県内外情報

福井県へ田舎暮らしにあこがれ移住して本当に大丈夫?

コロナ禍、アフターコロナで東京などの大都市を離れ

田舎へ移住計画を立てている若い世代が多くなっています。

 

福井県や各市町村でも、いろんなジャンルの創業・就業を目指す方の為に

助成金や、貸住宅、車をレンタルする地域なども数多くあります。

ふくい移住ナビ

そこで福井に住んでいる住民として移住する方へ思う事を書いていきます。

釣りに関してはパーフェクトなのでこちらをご覧ください。

福井県釣り場ポイント 川も海もフィールドは多い

大きな魚を釣りたいのであれば、九州地区へ移住しましょう(笑)




福井県内へ移住する方は真冬に視察へ来てください!

ここ数年は大雪が降ったり、積雪が一切ない年だったり

雪に関する量はバラツキがありますが、

福井県の冬は寒いです。

厚着をすれば”なんとかなる”寒さではありません!

 

都会の方は、公共交通機関を利用し歩くことになれているかもしれませんが

福井県はバス・電車は市内中心部からルートによっては本数が少なく待ち時間も長い。

さらに真冬に積雪がある状態で歩く道路は道幅が狭くなっており、かなり危険。

そして融雪の水で下半身びしょ濡れ、歩行者にはとても不親切な道路状況になります。

 

12月初旬になると初冠雪となり積雪を伴なった雪が降るので、

スタッドレスタイヤは必須です。

ノーマルタイヤに簡易スパイク巻き付けなど、誰も使いませんので

スタッドレスタイヤ一択。

福井県は車が無ければ不自由。

車を所持すれば

ガソリン代・車検代・オイル交換などメンテナンス代・スタッドレスタイヤ、

車を買えば保険に入ることも必要です。

 

自宅には基本エアコンは備え付けられていますが、

寒がりな人はエアコンの暖房能力では寒く、灯油orガスファンヒーターを

併用するお宅もあります。

我が家も灯油ファンヒーター併用していますが、

灯油は重いし臭い・・・。

ガスはプロパンガスは単価が高く、

都市ガスはプロパンガスほど高くはないが市内中心部にしか敷設されていません。

灯油は自宅玄関までガソリンスタンドやガス屋さんが配達してくれますが

㍑+10円ほど配達代がかかります。

冬の生活費は+暖房光熱費覚悟してください!

 

田舎に移住すればするほど、虫や爬虫類が多い!

爬虫類嫌いな方は、市内中心部に住めばそれなりに遭遇しませんが

田舎に住めば、ヘビやカエル、トカゲなど普通に見ます。

虫はどこでも同じだと思いますが、田んぼ、川や水辺がある付近はやはり多い。

 

新型コロナ感染で見られた村八分

あまり自分が住む県のことを悪くは言いたくないが

新型コロナウイルスで感染した人に対して誹謗中傷の的になります!

人口当たりの感染者の割合を考えれば仕方ありませんが、

すぐにどこの誰、あそこの会社の人など、自宅までバレるそうです。

聞いた話だと、感染するとすぐに町内会などで

「この町内から感染者が出たから気を付けて」などと噂話であっという間に広がるそう。

残念なことですが、

田舎ならではコミュニティーの狭さを象徴する村八分が未だ存在する。

これは田舎に住む宿命みたいなものですが、

地域コミュニティーに参加しないと「変わり者扱い」される小さな地区もあるし

”田舎は人が温かい”とは言われるが、

どこにいっても人は人で、噂話が好きな人もいるし

何か起きた時の周りに広まるスピードはあっという間です。

 

福井県は移住に向いている地域?

あまりよろしくない事ばかり書きましたが、

どこへ移住しても人は人だし、変な人も良い人もいます。

山奥に自分たち家族だけで移住でもしない限り

結局はコミュニティーの中に入り込まなければ本当の移住とはいえないかも。

”WEBで仕事して~地元なんて関係ないと”独身の一人暮らしの方は

問題なくやっていけるかもしれませんが、

自分は良くても家族やお子さんは多かれ少なかれ、

地域とのコミュニティーが必要になります。

移住はソロキャンプ、アウトドアキャンプではありません!

