魚の生態

間近で見れる海の不思議な生き物

水族館に行けば多くの海の生物を見ることが出来ますが

それは展示されている生き物として。

磯遊びや、海水浴に行ったときに観れる事は

水族館とは違った「生き物が住んでいる自然環境」そのものを

間近で見る醍醐味です。

 

夏は海に出かける事も多いので磯や砂浜に生息する生き物を

観察するチャンスも多いですが、不思議な生き物も多くいます。

形や色など毒のある生物も多いので割と頻繁に見る事の出来る

不思議な生き物を見て行きましょう!




海に生息する不思議な生き物

 

アメフラシとウミウシ

海に生息するナメクジやカタツムリの様な生き物。

危険を感じると紫色の液体を出し

それが水中でモヤモヤと雨雲の様に見える事から

アメフラシ」の名前の由来です。

見た目は巨大なナメクジやカタツムリの様で中々にグロテスク、

子供達が見つけると大騒ぎになる。

頭に角の様に見える突起がある為に

中国や英語圏では「ウサギ」を連想する名前が付いていたりもする。

 

アメフラシは体調15㎝程度にもなるが

「ウミウシ」はもっと小さく数㎝程度の大きさしかない。

さらにアメフラシと比べてとってもカラフルな色の種類が多く

驚くほど派手な「ウミウシ」も多い!

 

 

日本近海には500種類も「ウミウシ」の仲間がいますが

中には有毒のウミウシもいる為に素手で触ったりせず

あくまで観察する程度にしてあげると人にもウミウシにとっても

良い事ですよ!

アメフラシもウミウシも貝の仲間として分類され

頭部がオスの機能、後部がメスの機能を持つ「雌雄同体」。

 

 

 

ワレカラ

海に生息する小さなエイリアン?とも

話題になる事も多々ある、「ワレカラ」。

ダイビングとシュノーケリングスクールFun Sea

 

磯場で藻の中に擬態し、体長0.5cm~3cm程度な為に

よ~く見ないと気付きませんが

尺取り虫の様に動く為、藻を手に取ってしばらく見てみましょう。

見た目が映画「エイリアン」に登場するモンスターに似ている??

カマキリの方が近い感じがしますが・・・・。

 

実はワレカラを私たちは食べている方が多くいます。

知らないうちにですけど・・・・

何の食材かというと・・・・

「チリメンジャコ」の中に含まれていることがあります。

もちろん食べても無害なので全く問題無し!!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チリメンモンスターをさがせ! [ きしわだ自然資料館 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/7/18時点)

自分は釣りで磯渡する時に藻が多い水中の岩によじ登ったりしますが

海から上がると足などに必ず尺取り虫のように歩く

「ワレカラ」がウエットスーツに何匹かくっ付いてます。

ほんとに小さいのですが指で払っても腕部分が鎌のような形の為

中々離れなかったりします。

刺してきたり噛みついたりしないので何ともないのですが。

 

ぜひ磯遊びに行った際は切れ藻などが浮かんでいたら

「ワレカラ」を探してみてくださいね!

 

 

海の生物には毒を持つ生き物も多い

 

海の生物には毒のある生物が非常に多く生息しています。

家族と磯遊びに行く前に読んでください!釣り人が教える「磯遊びの基本」

 

特に磯遊びをする際は切り傷を防ぐために勿論ですが

グローブなど、しっかりとした装備で

不用意に生物にも触らないようにしてあげてくださいね。

彼らは生きる為に毒を持つようになり、

人に対しては自分から攻撃する為に毒を持っているわけではありませんから。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

-魚の生態
-

© 2022 The firstone