魚の生態

[驚愕]やっぱり魚にはルアーカラーが識別できている。「東京大学の色覚研究で発表されている研究結果に驚愕」

投稿日:

イカやタコは我々人間と同じ(脊椎動物)レンズを持ってはいるが

色を視認するという証拠は無いのが現在の研究結果でわかっている。

しかし魚はどうなのでしょうか?

東京大学で色覚研究をしている研究者「河村正二氏」の研究内容を

簡単に説明したいと思います。

 


人は赤、青、緑の3つを使って色を識別している

簡単に説明すると我々人は赤、青、緑の3つの色を織り交ぜ

数百万色の「色」として識別しているうえに

明るい場所での色、暗い場所での色とを識別している。

1kk

犬や猫、牛などはこの図の様に2色を使って色を識別していることが分かる。

鳥類は人よりも更に1色多く識別し色んなものがカラフルに見えていることになる。

本題の魚類はどうなのでしょう?

 

人間よりも多い5色を使って識別している魚類!

1gf

これは驚愕!

我々人間よりも2色も多く更に◎となっているのはより細かな色まで識別している。

これには理由があり水中に届く光環境。

水深に届く光量により色が変化することは知られていますが

植物プランクトンや動植物老廃物により周囲の光が違うからだそうです。

ウナギやサクラマス、サケなどは海から川に遡上したりする魚は

海用の色覚セット、川用の色覚セットを供え持ち切り替えることができる。

海にいるサクラマスと川に遡上するサクラマスでは違う色覚を使っていることになる。

2f

上の図はメダカとゼブラフィッシュの識別している色ですが

メダカは9色、ゼブラフィッシュはなんと10色を織り交ぜ識別し

緑でも何種類もの緑を識別している。

驚きとしか言いようがありませんね・・・・。

 

見る角度によっても違う色を識別している

まだまだ魚の驚くべき色覚は続きます。

1lki

水中から水面を見ると光が良く通り明るい色に見えますよね?

逆に深い方を見ると暗い色に見えるが魚類これを

目の角度によって供え持ち、

明るい浅瀬を見る色覚と暗い深場を見る色覚を使い分けている。

角度によって違う色覚は魚類の中でどれくらい普遍的かは

まだよくわかっていない状況だそうです。

 


人が思うより魚はルアーカラーを色覚している

今回の記事は「ナショナルジオグラフィック日本版」の中の

東京大学 大学院新領域創成科学研究科 色覚の進化

魚の色覚はすごい!

画像出典:ナショナルジオグラフィック日本版より

こちらの記事を参考に分かり易く書きましたが

魚類にも個体差があるし、実際に魚に聞いてみなければ分からない部分も多いが

今後ルアー購入する際にカラー選択を「もっと慎重に考えて買おう」と

思ったのは私だけでは無い筈です。

全てのフィールドでこのカラーは釣れる! は正直信じられないが

日本海側と太平洋側のサーフを比べても水質も違えば、砂の色も違う。

磯でも場所によって岩の色が違ったりもする。

ご自分のフィールドにマッチする、魚にとって好みのカラーを見つけてみてください!

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

その他

2019/6/26

釣りよかでしょう。に「辻希美」も登場か!?

飽和状態とされているYouTubeチャンネルに 芸能人と呼ばれる既に有名な方々の参入が後を絶たない。 単純に稼げるからです。   動画内容にもよりますが 面白・ガジェット紹介系:1再生0.1~0.2円 ハウ・ツー学習系:1再生0.3円 金融・保険系:1再生0.5円 等といわれていますが、単純に視聴者の年代による違いが大きく お金をどれだけ使う人が見ているかによって、広告収入が変わります。 チャンネル登録者数が10万人=月に約100万円の広告収入   チャンネル登録者数が少なくても、億を ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/6/25

2019シーズン上半期、最も売れた釣具は!

2019年も、残り半分・・ 釣りシーズンはまだ始まったばかりですが、改めて考えると冬に狙うサクラマスやワカサギなどを除き 1年間のうちに釣りが出来るシーズンは短い。 多くの職業で繫忙期はどこかにあるでしょうからその時期と釣り時期が重なると 釣り人が釣りに行けないストレスのはけ口として行うのが 「釣具を買ってしまう行動」 行ったら最後・・ 何か購入してしまうことから?そんな意味からか?釣具店を『魔界』と呼ばれたりもする。 釣具店に行かなくてもスマートフォンからクリック一つで注文できるので忙しくても仕事の間に ...

ReadMore

釣行記

2019/6/25

2019シーズン上半期釣行まとめになってないまとめ。

もう2019シーズンも半分が終わりました。 今年はあっという間に・・ジジイになったという事でしょうか? 時の経つスピードが日に日に速く睡眠時間さえ、 まともに取れないほど毎日が激動です。 小さい頃、 「何か成功したり活躍したり秀でたことを身に着けたいなら人の2倍、3倍それをやり続けなければ自分の思い描く道は進めない」 と父親に何度も言われていた。 今現在は人の2倍程度は・・と自分では思っているが、 まだまだ思い描くような道には辿りつけていない。 まだまだいろんな面で甘い。 自分位の年になると、部下を持つ年 ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/6/24

釣り具ランキング~2019/06/24

人間余裕がある時と、余裕がない時では 気持ちの大きさの許容範囲が大きく変わる。 久しぶりのサーフへ行ったが、夜誰もいない時間帯に釣り場に立ち、 明るくなると後で分かったことだが 自分の隣数mには〇〇〇〇〇〇〇大会の幟がいつの間にか立てられていて 総勢数十名の大会参加者がほぼこちらがキャスト出来ない位置にまでビッシリ!   正直久しぶりに釣りが出来る時間で、暗いうちから釣り場に立っていたので 「大会だろうが何だろうがもう少し人がいれば場所を変えてやってくれないか?」と 心の中では思ったが、このサー ...

ReadMore

釣行記

2019/6/24

[釣行記]真鯛がチェイス・・・喰うの?喰わないの?

2019/06/23 AM4:30~6:30 風:微風 波:0.8m   休日に天気が悪かったり、仕事に追われてしまいかなり久し振りの釣りになってしまった。 イベント→打ち上げ→帰宅して仕事→AM2:30強烈に眠い。 ここで寝てしまえば完全に起きたら朝マズメを逃す事になる。 しばらく海に通っていないから、 「朝マズメの状況も知りたいから逃すわけにはいかない。」 そんな事を考えながらも眠さMAXで海に辿り着いた。   厚い雲に覆われた空は所々から、太陽が顔を出し 自然が作り出す明暗が海を ...

ReadMore

-魚の生態
-,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.