PEライン

PEラインは12本編みが主流に?「シマノ」12ピットブル!

シマノから2018年新しいPEラインが登場しました。

タナトル』『ピットブル』シリーズ。

 

 

 

2つのラインの違いを詳しく説明します。




PEライン「タナトル」「ピットブル」スペック

まずはスペックから見て行きましょう。

 

※号数・最大強力・m数は200mで比較・価格の順です

タナトル4

0.817.8(8.1)2001,570
1.020.0(9.1)2001,570
1.531.7(14.4)2001,570
2.038.7(17.6)2001,570

タナトル8

0.818.3(8.3)2002,900
1.022.4(10.2)2002,900
1.531.7(14.4)2002,900
2.042.8(19.4)2002,900

タナトルシリーズは10m5色のラインマーカー入り

 

 

 

ピットブル4

0.817.8(8.1)2001,570
1.020.0(9.1)2001,570
1.227.0(12.2)2001,570
1.531.7(14.4)2001,570
2.038.7(17.6)2001,570

ピットブル8

0.818.3(8.3)2002,900
1.022.4(10.2)2002,900
1.227.0(12.2)2002,900
1.531.7(14.4)2002,900
2.042.8(19.4)2002,900

 

そしてシマノ初の

ピットブル12

0.818.3(8.3)2004,040
1.023.4(10.6)2004,040
1.228.4(12.9)2004,040
1.536.2(16.4)2004,040
2.043.7(19.8)2004,040

シマノ公式

 

号数は0.8~2.0で比較

長さは200mで比較しました。

 

 

ピットブル12のみに使われている「タフクロス2」

 

ピットブル12を除く4種類のラインは

4本撚り、8本撚りそれぞれ最大強力は同じ数値。

 

そしてPEラインの一番求められるすべて同じ強度を

東洋紡(株)の『IZANAS』と呼ばれる

 

 

原糸から製造まですべて日本国内にて行い安定した

『VT工法』を使い均一化するテクノロジーが使われている。

 

 

ピットブル12のみ、

「VT工法」×「タフクロス」を合わせ

強力と低伸度を高めたオリジナル工法

「タフクロス2」が使われています。

 

タフクロス工法は実はシマノ史上最強PEと呼ばれている

OCEA EX8』に使用されているテクノロジーで

価格も高いです!

 

しかし「ピットブル12」は

タフクロス工法×VT工法を使っているにもかかわらず

低価格なのが魅力的ですね!

タナトルシリーズとピットブルシリーズインプレ中!

 

現在、タナトル8を巻いて使用してますので

もう少し使い込んでから

同じタックルで

ピットブル12も使ってからインプレしたいと思います。

 

自身は釣行回数に関係なく、

約2~3か月でPEラインを全変えしています。

もっと長い期間使えると思いますが、

PEラインが新しいとリールが生き返る気がして・・・。

 

途中経過ですが、タナトルシリーズは張りが強い。

スーパーファイヤーラインを思い起こす張りの強さ。

PEライン比較「バークレー・スーパーファイヤーライン」VS「よつあみG-soul X8アップグレード」

 

ピットブル12と、どう違うのか?

3か月後が楽しみです。

 

それと視力がドンドン悪くなり、

タナトルシリーズは10m×5色のカラーがあるので

なんとかPEラインが見えるが、

ピットブル12は単色(サイトライム)のみで

発売時期未定ながらピンクカラー、も予定しているとの事。

グリーン系は自分にとっては見えにくいカラーなので

ラインマーカー入りの発売を望みます。

 

PEラインは張りやコシの強さに個人の好みもありますが

それよりもトラブルの少なさ・・・・

トラブルレスを望むものです。

 

価格の安い粗悪製品は、製造段階での不均一なラインの太さが

変な位置での高切れを誘発したりということもありますが

実売価格3,000円程度で発売されている

ピットブル12・・・・・

12本編みは他メーカーからも発売はされていますが

倍以上の価格。

シマノがライン製品も引っ張っていくのか?

今後が楽しみです!

シマノPEライン ピットブル12

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

リール

2021/1/24

2021シマノNEW釣具ラインナップ紹介!

2021年シマノから発売される釣具が公開されました。 いろんな思いや意見もありますが、個人的に思うことは・・・ 「釣具の進化はすごいスピードで進んでいる」です。 今回発表された製品は 1~2年前に発売されている機能性を搭載しているものばかりではありますが 価格面を含めた”進化”です。 5万円も出せば、シマノリールの最高峰の機能を持ったリールが使えるわけですよ! 2021ツインパワーSW 予約 デザインや所有欲を満たすためには、ステラSW。 サブリールや、一つのリールにそこまで価格を出せない方にはツインパワ ...

ReadMore

その他

2021/1/22

『Instagram』メーカー公式、偽アカウントにご注意を!

大手ブランド・メーカーから個人メーカーまで 規模を問わずにアカウントを開設しているInstagram。 国内だけの月間アクティブアカウント数が3300万アカウントを超え 人が集まるところ詐欺や犯罪を狙っている者も多く集まります。   そのInstagramでメーカー公式アカウントのような 「なりすましアカウント」を作り、フォロワーに リンクが貼られているメッセージを送りつけるアカウントが続出しています。 大手釣り具メーカー「シマノ」アカウントも なりすましアカウントにご注意を!のメッセージを公開 ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/1/18

釣具ランキング~2021/01/19

今週末は釣り人にとっては一大イベントの 「2021釣りフェスティバル」が開催されます。 未だに「ジャパンフィッシングショー」と書いてしまいそうですが イベント名が変更になっても、あまりやる事は変わらないなと思っていたところでの 2021年はオンラインイベントに。 イベントページを見ると、プロアングラーのステージトークショーは良いが なにかイマイチよく分からない。 当然各メーカーの新製品紹介は観ますが、ほかに興味をそそるものがない。 それよりも、有名アングラー達は自分達のYouTubeチャンネルで何やらライ ...

ReadMore

リール

2021/1/22

2021ツインパワーSW(SHIMANO 21 TWIN POWER SW)登場!

2021ツインパワーSW最新情報 遂に公開されました! 2019年・2020年発売されたステラSWと比べ特別新たな機能性は無いが、 デザインカラーは 旧モデルやステラSWと同系色かと思っていましたが、大きく変わりました。 ステラSWと比べるのもどうかとは思うが、 ゴールドメインのカラーから、シルバーベースに大きく変わり 昨年発売のノーマルツインパワーはゴールドベースでどちらかというと ステラSWそっくりだったことがシマノ社内では不評だったのでしょうか?   2021ツインパワーSW機能 今さら説 ...

ReadMore

九頭竜川

2021/1/17

2021九頭竜サクラマス雪情報

2021年福井県九頭竜サクラマス解禁の2月1日まで あと2週間となりました! 現在2021年1月17日現在、雪に覆われ道幅も狭くなっていますが このまま雪が解けてくれれば、なんとか駐車場も確保できそうですが・・・・   但し、雪捨て場となっている場所も在り 大型トラックも行き交う中で駐車する場所を確保するのは困難で危険です。 福井市雪捨て場 道路に路駐する形の駐車では大型トラックや、 近隣の生活する方達の迷惑になる停め方では通報されたりSNSで拡散されます。 そうなるとサクラマスアングラーすべて ...

ReadMore

-PEライン
-,

© 2021 The firstone