魚の生態

魚の産卵時期「春に産卵する海の魚」

魚種に寄って産卵する時期に違いがありますが

春になると多くの魚が産卵を迎えます。

釣り用語では産卵シーズンの事を

『のっこみ』

『スポーニング』

『プリスポーン』

産卵シーズンに名称迄つけられている魚種もいたり、

産卵に関わるシーズンにその魚種の狙い方としての

色々な釣り方まで考察されたりします。

 

年に一度しか産卵しない魚もいれば

数か月に渡り何度も産卵する魚もいます。

今回は魚種別にいつ産卵するのかを見て行きましょう!




 

魚の産卵時期を知り、釣りに活かす

春に多くの魚が産卵時期を迎えます。

そして釣りにおいては魚達が産卵のために

深場から浅場へ移動して来るので

特にショア(陸)からの釣りでは重要となります。

 

 

魚が多く産卵する大潮

釣りに重要な潮汐も深く関係しており

産卵を行う日としては、大潮、大潮明けの中潮の

引き潮時が多いと見られている。

 

地域によって春夏や夏秋と産卵時期が微妙にずれがあるのも

日本近海の面白い部分でもあります。

 

春に産卵する魚種

真鯛・黒鯛・ブリ・ヒラマサ・サワラなど青物

アオリイカ・ヒラメ・イワシ・コウナゴ 

 

陽が長くなり、水温が徐々に上がってくると

魚は接岸し、藻場や岩礁帯に卵を産み付けます。

沖に浮遊する流れ藻に卵を産み付ける魚や砂の中に産卵する魚も。

 

海の食物連鎖に大変重要な魚「イワシ」は

年に何回も産卵し「シラス、カタクチイワシ」など

魚の生育状態で呼び方は変わるが

人にとっても魚にとっても、大変重要な小魚として食物連鎖を保つ役割もある。

 

釣りとしては浅場に接岸してくるので、

この時期だから釣り易いというよりは、接岸する数が多く

冬、抑えていた食欲が水温上昇により

大食感へと変化する魚に合わせなければ

大外れのシーズンとなったりもする。

 

結局は天気、気温、水温に左右されるシーズンでもあるが、

接岸する小魚に着いてフィッシュイーターも回遊してくるタイミングに当たれば

誰でも釣れる!、釣りを楽しめます。

 

地域や場所により若干の違いはありますが

基本的に魚は何もない大きな海のど真ん中では

産卵しません。

海の中は外敵だらけ!

当然産んだばかりの卵も狙われる。

そこでなるべく見つからないように魚達は

藻場だったり、岩が多く身を潜めることが出来る岩礁帯、

砂の中、流れ藻など卵状態と産まれてから

多くが他の魚などに食べられてしまう稚魚が身を隠すことが

容易な場所へと産むのは本能からなのでしょうか・・・。

 

魚は産卵前に餌を荒食いする!

魚は産卵前になると栄養が足りなくなるので

荒食いを始めます。

春の産卵前に釣れる魚はお腹がパンパンで

口からまだ消化されてないベイトを吐き出したり

ビックリするほど食欲旺盛になっています。

 

 

同一方向の風が吹く日に釣行する

春シーズンは天気に最も左右される。

「三寒四温」と呼ばれ、

寒くなる日は北風が吹き、暖かい日は南風が吹く。

産卵に浅場へ接岸してくる魚にとっては

風で冷える水温はとても重要。

北風が吹き続けると浅場の水温は下がるので

暖かい南風が何日か吹く日を狙った方が

水温は安定しているので接岸している可能性はより高い。

 

人も同じですよね、気温の上下差(特に寒い方)が大きいと

行動が億劫になる。

それよりも暖かい南風が吹いてる方が動きやすいですよね。

 

ベイトを追いかけるフィッシュイーターに関しては

凪で無風よりも、風があって波がある方が釣れる条件としては

高まりますが、

産卵のために接岸してくる魚は水温を安定させる

南風が重要と覚えておくと良いですよ!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2021/5/13

釣具ランキング~2021/05/13

久しぶりの更新となりました。 相変わらず、仕事は途切れることなく突っ走り 毎日マスクしてるせいなのか?頭痛と格闘しております・・・。 ほんといつまで続くのか?マスク生活にも飽きてきましたよね。 釣りの方は土日の度に撮影が入っているのでまだ今シーズンの初陣を切れていません。 5月の月末頃には行けるかな~と思ってますが すでに福井県の方ではヒラマサの釣果も出ているし タックルの調子を見るためにも漁港かどこかでキャストして慣らし運転から 始めようかな~と思ったりもしています。   今年に入り、釣り人口 ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/4/28

釣具ランキング~2021/04/28

朝晩、冷え込む日もありますが気温は安定する日も多くなり 釣りシーズン開幕ですね! 今年も昨年に引き続き、世界中が新型コロナウイルスの影響を大きく受けています。   屋外で問題ないとされていたBBQで感染者が出たり ゴールデンウィーク期間中は外出自体も控えてくださいと呼びかけられていたり ワクチンは一体いつ受けれるの? 変異種に効かないって言われてるけどワクチン受けなければダメなの?と 多くの方が情報を知らないまま一部のメディアで目にしたり耳にしたりする情報を 周りに伝え、話が食い違いながら面白お ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/4/19

青物回遊始まりました!釣具ランキング2021/04/19

日本海、福井県では春の青物シーズン始まりましたね! 釣り仲間が今シーズン初日から、 ヒラマサ、ワラサクラスをGET! サイズも良いそうで、楽しみな1年が始まりましたね。   自分は有難いことに仕事が途絶えることなく、さらに増している状況で やりたいことは色々とあるけど手と頭が追い付かない・・・。 ひとつひとつ積み重ねていくことの大事さと、 常に最高のクオリティを発揮していかないと生き残ってはいけないと 感じています。   世の中多くの物に溢れているけど、結局は五感に響かなければ自己満足 ...

ReadMore

サクラマスルアー

2021/4/18

九頭竜サクラマスルアーラインナップに「Crudo(クルード)」

遡上が最盛期に入っている九頭竜サクラマス。 シーズン開始当初は、今シーズンは全くダメじゃないのか・・・?と 少ない釣果に遠征を戸惑っていたアングラーも多かったのではないでしょうか? 3月中旬頃からは爆発的な数は釣れていませんが、 群れが入るとポツポツと釣れてます。   そんな中でも今年多数の釣果を上げているのが 北村範行氏考案ルアーSHINルアー企画から発売されている 『Crudo』シリーズ! シンルアー Crudo   全国のCrudoテスターの方でもサクラマス・サツキマスなどの鱒族 ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/4/3

釣具ランキング~2021/04/03

新社会人、一人暮らしを始めたなど、4月は大きく環境が変わる時期ですね。 もしかすると今まで通りに釣りは出来ない環境になってしまった方もいるかもしれません。 しかし釣りは色んな釣りがあります。 フィールドも川、湖、海、池、沼・・・・ 対象魚も小さな魚から大型魚まで、人生に疲れたり癒しを求める時は どんな釣りでも「釣りをする必要があった」のだと 一息ついてみてください。   環境などで釣りが出来なくなると、釣り自体に興味が無くなる時期もあるかも知れません。 だけど、水辺に魚はいつもいます。 またいつ ...

ReadMore

-魚の生態
-, , ,

© 2021 The firstone