魚の生態

[驚愕]やっぱり魚にはルアーカラーが識別できている。「東京大学の色覚研究で発表されている研究結果に驚愕」

イカやタコは我々人間と同じ(脊椎動物)レンズを持ってはいるが

色を視認するという証拠は無いのが現在の研究結果でわかっている。

しかし魚はどうなのでしょうか?

東京大学で色覚研究をしている研究者「河村正二氏」の研究内容を

簡単に説明したいと思います。




人は赤、青、緑の3つを使って色を識別している

簡単に説明すると我々人は赤、青、緑の3つの色を織り交ぜ

数百万色の「色」として識別しているうえに

明るい場所での色、暗い場所での色とを識別している。

1kk

犬や猫、牛などはこの図の様に2色を使って色を識別していることが分かる。

鳥類は人よりも更に1色多く識別し色んなものがカラフルに見えていることになる。

本題の魚類はどうなのでしょう?

 

人間よりも多い5色を使って識別している魚類!

1gf

これは驚愕!

我々人間よりも2色も多く更に◎となっているのはより細かな色まで識別している。

これには理由があり水中に届く光環境。

水深に届く光量により色が変化することは知られていますが

植物プランクトンや動植物老廃物により周囲の光が違うからだそうです。

ウナギやサクラマス、サケなどは海から川に遡上したりする魚は

海用の色覚セット、川用の色覚セットを供え持ち切り替えることができる。

海にいるサクラマスと川に遡上するサクラマスでは違う色覚を使っていることになる。

2f

上の図はメダカとゼブラフィッシュの識別している色ですが

メダカは9色、ゼブラフィッシュはなんと10色を織り交ぜ識別し

緑でも何種類もの緑を識別している。

驚きとしか言いようがありませんね・・・・。

 

見る角度によっても違う色を識別している

まだまだ魚の驚くべき色覚は続きます。

1lki

水中から水面を見ると光が良く通り明るい色に見えますよね?

逆に深い方を見ると暗い色に見えるが魚類これを

目の角度によって供え持ち、

明るい浅瀬を見る色覚と暗い深場を見る色覚を使い分けている。

角度によって違う色覚は魚類の中でどれくらい普遍的かは

まだよくわかっていない状況だそうです。




人が思うより魚はルアーカラーを色覚している

今回の記事は「ナショナルジオグラフィック日本版」の中の

東京大学 大学院新領域創成科学研究科 色覚の進化

魚の色覚はすごい!

画像出典:ナショナルジオグラフィック日本版より

こちらの記事を参考に分かり易く書きましたが

魚類にも個体差があるし、実際に魚に聞いてみなければ分からない部分も多いが

今後ルアー購入する際にカラー選択を「もっと慎重に考えて買おう」と

思ったのは私だけでは無い筈です。

全てのフィールドでこのカラーは釣れる! は正直信じられないが

日本海側と太平洋側のサーフを比べても水質も違えば、砂の色も違う。

磯でも場所によって岩の色が違ったりもする。

ご自分のフィールドにマッチする、魚にとって好みのカラーを見つけてみてください!

そして地形の色+光量が明るい時暗い時、そのルアーカラーはどんな色に見えているのか?

そんな事を想いながらルアーカラー選択を楽しみましょう。

 

ルアー一覧

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

-魚の生態
-,

© 2023 The firstone