個人的な思い

釣りを200%楽しむ方法!

ある人に「ホントに釣り好きなんだね。」と

言われて改めて釣りを楽しんでるなぁ・・・と

自画自賛。

 

週末アングラーで土日も仕事が入る時があるので

釣り場に立てるのは月に多くて6回ほど。

釣り場までは1時間近く・・・・・。

平日朝マズメ、夕マズメは不可能に近い。

月に6回しか釣りを楽しめないのか?

いや、違う。

毎日楽しめます!

今回はイマイチ釣りを楽しめなくなった人、

釣りに行く気が起きなくなってしまった人、

釣り始めてみたいな~と

釣りを始めようか迷ってる方と

もう一度釣りを楽しめるようになるかもしれない

方法をお伝えしましょう!

 




 

釣りを楽しむ7つの方法

 

釣堀・管理釣り場で魚とのコンタクトする

 

魚を釣りたいだけであれば釣堀・管理釣り場に行くことが一番の近道。

魚は必ずいるし、1日釣堀にいれば

何らかの魚からのアクションは得られる。

もちろん魚とのやり取りは確実に上手くなるし、

初心者の方は釣堀から始めてみるのも良いでしょう!

 

 

行ったことの無い場所へ釣り場を開拓する

 

個人的には一番のオススメは新規釣り場開拓。

新規開拓は冒険だ!

誰も釣りしてるのを見たことが無い場所、こんな所で釣れるの?

バックパックに水分と食料を詰め込み

ロッドとリール、ライフジャケットとスパイクは必須ですが

ルアーは1つで良い。

周囲80m程度探れる飛距離のルアーと、ナス型オモリ。

水深を探る為のオモリと藻などの位置を探るシンキングルアー。

必ず明るい時間に凪の時に行く。

釣れなくても釣りが出来る環境か探れればそれでいい。

釣りが出来そうであれば、次回来る時の楽しみが増える。

「釣れるかも~!?」それまでドキドキ出来る。

 

 

ライン結束を無駄にきれいに組む

 

今でも釣行後、洗浄したリールを乾かした次の日には

必ずノットを編みます。

毎回同じノットを組むわけですが、

現実の結束強度には影響は無いが綺麗に編み込まれたノットは

まだ見ぬ大物とのファイトが眼に浮かぶ。

完全な妄想状態に突入する。

 

 

他人の釣果を一切無視する

 

SNS全盛となり否が応でも他人の釣果が気になってしまう。

これを無視するのは難しいが、

誰が何㎝の魚を釣ろうが、何匹釣ろうが、

そんなの釣った本人以外数日で忘れます。

プロアングラー等それで食べている世界の人とは違います。

釣りに命を懸けるという人も居ましたが、

釣りは命を懸ける物では無い。

釣果至上主義になると

荒れる闇磯に泳いで渡ったり

自分より背の高い波が来るような檄荒れでも

釣り場に立ったり、釣りが好きとは別物です。

そんな時は釣り場に立つ前に家族との写真を見て

車に戻りましょう。

生きてれば釣りはまた出来ます。

 

 

釣りゲームを楽しむ

 

最近のゲーム事情には詳しくありませんが

ゲーム内で釣り上げた魚が自宅に届くゲームまで

あるんですね!

定期的に開催されるランキング形式の上位者やブービー賞の方に

本物のお魚が届きます!

http://game.chowari.jp/cae/

 

他には

音や振動リールまで重くなり使えるルアーも30種類も!

家に居ながら釣りが楽しめてしまう

「バーチャルマスターズ スピリット」

 

 

 

とにかく景色の良い釣り場に行って写真を撮る楽しみ

 

これも釣りをあまり楽しめなくなってしまった人にはオススメです。

普段行く釣り場は景色がとても綺麗な所が多い筈です。

朝陽が昇る瞬間や夕陽が落ちる瞬間など

普段の生活では気にも留めない時間かも知れないけど

それを写真に撮る・・・・

その時の感情とか、後から見返してもずっと良い記憶に残ります。

 

 

魚をさばいて食べる楽しみ

 

釣って来た魚をさばいて食べる事も釣りを楽しむ一つの重要な要素。

自分で食べるのもよいが、家族や近所の方などにも

喜んでもらえる新鮮な魚を食べれることは

釣り人の特権ですからね!

お刺身以外にも、お味噌汁にしたり焼き物にしても新鮮な魚は

身が引き締まっているので美味しいです。

 

 

それでも釣りを楽しめなくなったら・・・・?

 

釣りを楽しめ無くなった方の中で

特にSNSで多いのは

  • 「釣れなくて他人の釣果が気になる」
  • 「釣りに行けないのに釣りばかり行ってることへの妬み」
  • 「他人の魚へのサイズ誤魔化し」

ワイドショーネタにでもなりそうな言葉ばかりですが

実際こんな人に多い。

 

実際に釣り場でクロスへキャストされて腹が立つことは在っても

他人が釣り上げた魚なんて他人の魚です。

大きなサイズを釣ったなんて狙って釣れるのであれば

全員ランカーサイズしか釣れないわけで。

自分には関係ない事です。

釣りが上手い下手だからとか考えなくてもいい。

楽しんで釣りをしてればいつかそれなりのサイズが釣れます!

