個人的な思い

狙う魚の大きさでライフジャケットを着る、着ないではない。

ある釣具店で冬用のウェアを眺めていた時、

隣にいた20代の2人組の会話。




A「金使ったなぁ~」

B「もう他に買わないとダメなもんないかなぁ?」

 

A「取りあえずは揃えたし、お金に余裕あるならライジャケかな」

B「俺、マグロ釣りに行くわけじゃないし、そんなもんいらん」

 

A「そうやな~」

B「ダッサイし」

 

別にお前らが何釣りに行くのか知らんが、

ライフジャケットの着用可否を決めるのは狙う対象魚の大きさでは無く

「一緒に釣りに行く相手に落水して死んだ時、責任を負わさない為だ!」と

ライフジャケットの必要性と共に伝えておきました。

余計なお世話ですが・・・。

 

釣りにライフジャケットは必須です。

ライフジャケットを釣り場に持ってくるのを忘れたら、

釣りが出来なくて帰るほど、釣り竿・リール同様の装備です。

 

ライフジャケットの着用理由に、溺死した死体を浮かせるためと

説明するところもあるそうですが

確かに冬の水温で落水すると助からない場合が多いかもしれない。

しかし浮かんでいる事が出来るのは、救助される確率も

大きく上がります。

 

ニュースなどで釣り人が溺死すると必ず言う言葉知ってますか?

ライフジャケットの着用有無です。

「亡くなった釣り人はライフジャケットは着けていなかったとの事です。」

聞き覚えあるでしょ?

 

プロアングラーが「10月1日はライフジャケットの日」と

SNSで盛り上げて、素晴らしいと思いますが

10月1日じゃなくて

釣りに行く毎日がライフジャケットの日」で良いんじゃないかと思う。

 

疑似溺死体験が出来る動画





にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2021/7/24

フィッシングショーの在り方

2021年なのに、2020東京オリンピックが始まりました。 中止しろだの、無観客でやれだの、色んなヤジに近い?同調を期待するための発言なのか? 騒いでいた人達も始まってしまえば、どうせ楽しむんですよね?   所詮人が動く時は、何か別の理由を求めてが多い。 上っ面だけで騙されてはいけない。   そして釣り業界の方では大手釣り具メーカー『シマノ』は 自社のYouTubeチャンネルにてオンラインフィッシングショー 秋・冬ニューモデルの発表を行いました。   2022年の釣りフェステ ...

ReadMore

釣行記

2021/7/18

[TFO釣行記]鯛ラバってほんとよく釣れるね!

2021/07/18   AM4:00~8:00 小潮 風:無風  波:凪   久し振りの釣りは、M君と! 青物はいったん終了とも聞いていたので、早々にM君の食材確保に根魚を。   蟹かな?タコの足のように見えたが、アミ類かな。 キジハタは釣り上げた時によくキラキラするので何を食べていたのか?が 参考になる。     しかし鯛ラバは良く釣れる。 カチカチ玉   めちゃめちゃ安いし。   朝一、磯マルが接岸していないと8月の夏マサまでは少し厳しいか ...

ReadMore

魚の生態

2021/6/20

釣れない人必見!「これであなたも間違いなく釣果確率が上がるよ!」

誰もが通る道! 「釣りを始めたけど中々釣れない・・・・」 SNSを見れば、みんな釣れてるのにどうして自分は釣れないのだろうか? こんなことを思うように成れば、 あなたも釣りが上手くなる第一歩です!!   釣れる条件を検索すれば多くの情報が出てきます。 ルアーの動かし方 潮回り・時間 場所 もちろん全ての状況が肝心だとは思いますが、 釣りってもっと簡単なんですよ。 では簡単に釣果確率を上げる方法をお話しします。   釣れる潮回りに釣りに行けば釣れる! 見出しで答えを書いてしまいましたが ...

ReadMore

釣行記

2021/6/18

ララペンよ!何故にそんなに釣れるの?

2021/06/18  08:00~10:30 小潮 風:時に爆風 波0.5m   半年ぶりの釣り。 タックルのチェックも一切していないし 取り合えず忘れ物がないように朝も起きてゆっくりしてから海に向かった。   陽が昇った後の海に続く道のりは仕事の車しか通らない。 観光地としては寂しい限りだけど今しばらくは仕方ないでしょうね。 海には遠くに見えるいつもの場所に一人アングラーが見える。 何も変わらない光景、いつもの海が広がる。   別に魚なんて釣れなくても良かった。 ラインな ...

ReadMore

個人的な思い

2021/6/5

久しぶりに海のゴミについて考える

かなり久しぶりに文章をこのサイトで書きます。 毎年夏になると海のゴミ問題がクローズアップされていますが、 やはりメディアの力は大きくて、 今年はいつもより海洋ゴミに関して人気タレントが漂着ごみの多い地域を訪れたり クローズアップされている気がします。 我々釣りを楽しむ釣り人は釣り経験が長くなるほどに ゴミに慣れていきます。 人間とは恐ろしいものです。 釣り場でのごみ問題に関してSNSなどでも取り上げている人は 釣り経験が長い人よりも、釣り歴の浅い人が多いのが事実です。 その理由は 自分も子供と海水浴場を離 ...

ReadMore

-個人的な思い
-

© 2021 The firstone