魚の生態

最悪・死・・・・猛毒カツオノエボシ

投稿日:2016年7月24日 更新日:

ご家族で(特に子供さんや女性)と海に行かれる方、

特に太平洋側へ釣行行かれる方

大量の青い悪魔 カツオノエボシ

打ち上がる時期があります。

ニュースでも取り上げられるほど大量に打ち上がっていて、

死んでいると

青いプラスチックやペットボトルの一部のような形に見え、

死んでいても有毒です

台風が近づくと太平洋側に打ち上がるかもしれません。

wiki
wikiより カツオノエボシ

wiki2
カツオノエボシTwitter




 

 

死んでいても危険『カツオノエボシ』

 

落ちていると綺麗なプラスチック容器のようなものに見えて、

子供さんなら触ってしまいそうですが

死んでいても危険です。

太平洋側にカツオが回遊してくる時期に打ち上がり、

鳥帽子に似ているから

カツオノエボシ というそうです。

 

過去に刺されて死人まで出ています。

 

触手から刺胞が発射され、感電したかのような痛みと

二度目に刺されるとアナフィラキシーショック を起こし

大変危険です。

応急処置もあるそうですが、逆効果になるような物も有り

特に医療関係者以外の方が書いている記事の

応急処置はしないほうが良いです。

刺されたら迷わず病院へ行きましょう。

wiki3
wikiより

 

特にルアーアングラーの皆さんは

フックに触手が絡みついていたら(気づかないかも?)

注意して外しましょう。

透明な青っぽい物がフックについていたら気をつけて!!!

死んだカツオノエボシが大量に打ち上げられて

乾燥してる場合があると思いますが

子供さんなどに触らないように注意してあげてくださいね!

 




no image

釣行記

2019/8/25

20分釣行!

2019/08/25 お盆の間もずっと休みなく働いていたので、久しぶりの休み。 午前中は色々やりたい事を済まして、波が落ちてくる15時頃から海へ。   途中でスマホを忘れてる事に気付いたけど、すぐに帰ろうと思っていたので そのまま海へ着いたが、波は一瞬落ちたけどまだ強烈なうねりが・・・ 辺り一面、藻だらけで10投だけで終了。 毎年、お盆は釣りに行かないが特に今年は忙しくて夏の釣り満足に出来なかった。 これから始まる秋シーズン、釣りに行く時間をなんとか生み出したい! 今年の夏は始まるのが遅くて、あ ...

ReadMore

エギング

2019/8/23

ショアジギングタックルでエギングやってみた!

普段磯に行く際は、ヒラマサを捕ることが出来る「ショアジギングタックル」 これ一本で全てを行っています。 テンリュウ・パワーマスターショアジギングロッドインプレ エギングタックルの様な軽さも当然ないし、重さとの勝負ですが エギをアクションさせる際のロッドアクションも 着底からの1発目は何とかテンションを保ちつつダートしたりするが、 以降はエギが軽すぎラインが巻きとられる惰性で 「フワッ」と浮き上がる様なアクションしかしない。 ほとんどリールを巻くエギング。   アクションさせる際、ロッドグリップが ...

ReadMore

エギング

2019/8/22

スタイル別に便利なおすすめエギケース&バッグ

雨が降ると水温が低下し夏シーズンはあっという間に過ぎ去っていきます。 変わりに始まるのがエギングシーズン。 9月中旬以降になるとアオリイカ新子シーズンスタートです。 今年も各メーカーからエギがたくさん新発売されますが、 エギを収納する便利なエギングケースをご紹介します!   便利なエギ収納ケース ランガンに便利なエギケース 漁港内や、磯場などのポイントを少しずつ移動しながらアオリイカを狙うスタイルの方には 機動性を損なわない軽く小さなエギケースをお勧めしたい。   [シマノ セフィアエ ...

ReadMore

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

-魚の生態
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.