ルアー

ミノーとシンキングペンシルの違い

プラッキングゲームの2大主力

「ミノー」「シンキングペンシル」

2種類のプラッキングルアーですが

リップレスだったりヘビーだったり

大きなカテゴリーから多く派生し泳ぎ方も違えば

使い方も様々なプラッキングルアーが存在します。

 

今回はシンプルに「ミノー」と「シンキングペンシル」の違いを

見て行きましょう。

 




 

アピールのミノーorナチュラルなシンキングペンシル?

 

ミノーはアピール力が大きい・・・・

色んなタイプの派生ミノーが発売されて

一概に「ミノー全てがアピールが大きい」とは呼べなくなってきています。

ウォブンロールで泳ぐミノーもあればウォブリング、ローリングに特化された

ミノーまであり、

より激しくアピールするのか?

よりベイトに近いナチュラルにアピールするのか?

ミノーだけでもハイアピールorローアピールがカテゴリー分け出来るほど

多くの種類が存在します。

 

あまり細かくすると大きなカテゴリーの

ミノーとシンキングペンシルのカテゴリー自体がブレてしまうので

まず大まかに説明しましょう!

 

 

ミノーとシンキングペンシル飛距離比べ

 

飛距離はシンキングペンシル

基本的にはシンキングペンシルの方が

名前の通り細身のボディなので飛びます。

空気抵抗となるリップも付いていませんので

キャストミスも少なく誰が投げてもそれなりに飛ぶ。

 

ミノーとシンキングペンシルアピール力はどっち?

 

アピール力はリップがあるミノーが強い

ミノーのウォブリングと呼ばれる小刻みに揺れる動きは

シンキングペンシルには敵わない。

これはミノーに付いているリップがあると

小刻みなピッチの早いアピールが出来ます。

 

シンキングペンシルは大まかに分けると

ピッチの大きな蛇行をして泳ぎます。

 

ミノーは逃げ惑う小魚の様にアピール出来、

シンキングペンシルはゆったりと泳ぐ小魚の様にアピールする。

多くの魚には「側線」と呼ばれる水の中の振動を感知できる

器官を持ちます。

この側線がミノーが小刻みに動くときに出す

「撹拌流」を感じ変なのが泳いでいるぞ?と

ルアーに気付くわけですね。

 

アピールが大きい=魚に見切られる、となるので

ミノーは表裏一体のメリットとデメリットを持ちます。

対してシンキングペンシルは

ユラユラと漂って泳いでいるだけなので

メリットも大きくなければデメリットも無いとなるので

魚にすぐに見切られることは少ない。

 

朝マズメや夕マズメ、ベイトが多く接岸しているとき、は

ミノーでハイアピール!

日中や水質がクリアな時はシンキングペンシルと

使い分けも有効です。

また大雨が降った後、水質が濁っていると

魚の側線が働らく機能が弱くなってしまいますが

そんな時にもミノーが有効ですね!

 

ミノーとシンキングペンシルのレンジキープ力

 

ミノーは抵抗を感じると潜り、シンキングペンシルは浮上する

ミノーとシンキングペンシルの大きな違いの一つ、

水の抵抗を受けるとどうなるのか?

 

ミノーは潜行し、シンキングペンシルは浮上します。

ルアーによって潜行するレンジは様々ですが

水面直下を一定のレンジをキープする物から

ボトムすれすれを泳ぐものまであります。

対してシンキングペンシルは殆どが浮上してきます。

浮上する速さや力は様々ですが、

ボトムを取っても水の抵抗を受けると浮上しやすいのが特徴です。

 

リップレスミノーはちょうど

ミノーとシンキングペンシルの中間の様なカテゴリーで

一定のレンジを深く潜行せずにキープしながらウォブリング出来たり

浅いシャローと呼ばれる場所や藻場などで

深くレンジを潜行させたくない場合などに根掛かりを防ぎながらも

アピール出来るルアーです。

 

ミノーもシンキングペンシルも状況で使い分ける

ルアーはカラーもそうですが、

「これを使わなければ釣れない」と決まった法則は一切存在しません。

経験を積めば積むほど、より一層分からなくなります。

色んな条件がかみ合わさり釣れるシーンが多い為、

気象条件も2度と同じ状況には出会わない。

そして釣れないときこそ、

「今ルアーはどのレンジをどのように泳いでいる」

これを分かっていないと、無駄なルアーチェンジにばかり

気を取られてしまい

どのレンジを狙ってどんな魚を狙うべきかまで

ブレてしまう釣行となってしまった経験が自分にもあります。

 

どちらの方が釣れるのか?

答えはどちらも釣れる!

