにはある。

 




-魚の生態
-