ルアー

ベイトからルアーにターゲットを切り替えさせる!

投稿日:

久し振りに、ダイバーとして活動するヤスが自宅に来ていたので

前回同様、魚の生態、

釣りを辞めてしまってから彼の止まってしまっている釣具のテクノロジー迄

色んな話をしました。

青物(ヒラマサやブリ)の生態をダイバーに聞いて来た!

 

彼は10年ほど前に釣りは辞めてしまっていたのですが、

まぁ我々と同じように一つの物にハマるととことん追求しかなり無茶もします。

福井県の大型青物スポットの玄達瀬の近くに知人と行き、

どのダイビングペンシルが有効なのか?船の上からルアーをアクションさせて

自分は海中からどのルアーにどんな形で反応するのか?自分の眼で見てみたりだとか

その時にハンマーヘッドシャークの群れに囲まれたなど

破天荒な人生を送っています。

だからそうなのかどうかは分からないが独身です!

彼が話していたこのルアーはこれだから釣れる!と

自分が魚目線で見ていたルアーの話をご紹介します。




ルアーに捕食ターゲットを切り替えさせる!

one

ルアーもヤスが釣りにドハマりしていた頃と変わった部分と

その当時のまま発売されてるロングセラーとなってる商品はカラーが変わったりはしても

中身は変わってなかったりもする。

ヤス

これなんてあのルアーのパクリじゃね?

(某〇〇〇の○○○○○○を手に取りながら)

フォルム同じじゃん。

one

流石だね・・泳ぎもほとんど同じだよ。

価格はパクった側は当然安いけどね。

one

当時玄達に潜ってヒラマサがルアーにバイトするシーンを生で見たい!って

潜ってたことある聞いたけど流石にやることが(笑)だな。

ヤス

元々、水面をバシャバシャするルアーにヒラマサが下から食い上げるなんて

信じられなくて実は表層近くを泳いでるのが食い上げてくるんじゃないのか?と

思ってたけど、本当に

「中層辺りでベイトを追いかけてるヒラマサが

トップのルアーに反応するとターゲットを切り替えたかのように

ユラユラと下からタイミングを狙ってルアーのラインがふけた時に

一気に2~3m全速力で突っ込む感じを二度見た!」

深い場所から一気にルアーへ急上昇するんじゃなくて

あくまで知らないフリしてるような感じで近付いて行って

一気に襲う感じだね~。

期待するような下から弾丸のようにルアーに突っ込んで行く動きとは程遠いよ。

奴らは、ルアー着水に気付いてるんだよ。

その瞬間から気にしながらもどれを襲おうかな~って選んでる感じに見えた。

だから、ターゲットを追いかけてる小魚からルアーに変えさせる理由が必要だね。

one

その極意は!?

小魚を追いかけてるヒラマサにルアーへとターゲットを変える方法は?

ヤス

まぁな、それ言うとそれが全ての様になるから・・

10回潜って2度見た、ターゲットをルアーに変えたヒラマサは、

ダイビングペンシルの糸ふけが出て、ルアーが一瞬でもストップ状態があるからこそだと思ってる。

止めずに動かし続けてもらった時、ヒラマサはルアーに気付いては居るんだろうけど

動き続けるものより、止まったりする

「あれ、狙えるんじゃね?」的な楽して獲れるエサを優先するのかもだね。

魚は人間の様に、何か目的を達成する時にそのプロセスや方法なんか気にしない本能のまま行動するのが魚だから。

one

色んな状況があるからね~でも自分は経験上トップに反応する時って

着水から20m程度内でしかバイトしてきたことなくて、糸ふけ時のストップを長く取るのもどうかな?と

思う時もある。

見切られるかな?とか。

ヤス

魚がルアーを見切るんじゃなくて、

ルアーよりも他に狙える小魚なんかのエサが周りにたくさんあるからだと思うよ。

水族館行ったら観察すると良いよ、

魚は自分の最短距離に落ちてくるエサから必ず食べる。

わざわざ、遠くまで泳いで行ってそのエサを食べようとはしない。

だから魚がエサを狙ってる通り道へキャストする事って大事だよ。

海中は陸から想像する以上に起伏に満ちてて、

この前話したブリなんかはだだっ広い所で大群で小魚やイカを追いかけるけど

ヒラマサは回遊ルートにしてる岩礁帯に追い込んだりしても狩りが出来る魚だから

ヒラマサが通るエサを捕食するであろうルートにルアーを投げ続ける事も重要な事の一つだと思う。

回遊魚だからどこへ投げてても回遊してきたら釣れる!なんてのは

ベイトを追いかけて頭に血が上ってしまったような、ワカシとか小型青物だけで

ヒラマサは人間に例えると賢いって表現よりも

「冷静」な魚ってことにしといて!