この状況の時はこのルアーとルアーの特性をより理解した時こそ

釣れたルアーから釣ったルアーと感慨もより一層大きな

満足感を得れますよ。

 

ここ数年は、シンキングペンシルが数多く販売され

対してミノーはヘビー化されるものが多く

両者、どちらのメリットも兼ね備えるルアーも数多くある。

自分が通うフィールドに合ったルアーを見つけることも

釣りの一つの楽しみですね。

 

 

おススメのミノー

シマノ サイレントアサシン

どこでも販売され、売っていない釣具店は無いのでは?

サイズやレンジなども多くの種類があり、

使用できるフィールドも

河川、漁港、サーフ、磯とあらゆるフィールドに対応可能。

シマノ サイレントアサシン一覧

 

ジャンプライズ ぶっ飛び君95S

ここ数年間で圧倒的な人気を誇る。

多分100投してもミスキャストは1投も無いのでは?と

思う程に飛行姿勢も安定し、1日中使い続けることもできる。

こちらも河川、漁港、サーフ、磯とフィールドで選択できる

3種類のぶっ飛び君があるのでどこでも対応可能。

 
ジャンプライズ ぶっ飛び君一覧
 

 




 

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2020/7/13

釣具ランキング~2020/07/13

今週で一番嫌な時期、梅雨が終わりそう。 海にとって、雨はとても大事で山から栄養分が川に流れだし 海に流れ着き、小さなプランクトンが発生しその後は弱肉強食の世界。 近年の大雨による河川の氾濫は度が過ぎる人の力ではどうしようもない現状ですが、 毎年のように日本のどこかで浸水被害が出て、 堤防技術や河川工学が発展しているはずなのになぜ?と疑問を持たなければいけないのでは? 日本は昔から川の氾濫が頻繁に起きている歴史がありますが、 山の近くに住めば、土砂崩れ・土石流。 川の近くに住めば、浸水。 海の近くに住めば、 ...

ReadMore

釣行記

2020/7/11

ヒラマサとのファイトで完敗!

2020/07/11  12:00~16:30 中潮 風:強い 波:0.5m   明け方は海に行ったが暴風雨で釣り場に到着するもUターン。 こんな時は家で酒でも飲んで寝てた方が幸せになれる。   で、再度お昼頃に海へ。 雨が降りそうで降らない、風も強くなったり弱くなったりで 波は細かい風波が立っていた。 到着早々、19㎝ダイビングペンシルに「ガツン!」とバイトが乗らない。 今日はこのサイズで通してみようと思い30分後くらいに ルアーが水面に浮きあがる直前、横から緑と黄色のあいつがすごい ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/7/6

釣具ランキング~2020/07/06

福井県の磯全体に青物が本格接岸。 面白いシーズンが始まりました! 磯に通う本命はヒラマサなんだろうけど、それは魚を選べないので 仕方ないかもしれないが、青物の群れには必ずヒラマサも混じってるので 夏本番に向けてデカマサを狙いたいですね! 今年は数は要らないから、一匹ドカンと7~8㎏のヒラマサをと・・・・ 毎年そう思ってますが・・。   釣具ランキング~2020/07/06 No.1 防水バック   No.2 シマノ ネッサ ウイングビーム   No.3 ゼスタ ハードスプリッ ...

ReadMore

釣行記

2020/7/5

[釣行記]トップ青物祭り!

2020/07/05  4:30~09:00 大潮 風:微風 波:0.5m 前回の釣行時、実は青物のバイトがありルアーが弾かれた。 コロナ自粛以降、魚から初めてのバイトらしいバイトで、取りあえず時間だけ記憶していた。 海に到着すると、魚くさい。 これは釣れたも同然。過去この魚のにおいがして釣れなかったことはほとんどないくらい、 第6感なのか、何なのかは分からないが釣れる。 前回のバイトがあった時間に集中する。 空からは細かい雨が落ちてきた。   ドン!水柱が上がる。 久し振りの魚とのファイトと、 ...

ReadMore

その他

2020/7/3

深夜、車で走るアングラーの皆様へ!

知り合いのご家族の方が深夜、道路で轢かれて亡くなりました。 自分も釣り場に暗いうちから向かうので、特に気を付けなければいけないと思っていますが これから陽が昇る時間も早くなり、日中の暑さを避ける為か まだ暗い時間から畑や田んぼに向かうお年寄りの姿も多く見られます。 深夜は道も空いているため、ついアクセルを踏んでしまいがちだし 釣り場まで向かうドキドキ感でスピードが出てしまう事もあるでしょう。 今さらですが、雨の日は視界も悪いしブレーキ制動距離は 走行しているスピードによって大きく伸びてしまいます。 &nb ...

ReadMore

-ルアー
-, , ,

© 2020 The firstone