県内外情報

3年後には日本海のカニが半減!価格も3倍に?

投稿日:

11月6日に解禁となった

福井県『越前ガニ』

地域の農林水産物のブランドを守る

国の「地理的表示(GI)保護制度」に登録されてから

初の水揚げとなりましたが、

初日の水揚げ量は

※県水産課発表

越前漁港

ズワイ:昨年比4割増、約4200匹

セイコ:昨年比1割増、約11万900匹

 

三国港

ズワイ:昨年比6割減、約1250匹

セイコ:去年比7割減、約7800匹

 

初日の水揚げ量なのでまだまだこれからが本番ですが

解禁日に合わせてこんなニュースが・・・・。




 

3年後にはカニの数が半減する!

冬の味覚の代表格で、漁が6日に解禁された

ズワイガニの生息数が日本海側で来年以降減少し、

3年後には現在の約半分に落ち込むとの予測を、

日本海区水産研究所(新潟市)が同日までにまとめた。

原因は不明だが、生後3年以内に死ぬ個体数が増えた可能性があるという。

同研究所は水産庁の委託を受け、

今年5~6月、能登半島沖から島根県・隠岐諸島西の山陰沖にかけ

137カ所で推定生息量を調査した。

国の基準では、雄は甲羅の幅が9センチ以上、

雌は産卵可能な成熟状態であることが漁獲できる条件。

調査の結果、こうした条件を満たすカニの量は雄雌ともに例年並みだったが、

未成熟の稚ガニは過去20年で最低レベルだった。

調査海域におけるズワイガニの推定生息量は約2万2000トンで、

今年まで増加傾向が続いていた。

しかし稚ガニの推定量を基に分析した結果、

2019年に約1万9000トン、20年に約1万5000トン、

21年には約1万2000トンにまで減少するとみられる。

日本海区水産研究所

 

日本で水揚げされる水産資源はどの魚介類も、

ここ数年は好不漁の幅がとても大きく

漁始まって以来の不漁と報じられれば次の年には

豊漁と報じられたり、振れ幅も過去最大となっている。

 

そして日本で不漁となっている魚介類は違う海域では

豊漁となって居たり全世界での水産資源として減少傾向にはあっても

絶滅へ向かっているわけでは無い。

3年後には半減すると調査結果が出た「ズワイガニ」も

実は違う海域に多く生息していることが分かっている。

スカンジナビア半島の北、ノルウェーとロシア北部に拡がる

「バレンツ海」で20年ほど前に発見されたが

カニを食べる習慣がない国では漁としても生計が立たない為

誰も見向きもしなかった。

そこへ目を付けたのはやはり日本人。

日本市場へ向けて現在はズワイガニ漁が行われているそうで

尚且つ、メスのセイコガニは網に入っても

海に還すことで水産資源の増加に繋がっているそうです。

 

日本はメスのセイコガニも食べられているし

当然、セイコガニの市場規模も大きい。

オスのズワイガニよりも、

メスのセイコガニのみそが好物という人も凄く多い。

 

福井県では水産資源確保の為、漁期が設けられ

【ズワイガニ】11月6日〜翌年3月20日
【セイコガニ】11月6日〜12月31日
【水ガニ】2月19日〜3月20日 (※2017年に漁期が30日間に短縮されました)

とセイコガニに関しては年内いっぱいの漁期となっています。

これでも3年後には半減してしまうとなると

もしかすると、数年間全面禁漁に視野に入れなければならない事態に。

ただでさえ、冬期間の大きな観光資源の「越前ガニ」に

頼るしかない福井県の現状では

全面禁漁など有り得ない事態ではあるが・・・・。

 

限りある資源を考えるのか?

カニに対しての依存が高い地域に対して

どう補償するかなど難しい問題に発展していきそうです。

 




リール

2019/5/21

19ストラディック、ステラに近づいた下克上リール!

またシマノが驚くべき性能を持ったリールを登場させる! 『19ストラディック』 2015年 ストラディック 2016年 ストラディックCI4⁺ 2018年 ストラディックSW 大きく分けると3つのカテゴリーに分類されシマノリールエントリーモデルから 上のモデルへとランクUPしていく価格的にも手が届きやすく 使用している方も多い。 そのストラディックが新しくなり、ちょっとどころではない驚くべき性能を持って登場します!   ステラ・ヴァンキッシュに迫る、19ストラディックの性能 簡単に19ストラディッ ...

ReadMore

ルアー

2019/5/20

こんなルアーあったら良いな!「人工知能(AI)ルアー、可変する浮力」

人工知能、「AI」と呼ばれ家電から自動車産業まで 多くの資金が投資され研究開発されています。 人工知能(AI)の素晴らしい所は、 人が打ち込みプログラミングされたあらかじめ決められた行動しかできないことに対して AIは自ら学習して精度を高めていくことが出来、学習することでよりレベルを高めていくことが出来るのが 今までのロボットとの違いです。 昔、映画でありましたよね・・・ 未来で意志を持ったロボット達が人間に対して攻撃を始める。 人工知能の行く末を何十年も前に予見していた人達の発想は素晴らしいですね。 こ ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/5/20

釣具ランキング~2019/05/19

福井県内の漁港で親アオリイカが多く釣れ、 一部漁港はかなりの人で賑わいを見せていますね。 今年は、いや今年も沖では真鯛が好調で、青物も良し、 南の方の沖磯では大型のブリが良く釣れていて後は ショアの方から青物が釣れ始めてきたのでこれからといったところでしょうか! 今シーズンは4月に暖かい日が続いたせいもあり、 人の気持ちだけ先に春シーズンとなってしまい、魚より人が乱舞しましたが 魚の方はこれからに期待しましょう。   釣り具ランキング~2019/05/20 No.1 ブレイズアイ エヴォル―ツ1 ...

ReadMore

釣行記

2019/5/19

2019シーズン、初ヒラマサ!

2019/05/19    4:30~8:30 風:無風のち爆風 波:凪   磯はガラガラ閑古鳥。 ブリが上がってるのは沖磯渡船。 まぁ釣れてないとなると地磯はこんなものですが、 釣れてないなら、なんとか釣ってやろう! そんな思いとは裏腹に昨日は、爆風に悩まされ、朝マズメは寝坊で逃し そんな感じでは釣れませんよね。 夜暗いうちから磯へ向かう。 ライトを使わなくても磯を歩けるほどの満月。 綺麗と見とれている場合ではなく着いて早々キャスト開始。 すぐに明るくなり、海の状況、鳥の飛び方が今年一の良い状 ...

ReadMore

釣行記

2019/5/18

[釣行記]エサで釣れないのにルアーで釣れるか!

2019/05/18 6:30~10:00 大潮 風:爆風 波:凪 金曜の夕方頃から眠くて眠くて、これは夜寝たら朝起きれないな・・ 起きたら4:30! 急いで準備をして海に向かう。 磯に上陸すると、ボート渡船で渡って来ていた先行者が突然現れ 岸から全く見えなかったのだが、あちらも泳いできた自分にビックリしていて 非常に心の広い方で、「横開いてるから良いですよ!」とお言葉に甘えて 隣で開始!   トップからまずはスタートする。 ルアーが水面に落ちるとジャボン!と大きな音が聞こえ波もほとんどなく 時 ...

ReadMore

-県内外情報
-,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.