個人的な思い

地方創生と釣りを結び付けない方が良い話。

2019年2月に国土交通省が日本全国で募集していた

「釣り文化振興促進モデル港」として13の港が指定されました。

指定された港は次の通り

青森港・秋田港・小名浜港・相馬港・新潟港・直江津港・

熱海港・清水港・高知港・下関港・北九州港・芦屋港・別府港

既に一部の港湾ではファミリー釣り場として、週末ともなると多くの人で賑わい近隣の店舗でも

その経済効果として潤っている地域もあるそうで、今後も更に釣り業界だけではなく

釣りから始まる経済的効果にも期待していきたいですが、なんでも地方創生として結びつけない方が良い。

これは釣りをレジャーとした観光資源ですが、その自治体や地域の中で今後より経済行動に結びつけば良いだけであり

そこから地方創生事業でクラウドファンディングで資金を調達など絶対にやらない方が良いです。




地方創生に群がる甘い蜜を吸うコンサルティング

地方創生と呼ばれる言葉に対して「甘い蜜をとことんまで吸い取ってやろう」

このような思惑を持つ方やグループも多くいます。

実際に地方創生事業でクラウドファンディングで支援金を受け取り、

何に使われているのか??の案件も多く

個人や団体としての資金調達の場だったクラウドファンディングサイト自体が地方創生の手段として使われるのは

少しおかしなことではないでしょうか?

それも本当に地域住民が困ってることを解消する事などに使われるのは良いが、

シャッター街となった商店や、自治体の勝手な考えにより、

これ以上自分達では無理だから、お金を恵んでくれませんか?と言っているのに近い。

そこに入り込んでいるのが甘い蜜を吸うコンサルティング等と名乗る業者です。

 

地域創生の一環として、

クラウドファンディングで資金を調達する

達成できそうな金額で募集する

さらに自治体の補助金も費やす。

収益化出来ずにその年で終了。

 

結果が目に見えてますよね・・・・。

そもそもクラウドファンディングで資金調達して使い道だけ決まっていても

所詮人様のお金ですの感覚です。

 

そこが個人や企業が行うクラウドファンディングとは全く違う。

個人や企業は、例えると

ルアー開発を行い販売します。支援して頂けませんか?

支援して頂いた方には、3個のルアーを発売前に半額なり無料で贈らせていただきます。

対価があるからお金という形で支援するのであって、そこには支援に対してのリターンがあるから

トラブルにもならない。しかも発売前にルアーが使えるなんて釣り人にしてみたらすごく嬉しい事です。

 

しかし増えている自治体の、「限界集落に移住者を呼びたい」にどれだけの支援が集まりますか?

元々その地域に実家などがあり都会へ出た人ですか?

それともリターンとして贈るその地域の特産物欲しさの方ですか?

特産物であれば、今どきWEB上で購入できますよね。


地方創生コンサルティングはこういった限界集落用のテンプレートのような形を持っており

自治体内部に入り、ホームページを作らせクラウドファンディングサイトで支援を求め

リターンは地域特産物と、お決まりのパターンです。

そして自治体の補助金を吸い尽くすとまた違う自治体へと・・・。

最近よく聞く話。

そもそも自治体がクラウドファンディングで支援を求める事自体、辞めた方が良いです。

年々、収益化出来、尚且つリスクが少なく自治体だけで行える規模の事業があるのであれば別ですが

収益化事業として外部の人を雇い、クラウドファンディングで得た資金は収益化する前に底をつき

ホームページなど作っても誰もその自治体のホームページを見に来ないし、

一体だれがホームページを紹介するのでしょうか?

今は企業名や、商品名だけの検索ワードはそれなりにヒットしますが、

多くの企業や、サイト管理者によってSEO対策が広く進められており競合も多い中

限界集落がクラウドファンディングで資金を募集していることも頻繁にあるので

自治体では対処できない程に複雑化しています。

 

