ベイト 魚の生態

ベイトを知ろう[サヨリ]

投稿日:2015年9月9日 更新日:

昔、家族で港湾部に釣りに出かけると必ず何匹かで群れをなしている サヨリ を見ました。

あの尖った口に意味は無いらしいが ダツの仲間だそうです。

sayori1

  見かけによらず腹黒い人の サヨリ

サヨリの色は パッと見は銀色ですが、よく観ると背中はイワシのような 青緑色。

筋肉はキスのように半透明だが 腹膜(身を切り開いた時に内側が真っ黒)は

真っ黒に成っていることから 「見かけによらず腹黒い人!」 との、意味合いにもなっています 。
sayori
 市場魚介図鑑より

植物プランクトンを摂食する時期に強い日光を浴びると、食べた 藻 などが光合成を行い

酸素の気泡が発生し、消化器官が風船のように膨張してしまい海に浮かんでしまう事を

抑制しているためではないか? との意味があるそうです。

プカプカ浮かんでいる サヨリを見たらもしかして、食べた物が お腹の中で光合成し

風船のように膨らんでいるかもしれません! 見つけたら観察してみてください。

  小さいサイズは エンピツ・大きなサイズは カンヌキ

釣り人にはサイズで呼び名が付けられていて、小さいサイズは 鉛筆。

大きなサイズは 閂(カンヌキ)と呼ばれます

旬は 秋なのですが、冬から春の間まで釣れます。

昨年の4月頃、福井県の某港の一部に サヨリ の群れが入り、シーバスがボコボコ

ボイルしていたのは 秘密ですww

 

  シーバスアングラーはサヨリパターンでランカーGET

シーバスアングラーの方の中には サヨリが居着く場所を探して狙うという方が居ます。

サヨリに付いているシーバスは サイズが大きいのでファイトもパワフル!!

またサヨリ付きのシーバスは トップで釣れたりレンジが かなり浅い位置で バイトするので

迫力満点で面白いそうです!

マッチ・ザ・ベイトを意識するなら こんな見た目のルアーがあります が これルアー先端まで

尖っててちょっと怖い・・・・・・

  サヨリは 風下から回遊してくる

汽水域まで回遊するサヨリですが、潮の流れに敏感で 風下の方から回遊してきます!

風下 からです!

前にどこかで見たブロガーさんは、アミを風下から巻いて流れに乗せてサヨリを寄せて

自分がシーバスを狙う位置に丁度 サヨリ が付く感じで釣りをする と見ましたが・・・・・・

食べても美味しいサヨリは高級料亭のお吸い物のイメージを自分は持っているのですが、

居酒屋などでも、安くお刺身として食べれたり、ご自宅では一夜干しで炙って食べるのが

美味しいですね!

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

釣行記

2019/8/12

磯マル乱舞!ここは釣堀か!!

2019/08/11 AM4:30~6:30 風:無  波:1m   暗いうちから磯へ。 波が高くて磯の先端にまで行けず、辺りには波が砕けて出来る霧の様な白い空気が漂う。 まだ暗いが1投目からヒット! ラインがフッと軽くなる感覚でエラ洗いしているのが分かる。 波が足元で炸裂し、ラインがギギギギっと岩に擦れているが真っ暗なので何もわからない。 なんとか磯際付近まで寄せたけど波が高すぎてかなり危険と思っていたら 魚が岩の間に挟まりロック!! 降りようかと思ったが、「行くな!」と声が聞こえた気がした。 ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/11

釣具ランキング~2019/08/11

本日は20万人が押し寄せる三国花火です! 会場は有名一級スポット「雄島」にかなり近いエリア。 明日は魚が釣れるか?楽しみですね~・・・。   それにしても今年、磯マルはワラワラ沸いてるし、沖の方ではヒラマサが大爆釣だそうで 9月が楽しみですね~!   釣具ランキング~2019/08/11   No.1 ジャンプライズ ポポペン   No.2 ポジドライブガレージ スウィングウォブラー   No.3 シマノ コルトスナイパーSS   No.4 シマ ...

ReadMore

魚の生態

2019/8/10

最強の男VS最強の魚!

今回は爆笑必死のファイト動画です。 ファイトする魚は、『ゴリアテ』 日本ではタマカイと呼ばれている魚ですが、度々モンスターの様なサイズが釣り上げられています。 アベレージサイズが約2m、最大記録で3mとも400㎏ともいわれる魚で 人を襲った記録としては残ってないそうですが、 オセアニアの一部には「タマカイはダイバーを丸飲みにしてしまう」と恐れられている。   最強の男VS最強の魚 今回のタマカイ(ゴリアテ)とファイトする3人は アームレスリングチャンピオン、ウェイトリフティングチャンピオン、フィ ...

ReadMore

潮汐

2019/8/8

釣りが上手くなる「釣れなかった条件を記録する」

釣行記を公開しなくても自分のために記録として残している方は釣りが上手くなると思う。 釣れた時の条件はもちろん、釣れなかった時の条件の方が 圧倒的に多く自分の経験として得ることが出来るから。   例として私のまとめた釣行データを公開しましょう! 釣れなかった条件をデータ化する 釣れなかった条件 釣り場 A 右から潮が流れていた 中潮 雨の日 満潮に向かう潮 釣り場 B 中潮 晴れが数日間続いた後 右から潮が流れていた 個人的なことですが、中潮の釣果が圧倒的に悪いです。 理由は未だにつかめていない。 ...

ReadMore

-ベイト, 魚の生態
-,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.