個人的な思い 魚の生態

東京のど真ん中でロッド1本背負い「クロマグロを守ろう」と訴えかける青年!

投稿日:2016年7月4日 更新日:

一人の青年の画像が飛び込んできた・・・・

1vtf

東京「渋谷スクランブル交差点」でロッドを1本持ち

彼は「クロマグロを守ろう」と手書きのカードを作り

共感してくれる方達と一緒に画像に映っている。

1nh

最初はただのパフォーマー?かと思ったが彼のことを少し調べると

彼は目立ちたいだけのパフォーマンスの為にやっている訳では無いことを知る。




彼のFacebookのタイムラインから彼の思いを知る事の出来る文章があります。

クロマグロがっぽりとってます。
僕も現地に行く予定でした。
しかし、就活をだらだらやっている僕に親が激怒。
「鳥取なんて行ってる場合か!!」
一発で内定をもらえなかった僕が悪いのだけれども。
こればっかりは仕方がない。
しかしながら、現地に赴くことにはとても大切な意味があると考える。
動画を作っておきながら、僕はクロマグロのことについて何も知らない。実際に釣ったこともないし、泳いでいる姿を見たことがなければ、漁師さんと話したことすらない。
食べたことしかない。
これはとても恥ずべきことだ。
もっと知りたい。
そして一日本人として、まずは漁師さんに感謝したい。
ヒッチハイクでの経験からトラックの運転手がどれだけ大変かも知っている。
僕たちのもとにクロマグロを届けてくれてありがとう。
そう、まずは感謝しに行くこと。
そしてもう一つ、大切な意味がある。
僕が起こした行動の源の話をする。
昔から釣りが大好きな僕が、マグロを釣りあげることにロマンを感じることは必然である。
大学生になり、多少のお金をアルバイトで稼げるようになってからは、今年の9月にクロマグロを釣りに行くことを目標にしてきた。
夢ともいい、欲望ともいう。
そんな利己的な動力源が今回の動画を生み出してくれた。
釣る前から
「釣り人としてのせめてもの恩返し」
自然に感謝。
そんな生き様がかっこいい。そうやって生きていきたい。
「利己の究極が利他になる」
昨日友達から教わった言葉。
僕の利己がクロマグロにとってありがたいものとなる。
そんなことを友達が言ってくれた。
正直とても嬉しかった。
でも、僕の利己は巻き網漁をしている方々の利己と反発しあってしまう。
つまりは、今は究極の利己を巻き網漁関係者にぶつけている状態であるということ。
僕はケンカもしたくない。
大変自分勝手な性格だ。
だから話がしたい。
現地の方々の話が聞きたい。
釣り人ではなく旅人として、バックパック一つ背負って。
「今日はこんないい魚が揚がったぞー」
みたいな。
地元の方に人気のある居酒屋に迷い込んで。
そして届けたい。
多くの人につたえたい。
平和に解決していこうって。
それが僕の究極のわがままだから。

自分のやりたいことを追求していくことが行動力を生み、

クロマグロが置かれている周りの環境や現状に

彼は行動を起こさずにいられなくなり、1本の動画を作る。

【シェア大歓迎】動画を作りました。多くの人に伝えるために。「クロマグロがいなくなったら困るよね」と。水産業界は大打撃。スーパー、お寿司屋さん。それだけではないよね。海外の人たちに、「あいつら絶滅危惧種食いまっくってるぜ」なんて言われたくない。日本の漁業に誇りを持つために、日本の魚を自慢するために。そして、一つの種を守るために。意識を変えていこう。いつか釣り上げたいターゲットのために。

西川 大皓さんの投稿 2016年7月1日金曜日

クロマグロ漁の事については自分も考えたことがある。

クロマグロ漁に思う

しかし考えても考えても答えが出なかった。

クロマグロ=美味しい=需要=経済効果=供給に関わる経済効果は大きい

=供給過剰=デフレスパイラルと共にクロマグロの減少。

自分の場合は経済効果を考えてしまい、何の結論も出ず。

 


正直彼の様な行動力が羨ましいと思った。

「クロマグロを釣りたい!」想いから発した彼の行動の第一歩!