 

冷静な魚「ヒラマサ」をルアーに熱狂させる!

確かにヒラマサは冷静な魚かも知れないが、魚は魚です。

腹が減れば食べて、本能のままに生きる。

「スイッチを入れる」などの言葉で表現することもありますが

ヤスに言わせると、そんな事よりも

みんなヒラマサの捕食ルートにキャストしていない。

だそうです。

陸から見える情報からしか水中の様子を想像できない我々ですが

凪の日、荒れた日と波の立ち方や潮通しが良い時間などに水流などからも

地形がなんとなくわかる時も在ります。

そして何よりも、過去にヒットした経験がある場所は

最も重要視するキャストポイントだと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

青物オススメのトップウォータールアー




その他

2019/9/18

箏奏者『後藤礼奈』

突然ですが、皆さん箏(こと)と呼ばれる楽器をご存知ですか? 見た目的には「琴」とよく似た形をしていますが、 琴は日本古来の6絃楽器、 箏(こと)は奈良時代に中国から伝来した13絃の楽器です。 福井県に素晴らしい箏奏者がいるのでご紹介したいと思います。   箏奏者「後藤礼奈」 箏はよく京都の和菓子店さんや和風旅館で流れていたりするイメージがありますが、 今は、様々なジャンルを弾く楽器へと変化してきています。 邦楽・J-POP・アニソンなど箏にアレンジされた曲も多く 身近な楽器へと変わりつつある。 ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/9/17

釣具ランキング~2019/09/17

朝晩涼しく、夏の終わりから本格的な秋へと気温の移り変わりを感じると共に 海の中も魚の活性はMAXへと向かっていきそうです。   千葉県の方では台風の被害により日常を取り戻せていない状態が続いています。 私の福井県で起きた大雪の時もそうでしたが、メディアは興味のある時期しか放送せず 強い雨や強い風が過ぎ去った後はパタリと放送を辞めます。 視聴者も求めていないからでしょうけど。 しかし情報が全く伝わっては来ません。 この週末、色々とバタバタしていてまともにニュース番組を見れていませんが いったい関東 ...

ReadMore

釣行記

2019/9/16

[釣行記]バイト!バイト!今年はハチに襲われる秋シーズン!で終わりそう・・・

2019/09/15 日曜日の釣行記です。 夜明けが遅くなり、4時台ではまだかなり暗いが今日は月の明かりでいつもとは違う明るさ。 一投目からバイトがあるがノラない(笑) 数投目にも・・・・・ 明るくなってからもシーバスとは違う色の大型青物のバイトがあるがノラない! 秋シーズン毎回、トップに乗らない病気に近い。 相当なバイト数があるが、トリプルにもシングルフックにも。 そのうち視界が明るくなると奴が登場する。 「スズメバチ」 顔の周りをブンブン飛び回ったり、気になって仕方ない。 少し足場を変えようと低い位置 ...

ReadMore

ウェーディング装備

2019/9/13

磯ショアジギングを始めるライフジャケット、シューズ、ウエットスーツ装備

磯は多くの魚、驚くようなサイズの魚と出会える夢のある釣り場です。 しかしその分、危険性も多く安全装備やタックルも シーバスタックルやサーフタックルではまさかの大物がヒットした時、何もできずに終わってしまってはもったいない! そこで磯でショアジギング・ショアプラッキングを始めたい方向けに 装備をご紹介していきたいと思います。   磯でショアジギング・ショアプラッキングを始める安全装備 まず磯で釣りを始める時に何が何でも安全装備をしっかりとした製品を購入してください。 ベストタイプのライフジャケット ...

ReadMore

その他

2019/9/10

スズメバチが襲ってくる理由や対処方法は?

9月に入ると一気に釣り場はエギングを楽しむ人により賑やかになります。 しかし気を付けたいのがスズメバチに刺される被害。 海の側・・はすぐ後ろが樹々が生い茂る林になっていたり 山の中と同様にハチの巣は多いです。   そこで今回は特に最も攻撃的なスズメバチが襲ってくる理由や 対処の仕方などをご紹介します。 因みに過去2回スズメバチとアシナガバチに刺されてます。   スズメバチが襲ってくる理由と刺された状況 スズメバチが人を襲う理由 黒色に攻撃的な行動を示す(蜂の巣を襲うクマと同系色だからな ...

ReadMore

-ルアー
-, ,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.