釣りなんてそんなものです。

 

「釣りが上手い下手と釣果を結び付けてる人は

釣りを知らない人だと思いますよ。」と

あるサクラマスアングラーの方に言われたことがある。

そんな事より地形や流れ、如何に根掛かりを回避しながら釣りをするか?

などもっと技術的な事を含めて釣りが上手いです!

 

今回ご紹介した釣りを楽しめなくなってきた時に

釣りを楽しむための7つの方法ですが

実は普段から自分がドキドキしてることです。

(さばく事と釣りゲームはやりませんが)

釣りってドキドキします。

日常では味わう事の出来ないドキドキ感です。

未だにノットを組んでる時でもドキドキする。

家族にはこの人おかしい・・・と思われているかもしれないが

家で糸を手に持ち編んでドキドキしてる父親程、平和な家族は他にはない!

 

それでも釣りを辞めたくなったら、

釣り具は手入れしなければ傷んでいくので

道具など釣り友達に買い取ってもらうか、中古SHOPへ全て売りましょう!

また釣りを始めたくなったら

すべてその時の最新の道具を買い揃えれば良いです。

生活の総てでは無く、生活の一部から釣りを切り離すだけです。

一部なので、いつでもまた再開できる時が来ます。

そんな気持ちになった時こそ、また釣りを楽しむドキドキを味わって欲しい。

 

 




 
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣りに使える便利グッズ

2020/10/31

シマノ2021年魚拓カレンダー受付開始!

今年も残すところ、あと2か月。 釣れても釣れなくても、記録更新してもしなくても 満足できる釣りが出来れば、また来年健康に釣りが楽しめればそれで良いのです。 すでに釣りシーズンを終えた方もいれば、真冬でも釣りに行く方もいるでしょう! そして釣りのモチベーションを上げる「シマノ魚拓カレンダー」が今年も受付を開始しました。 2021年の表紙は眼張魚(メバル) 1月:真鯛【マダイ】 2月:平鱸【ヒラスズキ】 3月:鮃【ヒラメ】 4月:へら鮒【ヘラブナ】 5月:伊佐木【イサキ】 6月:鮎【アユ】 7月:白鱚【シロギ ...

ReadMore

釣りに使える便利グッズ

2020/10/29

子どもと釣りを始める最低限の道具と知識!

今年になってから、釣り場に向かう途中の漁港や堤防などで 釣りを楽しむ多くの家族を見るようになりました。 釣り場に向かう時に立ち寄る漁港では、 おじいちゃんと小さなお孫さんと毎週会うので話すようになり 「孫が釣り好きで~毎週来るけど、家でゲームばかりしてるよりは良いかな?と思ってね」   そうです! 釣りを覚えることで、 肌で感じる大自然の季節の移り変わり 生き物の命 目標に向かっての試行錯誤(魚をどうすれば釣ることが出来るのか?) など、多くのことを考え感じ取り自分から実践するようになります。 ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/10/28

釣具ランキング~2020/10/28

ここ最近、釣りに行けてませんが もしかすると自分と同じように仕事が絶え間なく続き 釣りに行く時間が取れない人も多いのかも? 2020年の春は「無」何をするにも出来るような出来ない様な ZOOMでオンライン会議など、”結局は行かなくて済むような話”には効率的だが オンラインでは大事な商談が、決まっても一方的な仕事の成果になり 顔は見えても心まで見えないからなのか?中途半端な結果に終わっているものが多い。   人をだましてくる人もいます。 顔ではへらへら、「いや~仕事順調で儲かって笑いが止まらないん ...

ReadMore

個人的な思い

2020/10/23

子ども達に、海や川の水の怖さを教える大切さ

アウトドアブームに乗って釣りを楽しむご家族の姿が 海や川、湖などでもたくさん見れて 釣りから命を学んだり、自然を学ぶなど街中では得られないことを体験する、 人生が豊かになるレジャーです。   しかし水辺には数多くの危険が潜んでいます。 近くに大人がいても、子供さんが水辺に落ちた際には亡くなる事故も多く 楽しい釣りが人生を狂わすことにもなりかねません。   子ども達に、海や川の水の怖さを教える大切さ 自分達が小さい頃は、子どもだけで釣りをすることもありました。 その当時、釣りに行くという ...

ReadMore

魚の生態

2020/10/21

青物回遊や時期、釣れる場所の秘密のはなし。

まず突然ですが、釣りには可も無く不可も無い。 ”絶対に今日は釣れる!”と過去の実績がある 潮回り ベイトの有無 波高 であったとしても釣れないときは釣れない。 だから釣りは面白い訳で、毎日行けば10匹釣れる状況だったら 多くの方が釣りを長く楽しめていないと思います。   しかし、全く釣れないと面白くないのも釣り。 多くのアングラーが週に1度か2度行けるかどうかの中で どのように青物回遊を考えれば良いのか? 自分なりに出した結論を公開します。   青物回遊や時期、釣れる場所の秘密のはなし ...

ReadMore

-個人的な思い
-

© 2020 The firstone