応援して行きたいと思います。

大きな事が動いていく時、一人の勇敢な行動から始まるのは歴史が証明している。

きっと何かが変わっていくと思う。

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2019/5/19

2019シーズン、初ヒラマサ!

2019/05/19    4:30~8:30 風:無風のち爆風 波:凪   磯はガラガラ閑古鳥。 ブリが上がってるのは沖磯渡船。 まぁ釣れてないとなると地磯はこんなものですが、 釣れてないなら、なんとか釣ってやろう! そんな思いとは裏腹に昨日は、爆風に悩まされ、朝マズメは寝坊で逃し そんな感じでは釣れませんよね。 夜暗いうちから磯へ向かう。 ライトを使わなくても磯を歩けるほどの満月。 綺麗と見とれている場合ではなく着いて早々キャスト開始。 すぐに明るくなり、海の状況、鳥の飛び方が今年一の良い状 ...

ReadMore

釣行記

2019/5/18

[釣行記]エサで釣れないのにルアーで釣れるか!

2019/05/18 6:30~10:00 大潮 風:爆風 波:凪 金曜の夕方頃から眠くて眠くて、これは夜寝たら朝起きれないな・・ 起きたら4:30! 急いで準備をして海に向かう。 磯に上陸すると、ボート渡船で渡って来ていた先行者が突然現れ 岸から全く見えなかったのだが、あちらも泳いできた自分にビックリしていて 非常に心の広い方で、「横開いてるから良いですよ!」とお言葉に甘えて 隣で開始!   トップからまずはスタートする。 ルアーが水面に落ちるとジャボン!と大きな音が聞こえ波もほとんどなく 時 ...

ReadMore

その他

2019/5/17

釣り中の海中転落事故でも生存率が2倍になる複数人釣行!

今年も自身、サイトへ訪問して頂いているアングラーの全ての方が 事故の無いよう願っていますが、ふとした瞬間に海中転落は起きます。 突発的に起きる魚とのファイトや根掛かりを外す行為の最中など 予想だにしない事が突然起きます。 ロッドを手にする事でまず、足元に対しての注意力が欠如する。 ロッドやラインを気にするあまり体感のバランスが悪くなる。 足場が不安定なテトラ帯や高い岩の上から転落した際に水の中に落ちても 陸地であっても、どちらも軽いパニック状態となります。 幸か不幸か、自分も高い位置からの転落は在りません ...

ReadMore

ルアー

2019/5/16

ベイトからルアーにターゲットを切り替えさせる!

久し振りに、ダイバーとして活動するヤスが自宅に来ていたので 前回同様、魚の生態、 釣りを辞めてしまってから彼の止まってしまっている釣具のテクノロジー迄 色んな話をしました。 青物(ヒラマサやブリ)の生態をダイバーに聞いて来た!   彼は10年ほど前に釣りは辞めてしまっていたのですが、 まぁ我々と同じように一つの物にハマるととことん追求しかなり無茶もします。 福井県の大型青物スポットの玄達瀬の近くに知人と行き、 どのダイビングペンシルが有効なのか?船の上からルアーをアクションさせて 自分は海中から ...

ReadMore

魚の生態

2019/5/15

青物(ヒラマサやブリ)の生態をダイバーに聞いて来た!

今年、福井県でとことん不発の青物。 唯一釣れてるのは、沖磯だけと・・悲しい結果で 釣り場もガラガラ、それはそれで構わないがショアジギングを楽しんでいる方は かなり少ないですね。釣れるとまた増えるのだが。   自分の昔からの知人にスキューバーダイビングを楽しんでいる者がいる。 そして今はやらないが昔は釣りも楽しんでいたので、 釣りにも詳しく、 彼は沖縄の海で酸素ボンベをカンカン叩いて魚を集めていたら 3mほどのサメの群れに襲われ、素手で撃退した過去を持つ無類の海好き?です。 地元に帰って来ていると ...

ReadMore

-個人的な思い, 魚の生態
-,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.