魚の生態

ザリガニは美味しい!もともと食用で日本に持ち込まれたザリガニの歴史

子供のころ、野山を駆け巡り

田畑が広がる小さな小川には必ずザリガニがいた。

 

日本に生息するザリガニの一部は

特定外来生物に指定されている。

(画像のアメリカザリガニは特定外来生物ではあるが指定されていません)

特定外来生物に指定されているザリガニもいれば

指定されていないザリガニもいますが、

この辺り、ほんとややこしい。





環境省
日本の侵略的外来種ワースト100に指定されている

侵略的外来種生物ワースト100

『ウチダザリガニ』は元々食用として人の手により

日本に移入してる歴史があります。

ヨーロッパではザリガニの種類によっては

高級食材として用いられ食用としての歴史は古い。

 

しかし現在は特定外来生物に指定され駆除の対象となる一方で、

近年食用として利用の声が多く見直されているが・・・・

我々日本人は本当に贅沢。

小さいころ、ザリガニ取りをしていた場所は

ドブ川の様な、あまり綺麗とは呼べない所で

そこに生息していた生き物がとても美味しいものであったとしても

先入観が先に頭をめぐり、食べ物として感じることが出来ない人が

多いと思います。

 

寄生虫も多くの魚や水生生物と同じようにいますが

しっかりと熱処理と泥臭さを処理すれば

十分食用として食べられるそうで販売もされています。

 

 

それよりも楽天などで

ザリガニ』と検索すると観賞用だろうけど

青や白や色んなザリガニが購入出来る事が

恐ろしく感じますね・・・・。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2021/3/2

釣具ランキング~2021/03/02

皆さんの中で釣りってなんですか? 釣り人の数だけ色んな思いがあり 美味しい魚を食べたい・家族に食べさせたいから釣りをする 魚との駆け引きを楽しむ 大自然に包まれ無になれる もっと多くの釣りを楽しむ理由があると思います。 一つ大事な事は、釣りは誰かと競うものではないってこと。 競う釣りもあります。 しかしそれはプロだったり、目的がある時だけのもので 常日頃から、SNSでサイズ争いや釣れた数争いは釣り人として・・・ 人としての常識を惑わし、一歩踏み間違えれば悪魔の囁きが近寄ってきます。 釣り禁止場所に入るよう ...

ReadMore

その他

2021/2/26

「MOFT X」全世界で大ヒットしたスマホスタンド使ってみた!

クラウドファンディングで17,000人超えと、記録的な支援者を獲得した 多機能スマホスタンド「MOFT X」 現在ではスマートフォンだけに留まらず、 タブレットスタンド、PCスタンドなど多くの関連製品も登場しています。   【期間限定値下げ】 ノートパソコンスタンド Macbook/Macbook Air/Macbook Pro/iPad/ノートPC MOFT PCスタンド 軽量 MacBook テレワーク デスク 薄型 ms001 価格:2180円(税込、送料無料) (2021/2/26時点) ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/2/19

釣具ランキング~2021/02/19

一気に10度以上の日が続いたかと思うと、突然の雪。 そして週末の最高気温は19度と人の感覚を狂わせるような寒暖の差。 三寒四温の言葉通り、少しずつ春に向かうのだが 気温だけ先走って魚はいつもの通りの時期からしか接岸しないことがほとんど。   「いつも釣れ始めるころなのに今年は遅れてる」 この言葉はそのシーズン魚が釣れないと過去のデータが表す。 それくらい釣れ始める時期は重要で、今年の春はどうなのか?楽しみですね!   釣具ランキング~2021/02/19 No.1 シマノ セフィアクリ ...

ReadMore

釣りに使える便利グッズ

2021/2/18

『スマホ車載ホルダー』メカ好きには堪らないスマホ車載充電器ホルダー

車の中でスマートフォンをどのように利用していますか? 音楽を聴いたり、ナビとして利用したり自分だけの空間として お仕事の休憩時間に情報を見たりゲームなどで気分転換したりなど 車の中でスマートフォンを楽しむ方法はたくさんありますね。 ※ながら運転、走行中の携帯電話やカーナビといった操作は道路交通法違反です。   どれだけバッテリーが大容量となっても、 スマホ本体の機能性も新しいモデルが出る度にUPし、バッテリー充電は欠かせない。   100Vコンセントが無くても、 モバイルバッテリー 車 ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/2/9

釣具ランキング~2021/02/09

福井県内河川で開幕したサクラマス釣り。 今日まで釣果がまったく確認されておらず、サクラマスは遡上していない模様です。 それでも川を見れば何人かは必ずルアーを流している。 行けば釣れるよりも、”通わないと釣れない本来の厳しい釣りに戻っただけ”と 毎年釣果を上げる方々は意外に冷静だったりもするが、 地元の方と県外から遠征してくる方ではモチベーションも違い 「行くからには釣って帰る!」と日の出から日の入りまでロッドを振り続ける。 何年か前に出会った、「10年通って初めて釣れました」 スマホに映ったサクラマスの写 ...

ReadMore

-魚の生態
-

© 2021 The firstone