 

以前も書きましたが、

田舎暮らしに憧れて移住失敗した人の4つの誤算

青い海が目の前で、樹々に包まれた緑の中で・・・

確かに自然は多いが、良い面だけではなく、悪い面も数多くあります。

田舎暮らしとは田舎に住んでいる者にとっては正直分かりませんが、

古民家のような、火鉢があったり囲炉裏があったりを望んでいるのでしょうか?

そんなもの一般的な福井県の住宅にはありませんし、

火事などの心配があるので危険としか思いません。

 

市内から1時間も掛からず山にも海にも行くことは可能ですが

安定した仕事が無ければ自然を満喫することも出来ないし

あこがれだけで移住しても、毎日の生活で慣れてしまい

なんのために大都市から田舎へ移住するのか?を

しっかりと計画を持って移住してください。

 

 




釣りに使える便利グッズ

2020/10/29

子どもと釣りを始める最低限の道具と知識!

今年になってから、釣り場に向かう途中の漁港や堤防などで 釣りを楽しむ多くの家族を見るようになりました。 釣り場に向かう時に立ち寄る漁港では、 おじいちゃんと小さなお孫さんと毎週会うので話すようになり 「孫が釣り好きで~毎週来るけど、家でゲームばかりしてるよりは良いかな?と思ってね」   そうです! 釣りを覚えることで、 肌で感じる大自然の季節の移り変わり 生き物の命 目標に向かっての試行錯誤(魚をどうすれば釣ることが出来るのか?) など、多くのことを考え感じ取り自分から実践するようになります。 ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/10/28

釣具ランキング~2020/10/28

ここ最近、釣りに行けてませんが もしかすると自分と同じように仕事が絶え間なく続き 釣りに行く時間が取れない人も多いのかも? 2020年の春は「無」何をするにも出来るような出来ない様な ZOOMでオンライン会議など、”結局は行かなくて済むような話”には効率的だが オンラインでは大事な商談が、決まっても一方的な仕事の成果になり 顔は見えても心まで見えないからなのか?中途半端な結果に終わっているものが多い。   人をだましてくる人もいます。 顔ではへらへら、「いや~仕事順調で儲かって笑いが止まらないん ...

ReadMore

個人的な思い

2020/10/23

子ども達に、海や川の水の怖さを教える大切さ

アウトドアブームに乗って釣りを楽しむご家族の姿が 海や川、湖などでもたくさん見れて 釣りから命を学んだり、自然を学ぶなど街中では得られないことを体験する、 人生が豊かになるレジャーです。   しかし水辺には数多くの危険が潜んでいます。 近くに大人がいても、子供さんが水辺に落ちた際には亡くなる事故も多く 楽しい釣りが人生を狂わすことにもなりかねません。   子ども達に、海や川の水の怖さを教える大切さ 自分達が小さい頃は、子どもだけで釣りをすることもありました。 その当時、釣りに行くという ...

ReadMore

魚の生態

2020/10/21

青物回遊や時期、釣れる場所の秘密のはなし。

まず突然ですが、釣りには可も無く不可も無い。 ”絶対に今日は釣れる!”と過去の実績がある 潮回り ベイトの有無 波高 であったとしても釣れないときは釣れない。 だから釣りは面白い訳で、毎日行けば10匹釣れる状況だったら 多くの方が釣りを長く楽しめていないと思います。   しかし、全く釣れないと面白くないのも釣り。 多くのアングラーが週に1度か2度行けるかどうかの中で どのように青物回遊を考えれば良いのか? 自分なりに出した結論を公開します。   青物回遊や時期、釣れる場所の秘密のはなし ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/10/19

釣具ランキング~2020/10/19

休日に観光地へ行けば久しぶりに? 人混みを見て少し活性が戻ってきたような気分に。 釣りを含めたアウトドア関連商品は昨年度の売り上げと比べても 200%UPだったり、数か月前は密を避けようと意識的に植え付けられたものが 今では、アウトドアを楽しもうと意識が違うだけでも この数か月で大きく変化しました。 よく考えてみれば、日本は四季があるので季節ごとに違う景色を楽しめたり アウトドア大国なのかもしれませんね。 人が増えれば色々問題も噴出しますが、 今後釣り場も整備されたり、もっと釣りが身近なものになっていくか ...

ReadMore

-県内外情報

© 2020 The firstone