以前、写真を撮影頼む際に、プロではない方にお願いした事も在りますが

出来ると言っていたのにいざ任せたら、

「物撮りやった事が無く単焦点では撮ったけどボケてしまう・・・」と

はぁ?と、被写界深度を全く理解していなかったり、カメラ歴が長い方に連れ添って撮りに行き

自分で悩まずセッティングも同じで、風景しか撮ったことないようでは所詮そんな程度でした。

実績も無いのにお金だけ要求する。

今はAIを使って簡単にホームページを作れたり、そこそこのカメラを持ってInstagramであれば

そこそこの写真に見えるように撮れます。

しかし当たりはずれです。好きな物しかやらない様な人に仕事としてはまず出来ません。

特にInstagramで集客をやってる方にはそんな人が多い。

余りにも呆れて、開いた口が塞がらないとはこんなことを言うのだと自分も経験しました。

常日頃から、責任感を持った方に仕事として任せられなければそれと同じような結果になるリスクが高い時代です。

ぜひ自治体の皆さん、地方創生で安易にクラウドファンディングで資金を調達し、

怪しいコンサルティング会社に吸い尽くされるだけの事業はやらない方がオススメですよ。

これから釣りもお金になるんだ?と飛びついてくる業者は一層増えるでしょう。

自治体に対して、

「釣りイベント開催しませんか?」

「地域創生で釣り教室開催しませんか?」など既に増えているが

人が集まらずに急遽中止したり、その分の広告費はどうしてくれるんだ?とトラブルも増えているそうです。

地方創生と結びつけて釣り場に資金投入は良いが、観光収益化に結びつかず閉鎖されゴミだらけにならない様な

まともなコンサルティング会社が付きますように!




エギング

2020/9/19

そのエギングテクニックでは釣れませんよ!「アクション出来ないなら巻くだけで釣れる」

イカはエギ追いかけて来るのに見切られて釣れないな~ 誰しもそんな時はあるが、イカも魚同様に捕食しやすいレンジが存在する。 秋シーズン特有の数釣りを楽しむためにもっとも楽な方法は 釣り仲間と”誘う役・エギを抱かせる役と二人で組む”ことですが 一人でも数釣りを楽しむ方法をご紹介しましょう!   そのエギングテクニックでは釣れませんよ!「アクション出来ないなら巻くだけで釣れる」 数釣りが出来る方は、フィールド・天候・時間を問わずに 釣果を上げれる方です。 特に秋シーズンはどのポイントもエギングを楽しむ ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/9/19

釣具ランキング~2020/09/19 エギング人口は増え続ける

しばらく釣りで海を訪れてはいませんが、 仕事で海岸沿いを通ると、 テトラの上や漁港などにエギングを楽しんでいる釣り人の姿がチラホラと。 ロッド・リール・ライフジャケット・フィッシングシューズなど 最低限の装備だけ積んで、車から降りたすぐ側でエギングを楽しめるのも 秋シーズンの良い所ですね! 手軽さ・食べて美味しい、道具も軽い事など女性や子どもさんまで楽しめるエギングは 釣りを始める切っ掛けにもなり、こんな世の中だからこそ 大自然の屋外で楽しめるレジャーとして今後もエギングを楽しむ方は増え続けて行くでしょう ...

ReadMore

エギング

2020/9/17

そのエギングテクニックでは釣れませんよ![初心者がアオリイカ釣果を上げるコツ]

9月に入れば朝から夜まで釣り場には多くのエギングを楽しむ方が。 その昔、Twitterのアンケート機能で ”1シーズン平均何匹のアオリイカを釣りますか?” 1.0~10匹    70% 2.  30~100匹    20% 3.  100~200匹  10% こんな感じの結果が出て、 釣行回数や、釣り歴などデータは無しのいい加減極まりないアンケートでしたが 年に5~6回程度エギングに行く知り合いも、シーズン10匹程度と話していたので 1釣行2匹程度で満足しているそうです。   どの程度の釣果で満 ...

ReadMore

県内外情報

2020/9/20

福井県へGo Toトラベルキャンペーンを利用してお得な旅を!

連日のようにワイドショーやTVメディアでは 新型コロナウイルスの感染者数の話題、 感染者数が少なければそれに関連した政府のコロナ関連政策の揚げ足取り。 今話題の「Go To キャンペーン」 7月27日から8月20日までのべ420万人が利用したと国土交通省から発表があり、 施設でGoToを利用された方で感染が出ているのは一人だけとも 西村経済再生相の話もありました。 メディアなどでは面白おかしくGoTo利用したから感染したような報道ばかりですが 施設での感染者数はたった一人です。   国や県の非常 ...

ReadMore

釣りに使える便利グッズ

2020/9/19

「釣りビジョンVOD」釣り番組では国内最大級の5,000動画見放題!

スカパーや一部ケーブルテレビでのみ放送されている 「釣りビジョン」 YouTubeでも一部視聴可能ですが、短縮版だったり数分間しか観れなかったり 放送される時間に見なければいけなかったが 新たに釣りビジョンVODとして視聴が可能になりました。 ※VODとはビデオ・オン・デマンドの略称で、動画配信サービスのことを指します。 決まった時間に番組を見る放送とは異なり、 好きな時間に好きな番組を見られる点が釣りビジョンVODの特徴となっています。   好きな時間帯に釣り番組を見ることが可能になったのは嬉 ...

ReadMore

-個人的な思い
-

© 2020 The firstone